プライムデー

うさぎにバナナはあげるのは危険!糖質が高すぎるのであげてはいけない果物です。


甘くて美味しいバナナはうさぎさんの大好物。

ときどきおやつにあげているという方もいらっしゃると思います。

ですが、実はうさぎにとってバナナは危険な食べ物なんです。

以前はバナナを少量与えるのは問題ないと言われていました。

ですが最近は、バナナに限らず果物全般の糖質がうさぎには良くないという見方に変わってきています。

このページでは、なぜうさぎにバナナを与えてはいけないのかについて詳しく解説しています。

うさぎにバナナをあげることのメリットとデメリット

もちろんバナナをあげることにもメリットはあります。

まずはうさぎにバナナをあげることのメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット
  • 喜ぶ
  • 食欲がなくても口にする
  • 歯が悪くても食べられる
  • 薬を混ぜやすい
デメリット
  • 高カロリーで肥満になりやすい
  • 牧草をたべなくなる
  • 胃腸に負担がかかる
  • 虫歯になる

「喜ぶ」以外のメリットは、「体調が悪いときでも食べやすい」とまとめることができます。

一方でデメリットは大きく、喜ぶからといってあげすぎることで肥満になったり、嗜好性が高いために牧草などを食べなくなったりすることがあります。

特にデメリットで注目したいのが、「胃腸に負担がかかる」という点です。

バナナを食べすぎるとうっ滞や腸炎などを引き起こす可能性があるんです

その原因はバナナに含まれる「糖質」にあります。

うさぎにバナナをあげてはいけない理由は糖質

下の表を見ていただくと分かりますが、バナナは糖質が非常に高い果物です。

果物の糖質量出典:https://diamond.jp/articles/-/14958?page=3

糖質=炭水化物は、生き物にとって必須の栄養素です。

牧草やペレットにも糖質は含まれていて、うさぎにとってはこれだけで十分な量の糖質を摂取できます

うさぎは、自分の胃腸ではセルロースなどの糖質を分解することができません

このため、盲腸内に住んでいる腸内細菌が糖質を分解してくれています。

糖質をたくさんとりすぎてしまうと、量が多いために腸内細菌が糖質を分解するのに時間がかかり、それと同時に異常発酵を起こして大量のガスが発生します。

このため、消化不良を起こして、うっ滞や腸炎、腸性毒血症の原因となることがあります

上のメリットの中で「食欲がなくても口にする」というのがありますが、うさぎが食欲がないときは、胃腸に何らかの問題があることが多いので、バナナをあげることで悪化してしまうこともあります

特に高齢になったうさぎは消化機能が低下しているので、うっ滞や鼓張症になる可能性が若いうさぎよりもずっと高くなります。

うさぎに「乾燥バナナ」は与えてもいい?

乾燥バナナの場合、100gあたりの糖質は7~8gに減少しますが、やはりなるべくなら与えないほうがいいでしょう。

あげるのであれば、完熟バナナではなく、青バナナの乾燥がおすすめです。

青バナナには熟したバナナより多くの難消化性デキストリン(食物繊維)フラクトオリゴ糖を含んでいます。

どちらも整腸作用があり、消化を助けてくれるので、どうしてもバナナをあげたいのであればこちらがおすすめです。

バナナ以外にもうさぎが喜ぶおやつはたくさんある

バナナ以外にもうさぎの喜ぶおやつはたくさんあります。

そして、ただ美味しいだけでなく、うさぎにとって必要な栄養が多く含まれているものもたくさんあるんです。

例えば青パパイヤや青マンゴーの乾燥。

この2つにはブロメラインという酵素が多く含まれていて、この酵素が飲み込んだ毛のたんぱく質を溶かしてくれるので、毛球症対策になります。

それから「うさぎのチカラ」や乳酸菌サプリもそうです。

好き嫌いはありますが、どれも喜んで食べるうさぎさんは多いですし、必要な栄養がたくさん入ったサプリです。

与えて問題ないどころから、与えることで健康になるのですから、わざわざ危険を冒してまでバナナをあげるメリットは何もありません。

ちなみにバナナの茎で作ったおもちゃも問題ありません。

うさぎにとって本当に幸せなのは…

「うさぎも喜んでいるから食べさせてあげたい」

「好きなものを食べさせてあげたほうが幸せだ」

という気持ちは分かります。

ですが、人間と違って、うさぎは自分で食べ物を選ぶことができません

あげたものが気に入れば飼い主さんを信じて何でも食べてしまいます。

うさぎにとって本当に幸せなことは、「できるだけ長い間大好きな飼い主さんのそばにいること」なのではないかと、私は思っています。

人間にとってのお酒と同じで「少量だから大丈夫」なだけで、体には良くありません。

バナナを食べさせることのすべてを否定するつもりはありませんが、バナナをあげることで消化不良を起こすリスクがあることだけは認識しておきましょう。