《2018年1月17日》チャートから見るXRP・BTC下落の原因~The January Dip~【今は買いのチャンス!】

f:id:shikamori_p:20180116212523p:plainごきげんよう、バビです。
XRP、なかなか下げ止まりませんね。

仮想通貨市場全体が本格的に下降相場に入っています。

昨日に引き続き、テクニカル分析でどこまで下がるの分析してみましょう。

1月17日XRP(リップル)

移動平均線とMACD

まずは、基本の移動平均線とMACDを見てみます。

昨日紹介したストキャスティクスは急激な変動では効力を失うという弱点があるので、しばらく使えません。

f:id:shikamori_p:20180117212529p:plain

移動平均線は75日が抵抗線か

このローソク足1本が9時から翌日9時まででひとつなので、下に長いヒゲをつけた前日というのは、17日の朝です。

一旦大きく下げましたが緑の200日移動平均線で跳ね返ってきてます

17日は赤の75日移動平均線がサポートラインになっています。

ここで下げ止まると嬉しいですが、200日移動平均線まで一度下げているので、今日一旦ここで止まっても、また下がる可能性が高そうです。

MACD的にもまだ下がる

MACDは完全にデッドクロス後からの右肩下がりに下降してる上に、まだ0.0000ラインの上。

0.0000を下回って、せめて-20.0000くらいまではいかないと上昇には転じないんじゃないですかね。

一目均衡表

f:id:shikamori_p:20180117214549p:plain

一目均衡表はややこしいので詳しい説明は省きますが、丸のところでデッドクロスが発生しています。

とにかくラインが右肩下がりになって、細かく動く線がゆったり動く線を下抜けたらデッドクロスなんです。

一目均衡表では、色んな線が順番にデッドクロスしていきます。

すぐにまた逆向きになることも結構あります。

右のほうにある赤線と緑線に囲まれた緑色の領域を「雲」というんですが、最後にローソク足が雲を下抜けたら本当に絶望です。

意外と多いのが上の緑のラインで反発してまた上がりだすパターンです。

f:id:shikamori_p:20180105023302p:plainそうなるといいんですけどねぇ・・・

ラインを引いてみた

f:id:shikamori_p:20180117221020p:plain

サポートライン、レジスタンスラインになりそうなところで 線を引いてみました。

ピンクは過去の高値99円くらいのところです。

100円はやっぱり心理的な節目になりそうです。

白のラインは下降中の高値を結んだレジスタンスラインです。

これを上抜ければまた上がりだしそうです。

ピンクのラインを下回らなければ、時期的には1月22日か23日くらいにまた上がりだすような予感です。

ライン全部表示してみる

f:id:shikamori_p:20180117222035p:plain

やっぱり100円近辺が重要そうです。

1月17日BTC(ビットコイン)

結局なんだかんだ言って、仮想通貨全体を見るなら、仮想通貨投資の基軸通貨であるビットコインなんじゃなかろうか。

移動平均線

f:id:shikamori_p:20180117222727p:plain

赤:75日
黄:90日
青:120日
緑:200日

で表示してみました。

青線で一旦下げ止まっていますが、120日移動平均線が今のところのサポートラインなんでしょうか?

ここまでくると緑の200日移動平均線も見えてきますね。

一目均衡表

f:id:shikamori_p:20180117223424p:plain

XRPのときに言いましたが、ローソク足が雲を下抜けました。

最悪のデッドクロスの完成です!

こうなると、よほどの好材料が出ない限りまだまだ下げます。

色々ラインを引いてみる

f:id:shikamori_p:20180117223651p:plain

ピンク線は、過去の安値を結んだラインですが、しっかりサポートラインとして機能しています。

なので、長いスパンで見れば仮想通貨相場は、やはりまだ右肩上がりであることがわかります。

ピンクのサポートラインを下回ることはなさそうですが、逆にこれを下回るようなら長い下降相場に入ることになりそうで恐ろしいです・・・。

今回の下降相場は、やや飛び出したりもしてますが、おおむね白い平行線の中を上下しながら右肩下がりに下がっていってます。

次にまた上昇相場になって白い平行線の上の線を上抜けるようなら大暴騰の予感です。

毎年1月中旬は必ず下がる!

The January Dip

そもそも仮想通貨市場は、4年連続1月15日頃に下落しているので、これも予定調和。

The January Dip」というそうですが、その後は持ち直してトータルでは右肩上がりに

▼2017年

f:id:shikamori_p:20180117225527p:plain

2016年

f:id:shikamori_p:20180117225623p:plain

▼2015年

f:id:shikamori_p:20180117225653p:plain

▼2014年

f:id:shikamori_p:20180117225726p:plain

今はむしろ次の上昇に備えるとき!

どの年も遅くとも春には元の価格に戻って、夏にはその年の高値を更新していく傾向にあるので、このとおりなら今はむしろ買いのチャンス!

ただ、ナンピン買いを繰り返すよりは、レジスタンスラインを超えて確実な上昇相場入りを確認してから買いを入れたほうが確実かもしれません。

仮想通貨自体の技術的な価値が否定されたわけではありませんし、必要性がなくなったわけでもありません。

むしろ仮想通貨自体はこれから必要不可欠の技術です。

その価値は長いスパンで見れば右肩上がりに上がっていくのは確実なので、目先の上下動にとらわれず、転換したらすぐに買い増せるよう準備して、じっと我慢して転換ポイントを待ちましょう。

f:id:shikamori_p:20180105024925p:plainホルダーの私もドキドキが止まりませんが、じっとこらえて春を待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です