知らないと損する、『仮想通貨用語辞典』(※随時更新)

f:id:shikamori_p:20180128002357p:plainごきげんよう、バビです。
仮想通貨について勉強していくと、聞きなれない難しい用語にぶつかります。
そんな用語を簡単にまとめた自分用メモとして作成してみました。

 

アルトコイン

Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の仮想通貨の総称。

オルトコインとも。
 

イーサリアム(Ethereum)

ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨で、分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称。
DApps及びスマート・コントラクトを実現するためのプラットフォームであり、任意のプロジェクトがイーサリアムのプラットフォーム上で動作が可能。
Wikipediaから抜粋
多くの仮想通貨がイーサリアム・プラットフォームをベースに作られているので、将来的には仮想通貨のスタンダードはイーサリアムになるんじゃないかと思う。
 

イナゴタワー

イナゴ投資家(locust investor)と呼ばれる個人投資家等が行った株式等有価証券の回転売買が原因で生じるタワーのような形状の株価チャートのことをさす俗語。
Wikipediaから抜粋
 

億り人

仮想通貨投資で資産が1億円を超えた投資家のこと。

税金が5千万円くらいとられるので2億円くらいにならないと真の意味で億り人とは言えない気がする。
 

草コイン

一言でいうと「カスみたいなコイン」のこと。

時価総額が低く、1コインの価格も低い仮想通貨を指す。

草コインの購入は、100倍以上の値上がりするか、まったく無価値になってしまうか、といった投機の要素が強い。
 

コンセンサスアルゴリズム

ブロックチェーンネットワークでは、取引の正しさを参加者同士が認め合う必要があるが、この取引の正しさについて合意するための方法のこと。

  • PoW(Proof of Work:プルーフオブワーク)
  • PoC(Proof of Consensus:プルーフオブコンセンサス)
  • PoS(Proof of Stake:プルーフオブステーク)
  • PoI(Proof of Inportannce:プルーフオブインポータンス)

などがある。
 

シャーディング

「シャーディング(Sharding)」とは、元々データベースシステムの用語で、データベースを水平方向に分割して分散させる機能を意味する。
シャーディングでは、マイニングネットワークを「シャード」と呼ばれる小さな断片に分割し、例えば5,000のマイナーが1つのトランザクションを競いあうのではなく、500ずつ10のシャードへと自動的に割り振り、それぞれが別の問題に取り組むことで無駄なコストを防ぐことができる。
あらゆる面で効率性が向上するため、マイナーに対しての利益は保ちつつも、ネットワークを介したトランザクションにかかるコスト低下が見込め、取引量が増えることで負荷が大きくなり、取引速度が遅くなるというスケーラビリティ問題を解決することができると言われている。
 

スケーラビリティ問題

ビットコインにおけるブロックチェーンのブロックサイズが1MBに制限されている結果起きている問題のこと。
ビットコインにおいて、ブロックチェーンの「ブロック」には取引の記録が書き込まれ、約10分ごとに新しいブロックが生成されていく。
「ブロック」に書き込めるサイズの上限は1MB(2017年10月現在)と決まっており、1MBよりも大きいブロックは無効なものとして自動的にネットワークから排除されてしまうため、ブロックサイズが上限に達してしまい、ブロックに入らない取引の件数が多くなると、送金処理の遅延、取引手数料が高騰する、といった問題が発生することになる。
 

ステートチャネル(State channel)

オフチェーン処理の一手法で、ブロックチェーンの利点を最大限残しつつ、オフチェーン処理を利用することにより、オンチェーンのみでは高コスト且つ低速になってしまう処理を、低コスト且つ高速に行うことを目的とする技術。

ビットコインのライトニングネットワークやイーサリアムのライデンネットワークが有名。
(参考:http://individua1.net/state-channel-general-form-of-payment-channel/
 

スマートコントラクト

ブロックチェーン上で契約プログラムを実行し、取引時に自動化された契約も同時に行われる仕組みのこと。

イーサリアム・ブロックチェーンのものが有名。
 

トークン

明確な定義があるわけではないが、独自のものではなく、既存のブロックチェーン上で利用されるコインを指す場合が多い。

=仮想通貨(暗号通貨)と考えても特に問題ない。
 

ハードフォーク

仮想通貨のアップデート後に旧ルールを無視して、旧ルールと互換性のない新ルールを新たに適用すること。
見かけ上旧ルールのままの仮想通貨と新ルールが適用された仮想通貨に分かれることになる。
主な目的はスケーラビリティ問題の解決にある。
ハードフォークによりビットコインからはビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインゴールド(BTG)、ビットコインダイヤモンド(BCD)、ビットコインシルバー(BTS)などが、イーサリアムからはイーサリアムクラシック(ETC)が誕生した。
 

ビットコイン(Bitcoin)

インターネット上の電子決済システムと、システム上で使用される仮想通貨(暗号通貨) の1つ。通貨単位はBTC。

サトシ・ナカモトによって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。

時価総額第1位の仮想通貨の基軸通貨。

いまさら聞けない、ビットコインて何なん?【初心者でも分かるように簡単解説】
 

プライベートチェーン

読み取り権限は、公開または任意の範囲に制限されているが、書き込み権限が1つの組織に集中管理されるブロックチェーンのこと。

会社組織などにおける内部用のデータベースなどでの利用が想定される。

リップルやmijinなどがある。

「プライベートブロックチェーン」とも。

⇔パブリックチェーン
 

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

ブロックチェーンにおけるコンセンサスアルゴリズムのひとつ。

膨大な計算量を必要とする特定の値の発見競争を行い、最初に発見した人が新しいブロックを古いブロックに繋ぐ権利を得るという取引の承認方法。

競争の勝利者のみが報酬を得ることができる。

主にビットコインで用いられるマイニング方法のこと。
 

ブロックチェーン

ビットコインの中核技術となるデータベースのことだが、ビットコイン以外のコイン、コイン以外のシステムなどにも応用されている。

「分散型取引台帳」「分散型台帳技術」「分散型ネットワーク」と呼ばれる。

仮想通貨の取引の記録(トランザクション)を1つのブロックにまとめて、鎖のように繋げて保存する。

データはユーザー同士によって分散して保存・管理されるため、セキュリティが高いことが特徴。
 

分散型アプリケーション(DApps)

アプリケーションとは、 表計算ソフトや画像編集ソフト等、特定の作業を行うために使用されるソフトウェアの総称。

「アプリ」と略されることも。

仮想通貨でいう分散型アプリケーションは、

  1. アプリケーションがオープンソースである
  2. ブロックチェーン技術に基づいている
  3. オープンに流通可能な暗号トークンを保有
  4. ユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善する

という要件を満たしているアプリケーションのこと。

中央管理者不在でシステムが自動的に稼働し、データが分散しているため、セキュリティが高度で、サービスが廃止されることがない。

使ってる側は分散でも中央集権でも違いは分からないと思うけど、凄い技術。
 

マイニング(採掘)

ビットコインを代表とする仮想通貨のトランザクション(所有権移転・取引)の検証・記録作業のひとつ。

マイニングを行う人(企業)を「マイナー」と呼ぶ。

マイナーが計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。

マイナーはトランザクション処理作業に対する報酬という形でその仮想通貨を得ることができる。

報酬は、新規に発行されたものや取引時の手数料の一部などがあてられる。
 

D

DApps

Decentralized Applicationsの略。

分散型アプリケーションのこと。
 

ICO

Initial Coin Offeringの略。

日本語にすると「新規仮想通貨公開」で、株式のIPO(株式公開)の仮想通貨版。

仮想通貨発行による資金調達、クラウドファンディングのこと。

投資家が企業やプロジェクトの発行するコインを購入することで資金調達を行い、プロジェクトが成功するなどしてそのコインの価値が上がれば、投資家も利益を得られるが、株式の配当のような対価は支払われない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です