無料プラグインだけでサイトを1.5倍高速化した方法

エックスサーバーだと超簡単!WordPressインストール方法【WordPress開始準備④】

ごきげんよう、バビです。

ドメインとサーバーを準備して、ネームサーバーも準備完了しました。

いよいよWordPressをサーバーにインストールしましょう。

エックスサーバーの場合は、ボタン一つで簡単にインストールできちゃいます。

 

「WordPress初期設定」一覧

注意
この記事は、レンタルサーバー「エックスサーバー」でのWordPressインストールの説明です。

公式サイトにもインストール手順の説明があります。

参考 WordPress 簡単インストールエックスサーバー

インストール手順

まずはエックスサーバーの「サーバーパネル」のページ(https://www.xserver.ne.jp/login_server.php)にログインします。

IDとパスワードはエックスサーバー登録後の最初のメールの「サーバーアカウント情報」に書いてます。

ログイン後の画面の下のほうにそのままズバリ「WordPress簡単インストール」があるので、これを開きます。

WordPressをインストールするドメインを選択するのですが、間違って間に「xsrv」があるほうを選ばないように注意してください。こちらはエックスサーバーが用意しているドメインです。

WordPressのインストール」タブを開いて、

  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力します。

自動でデータベースを生成する」のチェックは入れたままにしてきます。

入力が終わったら「インストール(確認)」をクリック。

確認画面が表示されるので、入力内容と合っているか確認してください。MySQL関係は自動生成なので無視してOKです。

間違いなければ「インストール(確定)」をクリックします。

インストールが終わって「WordPressのインストールが完了しました。」の画面に切り替われば終わりです。

http://ドメイン名/wp-admin/」が自分のWordPressサイトのログイン画面なのでちゃんとログインできるか確認しましょう。

インストール完了画面のリンクをクリックするか、直接URLを入力してログイン画面を開きます。

ログイン時、「ログイン状態を保持する」にチェックを入れておくと、同じPCで今後管理画面を開いた時のログインを省略できます。

ログイン後こんな管理画面が開くようなら問題ありません。

ちなみにログイン状態で自分のサイトを開くと、上に黒いバーが出ています。

このバーのタイトルにカーソルを持っていって下に出る「ダッシュボード」をクリックしても管理画面が開けます。

ここからテーマを入れたりプラグインを入れたりとまだまだ自分だけのサイトを構築するために、やることはたくさんありますが、とりあえず事前準備はこれでおしまいです。

お疲れさまでした。

 

 

「WordPress初期設定」一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。