Amazon Black Friday

カテゴリウィジェットの「子カテゴリ」を非表示にする方法【WordPress】

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

ごきげんよう、ハイパーマルチブロガー、バビです。

雑記ブログをあんまり考えずにやっていると、カテゴリがどんどん増えて、子カテゴリで整理しようと思うと、こんな感じで雑多になってしまいます。

サイドバーのカテゴリー。カスタマイズ前で子カテゴリーが多い。

数が少なければこのままでもいいのですが、あまりに多いとごちゃごちゃして見づらくなってしまいます。

そこで、子カテゴリーだけを表示しないようにして、すっきりさせるカスタマイズをご紹介します。

サイドバーのカテゴリー。親カテゴリーのみの表示にカスタマイズ。

これだけでもだいぶすっきりします。

子カテゴリーを非表示にするCSS

やりかたは非常に簡単で、このCSSコードを貼り付けるだけです。

/*子カテゴリー非表示*/
 .children{
 display:none;
 }

子カテゴリーは非表示になっただけでちゃんとある

ページがなくなったわけではなく、CSSで非表示にしているだけです。

例えばSANGOの場合はなら、親カテゴリーをのページを開くと、こんな感じで子カテゴリーへのリンクが表示されます。

SANGOのカテゴリー画面

ちなみに、SANGOの場合、親カテゴリの「カテゴリーの編集」で、「説明」に何か入力すると、子カテゴリーのボタンが表示されなくなるので注意です。

何か説明文などを入れたい場合は、個別に子カテゴリーへのリンクも設定する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。