仮想通貨から投資信託へ移行して「ほったらかし」で資産形成しよう

https(SSL)化サイトは気を付けて!アクセストレードの罠

ごきげんよう、バビです。

罠とか大げさに言いましたけれど、別にアクセストレードが悪いことしてるわけではないです。

 

https化サイトの場合、アクセストレード導入時にちょっとした注意が必要ですよ、というお話。

アクセストレードを導入されている方、これから導入される方必見です!

まだ導入されてない方はこの機会にどうぞ↓
アフィリエイトのアクセストレード

アクセストレードを導入しているページの警告が消えない

Googleが全httpに警告を出したことでサイトをhttps化された方は多いと思うのですが、ただhttps化しても記事内の画像URLがhttpのままだったりするとそれだけで警告が出てしまって、泣きながら修正された方も多いんじゃないかと思います。

私も

全ページ常時SSL化したい

 

と思って作業をはじめたのですが、何故か「保護された通信」にならないページがあるんです。

調べてみると「アクセストレード」のアフィリエイトリンクを貼っているページがそうだったんですね。

なんと、アクセストレードの広告画像のURLが「http」のままだったんです!

アクセストレードは自分で設定しないとダメ

A8などの他のASPは大丈夫なのに何で?

 

と思ったら、アクセストレードは自分でSSL対応リンクを初期表示にするよう設定しないとダメだったんです!

詳しくは▼こちらをご覧いただければと思うのですが、

https://www.accesstrade.ne.jp/notice/ssl_linkcode/

これ、2016年2月のお知らせなんですよ。

私がアクセストレードはじめたのって2018年になってからなんですね。

いや、もう最初からSSL対応をデフォルトにしておいてよ!

という思いでいっぱいです。(自分の不注意でもあるんですが)

今貼り付けてあるリンクコードは直接「http」を「https」に直してしまえば大丈夫でしたが、今後のために設定を変更しておきます。

SSL対応リンクコード設定方法

まずはアクセストレードにログインします。https://www.accesstrade.ne.jp/

次に右上の「マイページ」タブを開きます。

左側の「広告配信設定」を開いてください。

開いた画面の「SSL対応リンクコードを表示する」にチェックを入れます。

下にある「設定を保存」をクリックして画面が切り替わったら設定完了です。

↓↓↓

まあ、実はここで設定しなくても、広告リンクを選ぶときに「SSL対応リンクコード」を選んでいれば大丈夫だったんですけどね。

注意
デフォルトが「SSL対応リンクコード」に変わっただけなので、間違って「通常リンクコード」を選んでしまうと「http」になってしまうので注意してください。

既に貼った広告リンクを修正するには

既に貼っているリンクを「https」に修正するなら一括置き換えプラグイン「Search Regex」が便利です。

https化(常時SSL化)大活躍する一括置き換えプラグイン「Search Regex」【WordPress】

アクセストレードの画像のリンクが「http://h.accesstrade.net/」の中にあるので、

http://h.accesstrade.net/ → https://h.accesstrade.net/

と置き換えればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です