名探偵コナン 業火の向日葵【作品データ】(登場人物・あらすじetc…)

「業火の向日葵」基本データ

予告動画

タイトル名探偵コナン 業火の向日葵
(めいたんていコナン ごうかのひまわり)
公開日2015年4月18日
上映時間112分
興行収入44億8,000万円
キャッチコピー「華麗なる芸術的(アート)ミステリー!!」
「お前に解けるか……この芸術が!!」
監督静野孔文
脚本櫻井武晴
主題歌/歌手オー!リバル / ポルノグラフィティ

・コナン映画第19作。

・歴代映画人気投票(2016年開催)で8位を獲得。

・ゴッホの「ひまわり」を題材としたアートミステリー。

・コナンよりもキッドがメインになっている。

・ゲスト声優は女優の榮倉奈々と元KARAの知英。

・アニメ第774話「消えたムンクの叫び」は本作のプレストーリーとなっている。

・本編前に流れるCM「NO MORE 映画泥棒」が本作とのコラボのスペシャルバージョンになっていた(DVDに収録)

・公開日と同日に行われた阪神×巨人戦の始球式をキッドが行った。

「業火の向日葵」登場人物

メインキャラクター

江戸川 コナン(工藤 新一)

毛利 蘭

毛利 小五郎

怪盗 キッド

鈴木 園子

灰原 哀

吉田 歩美、円谷 光彦、小嶋 元太

阿笠 博士

目暮 十三

鈴木 次郎吉

中森 銀三

ゲストキャラクター

圭子 アンダーソン

鈴木次郎吉がひまわり展を行うために選出した「7人のサムライ」の一人で、企画担当のプロデューサー。

宮台 なつみ

鈴木次郎吉がひまわり展を行うために選出した「7人のサムライ」の一人で、鑑定担当の絵画鑑定士。

東 幸二

鈴木次郎吉がひまわり展を行うために選出した「7人のサムライ」の一人で、修復担当の絵画修復士。

2枚目のひまわりをフランス、アルルで発見した。

岸 久美子

鈴木次郎吉がひまわり展を行うために選出した「7人のサムライ」の一人で、演出担当の演出家。

石嶺 泰三

鈴木次郎吉がひまわり展を行うために選出した「7人のサムライ」の一人で、運搬を担当するチーター運送の運送屋。

チャーリー

鈴木次郎吉がひまわり展を行うために選出した「7人のサムライ」の一人で、ニューヨーク市警察の警部。キッド捕獲に並々ならぬ熱意を燃やす。

後藤 善悟

鈴木次郎吉のボディーガードだが、今作では不審な行動が多い。その理由は物語の最後に明らかになる。

ウメノ

損保ジャパン日本興亜美術館に毎日ひまわりを見に来ている老女。ひまわり、特に2枚目のひまわりに特別な思い入れを抱いている。

原田 秀夫

「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」館長。当時の実在の館長原口秀夫をモデルとしている。

東 淸助

東幸二の祖父で、芦屋のひまわりを購入した実業家に雇われていた大工。自らの命と引き換えにひまわりを焼失から救った。

寺井 黄之助

普段から怪盗キッドをサポートしている老人。

「業火の向日葵」あらすじ

第二次世界大戦で焼失されたとされるゴッホの2枚目のひまわりの模写が見つかり、鈴木次郎吉がそれを落札。

7枚のひまわりすべてを集めて日本で展覧会を行おうとしますが、怪盗キッドから予告状が届く。

ひまわり輸送中の飛行機が爆破されますが、いつものキッドらしくない犯行に腑に落ちないコナン

キッドの目的とは?コナンは「ひまわり」を守ることができるのか?

ニューヨークのオークションに戦火で焼失したはずのゴッホの2枚目のひまわりが出品され、美術史上最高額である3億ドルで落札した鈴木次郎吉は、それを予定通りだと語る。

次郎吉と同席していた園子は、世界中の7枚の「ひまわり」をすべて集めて「日本に憧れたひまわり展」を「レイクロック美術館」で開催することを宣言するための落札だったと語る。
そして次郎吉は、それを管理・保管するためのスペシャリスト「7人のサムライ」を紹介する。

美術に関するエキスパートが選出される中、7人目を毛利小五郎と発表する。

そしてそこへスタッフに扮した怪盗キッドが現れるが、取り逃がしてしまう。

そのとき、その場に居合わせ協力を申し出たのは工藤新一だった。

後日、次郎吉たち一行は購入したひまわりを乗せ、飛行機で日本に向かい、羽田空港では小五郎、蘭、コナンがその到着を待っていた。

新一が飛行機に乗っていると園子が蘭に連絡すると、新一に変装したキッドは席を立ち、貨物室に向かう。

ひまわりを固定していたベルトが外されているのを見つけた直後、飛行機の扉が爆弾で外へ吹き飛び、エンジンの一つを破壊し、ひまわりも外へ投げ出されてしまう。

飛行機は何とか不時着に成功し、キッドはひまわりを空中で捕まえてグライダーで飛んでいるところをコナンに見つかり、逃走するが、ひまわりはキッドのいた場所に隠されたままで、コナンはそれを回収する。

その晩ひまわりは鈴木邸の地下にある特製金庫「鉄狸改」に保管された。

翌日小五郎の事務所にキッドから「ラ・ベルスーズの左(最初の模写)」を盗むという予告状が届く。

一方コナンは阿笠博士に連れられ、少年探偵団らと5枚目のひまわりがある損保ジャパン日本興亜美術館に来ていた。

そこでひまわりを毎日見に来ているという老女と出会う。

ひまわりがお好きなんですねという灰原の問いに、「ええ。でもこのひまわりじゃない。」と答える老女だったが、そこへ館長と小五郎、次郎吉らがやってきてコナンもそれに加わる。

キッドの予告したのがこの5枚目のひまわりだったため、閉館を早めに絵を移動しようとるが、そこへ警備員に扮したキッドが現れ、カードを残して絵を奪い去る。

カードは、2時間後プラザホテルでひまわりを100億円で引き渡すという内容のものだった。

キッドの指示どおり旧券をベッドに並べておき、指定された時間になると、窓ガラスが割れ、あらかじめキッドによって気圧の上げられた室内から一斉に一万円札が飛び出していく。

窓際に立つキッドにチャーリーが発砲するが当たらず、キッドは再び姿を消すが、キッドの去った後の室内には約束通りひまわりがあった。

ひまわり展を見るためには抽選で当たったチケットがなければならないため、少年探偵団は次郎吉にチケットの手配を頼む。

探偵団が帰った直後キッドから手紙と箱が届くが、次郎吉が箱を手に取ろうとすると箱は突然発火するが、チャーリーがそれを消し止める。

その夜、7人のサムライがひまわりを乗せたトラックとダミーのトラックを見送っているとき、後藤は、真犯人のPCから計画をコピーする。

後藤のその顔は怒りに震えていた。

ついに展覧会当日、警備室でモニターを見つめる小五郎は、お客の中に新一に変装したキッドを見つける。

入場してすぐに2枚目のひまわりに向かった人物がいるとモニターで確認すると、ひまわりが好きだという老女が涙を流して2枚目のひまわりを見ており、それを見てなぜか後藤も涙を流す。

2枚目のひまわりの前でキッドカードを見つけたコナンも警備室に向かい、次郎吉の「12人の仲間」の言葉とキッドの「11人+1人」から「ユダ」を思い出し、自分たちの中に裏切り者がいるのではないかと推理する。

手分けして絵の確認とキッド探しを行う中、電気制御室でチャーリーがキッドを見つけ追いかけるが、その直後に真犯人が電気制御盤を破壊して電源が落ちてしまう。

経歴を再調査していた中森は、東の兄が2枚目のゴッホの見つかったアルルで拳銃自殺していたことが分かり、イン犯人は東のかもしれないと次郎吉たちに告げるが、東は、2枚目のひまわりを購入した芦屋の実業家に雇われていた彼の祖父淸助が、燃える屋敷からその絵を持ち出し、かけつけた使用人に渡した後焼死していたと話した。

そして兄と2人でアルルで見つけ出すが、兄幸一は日本には持ち帰らず、アルルの地に置いておくべきだと主張し、口論の末銃の暴発で幸一は死んでしまったため、夢が叶った今、自ら出頭するつもりだったという。

その話のさなか、真犯人は施設に火を放ち、防災システムがダウンしているため施設は瞬く間に火の海に包まれていく。

ひまわりを緊急脱出させ、次郎吉らも脱出を図るが、2枚目と5枚目のシステムが動作していなかったことを確認したコナンは一人展示室に戻っていく。

キッドは、炎に包まれた展示室の中、5枚目のひまわりを緊急脱出させるために挟まったストッパーを外し、2枚目んのひまわりへ向かうが、ストッパーが外れない。

そこへコナンが現れ瓦礫で壁にひびを入れるがそれでも外れないため、その後現れた蘭にお願いして空手で壁を破壊してもらう。

しかし、炎に阻まれ身動きが取れなくなったため、キッドが寺井に頼むと連絡すると、外の後藤がスイッチを押して貯水タンクが破壊される。

水は通路を通って消火されるが、3人は流され蘭は気絶してしまう。

最初から犯人も計画も分かっていたというキッドは、脱出路を探しに行き、コナンは一連の謎解きのため、新一の声で次郎吉らに連絡する。

次郎吉らは7枚のひまわりの脱出口にきていたが、2枚目のひまわりだけが来ていないことに気付き、そこへ新一から連絡がくる。

犯人は2枚目と5枚目のひまわりが贋作だと主張する宮台で、ゴッホのひまわりを愛しているからこそ、贋作と並べられるのが許せないという理由からの犯行だった。

これを阻止するためにキッドはカードでコナンにヒントを送り続けたのだった。

施設の崩壊が始まり、3人では無理だが二人なら飛べるというキッドに、蘭を渡して落下していくコナン。

コナンはひまわり用脱出シューターに入り、途中で止まってしまっていた2枚目のひまわりを発見するが、すでに逃げ場は塞がれていた。
水が少しずつ侵入してきていることから湖の水位よりも下にあることに気付いたコナンは、サッカーボールの花火を爆発させ、圧力のバランスを崩すことで一気に流れ込んだ水で脱出に成功する。

コナンの無事を陰で隠れて確認したキッドにチャーリーが銃をつきつけ、何故最初から犯人が分かっていたのか質問する。
キッドのもとに音声メッセージで2枚目と5枚目を盗んでほしいと依頼があったため、声から犯人を突き止めたキッド。
実は東淸助に密かな恋心を抱いていた芦屋の実業家の娘というのがひまわりを見に来ていた老女で、彼女に2枚目のひまわりを見せることがキッドの目的だった。
実業家の邸宅に住み込みの書生をしていて、淸助から絵を託された寺井の初恋の相手がその女性で、それは、寺井からの依頼だったのだった。

「業火の向日葵」感想&レビュー

名探偵コナン 業火の向日葵【感想&レビュー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です