Amazon music 3か月99円で音楽聴き放題

これから仮想通貨を始める人のための『取引所の選び方』


ごきげんよう、バビです。

この記事をご覧になられている方は、たぶん、仮想通貨に興味があって始めてみたいけれど、どの取引所で取引したらいいのか迷っている方か、すでにどこかの取引所を使っていて、もう一つ別の取引所に口座を開設しようか迷っている方なんではないかと思います。

そんな方のために、取引所の選び方と、おすすめの取引所について簡単にまとめてみました。

仮想通貨「取引所」と「販売所」の違い

取引所とは

取引所とは、仮想通貨を買いたい人と売りたい人が集まってインターネット上で取引を行う場所のことです。

株やFXと同じように「板」に買いたい人の買値と売りたい人の売値が表示されて、買値と売値が一致したときに取引が成立します。

↓これが「板」です。真ん中が価格で、左が売りたい数量、右が買いたい数量です。

仮想通貨「板」

販売所とは

販売所は、取引所の運営会社が所持している仮想通貨を販売しているインターネット上の場所です。

取引所の運営会社の中には販売所を設置しているところもあります。

取引所と違うのは、値段が固定されていて、運営会社の手数料が上乗せされているため、取引所の売買価格よりも値段が高いことです。

日本国内だと販売所でしか取り扱いのない仮想通貨もありますが、そうでない限りは取引所で購入しないと損です。

何を基準に選べばいいの?

coincheck(コインチェック)の事件のような事件に巻き込まれないためにも、取引所は慎重に選びたいところですが、安全性の他にはどのような点に気を付けて選んだらいいのでしょうか?

以下にまとめてみました。

  1. 安全性・セキュリティ体制
  2. 取り扱っている仮想通貨の種類
  3. 手数料の安さ
  4. 使い勝手の良さ

特に気にすべき点は以上の4点です。

一つ一つ具体的に見ていきましょう。

安全性・セキュリティ体制

取引所を選ぶ上で何よりも注目すべきは、安全性の高さ・セキュリティ体制です。

少なくとも金融庁の仮想通貨交換業者として登録している取引所であることは最低条件だと思います。

国内外で、外部からの不正アクセスによる仮想通貨の消失や外部流出事件などが何度か報じられ、仮想通貨は怖いものだと思っている方も多いと思います。

仮想通貨の技術自体は何よりも安全ではありますが、これを扱う取引所のセキュリティ対策が十分でなかったために前述のような事件が起こってしまっています。

こうした事件が起こっても取引所は基本的に何の補償もしてくれません。

コインチェック事件では「コールドウォレット」と「マルチシグネチャ」を導入していなかったことが問題視されました。

システム上この2点が導入されているかどうかも注目すべきポイントです。

コインチェックの事件を受けて、国内取引所はセキュリティ面には特に力を入れていて、ユーザーへの二段階認証を義務化するなど、どの業者もほぼ同様のセキュリティ対策を行っているので、逆にこうしたセキュリティ対策が他に見劣りするような業者は避けたほうがいいでしょう。

二段階認証

 

取り扱っている仮想通貨の種類

仮想通貨にはビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルモナーコインと、いくつもの種類が存在します。

国内取引所で扱っているのはそのうちのごくわずかで、取引所によって取り扱っている仮想通貨、得意としている仮想通貨も違います。

ビットコイン以外の欲しい仮想通貨があれば、その通貨の取り扱いのある取引所を選ぶべきですし、慣れてきて他の通貨も欲しいと思ったときにすぐに買えるように、なるべく取り扱い通貨の種類の多い取引所を選ぶこともポイントのひとつです。

例えばZaif(ザイフ)では、2018年5月現在16種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

手数料の安さ

取引所によって、仮想通貨の売買や送金、お金(円)の入出金にかかる手数料は違います。

売買手数料は高くても0.01%程度ですが、ビットコインの送金手数料は高いと1,000円以上かかることもあります。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のように取引手数料も送金手数料も無料の取引所もあれば、Zaifのように取引手数料がなんとマイナスになって、取引のたびにおまけがもらえる取引所もあります。

もちろん、手数料が無料だからといって、セキュリティ面で見劣りしているということもありません。

また、通貨によって取引所ごとに手数料が違うこともあるので、自分の欲しい通貨は、どの取引所なら安く取引できるのか調べてみたほうがいいと思います。

入出金は高くても500円前後ですし、普通それほど頻繁に行うものなのでそれほど気にしなくてもいいかもしれません。

使い勝手の良さ

複数取引所を使い比べてみると気になりだすのがこの使い勝手の良さです。

慣れてくると思ったよりも重要です。

仮想通貨の取引は株の取引のような休みがないので、夜間でも入金して売買できるか、外出先でも簡単に取引できるスマホアプリが用意されているかなども重要なポイントと言えます。

大手取引所は、銀行入金だけでなく、コンビニ、ペイジー、クレジットカードでの入金などにも対応しているところがあるので、「今すぐに入金して購入したい」と思った時に対応できて便利です。

その他、取引画面が見やすいか、売買操作はスムーズに行えるか、欲しい情報がすぐに見られるかといった点も、長く利用する上では気にしたいところです。

申し込み前には中々分かりづらいところなので、複数取引所で口座を開設して、取引前に比べてみるのも一つだと思います。

口座開設はもちろん無料です。

おすすめの国内取引所

以上の4つのポイント踏まえて、私のおすすめする国内取引所をご紹介します。

▼こちらのページでは、おすすめの国内取引所をランキングで詳しく紹介しています。

合わせてご覧ください。

初心者におすすめの仮想通貨取引所/販売所ランキング(国内取引所)

アルトコインに強い「bitbank 」

私がメインで投資しているのはリップル(Ripple/XRP)なんですが、「bitbank(ビットバンク)」は、このリップルをはじめとした、ビットコイン以外のアルトコインの手数料がすべて0円のキャンペーンをやっていて(キャンペーンと言いつつずっと無料なんですけどね)、アルトコインの取引に強いです。

最近スマホ用のアプリもリリースされていて、これが凄く使いやすい!

注目度が上昇してきている取引所です。

個人的には一番おすすめです。

▼ビットバンクへの口座開設はこちらから
ビットバンク公式サイト

ビットコインが他より安い「QUOINEX 」

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴は、通貨ペアの多さです。

円以外のドルやユーロ、豪ドルといった法定通貨10種類でビットコインを購入できるため、そのとき有利な法定通貨でビットコインを買うことで相対的に安くビットコインを購入することができます。

(このあたり何が得なのかは初心者にはちょっと難しいですけど・・・)

ビットコインの取引量もビットフライヤーに次いで国内2位とシェアが大きいことも特徴の一つです。

▼コインエクスチェンジの口座開設はこちらから
コインエクスチェンジ公式サイト

とりあえず複数の取引所に口座を作ろう

取引所への口座の開設は無料で簡単に行えるので、気になる取引所はとりあえず口座開設することをおすすめします。

取引前に使い勝手を比べてみることもそうですが、先述のように、仮想通貨投資のセキュリティ対策は、自己責任が基本です。

取引所はインターネット上で稼働しているので、取引が集中することでサーバーダウンするというリスクがあります。

このリスクを回避するために同じ通貨を複数取引所で取引するという方法があります。

また、一つの取引所だけで取引していると、その取引所がハッキングされたり、倒産したときに資金がすべて失われてしまうというリスクもあります。

これを防ぐためにも取引所は複数使い分けるのが無難です。

私も国内取引所だけで4つ口座を開設しています。

▼おすすめ記事▼

初心者におすすめの仮想通貨取引所/販売所ランキング(国内取引所) 初心者でも簡単にはじめられる「仮想通貨の買い方」①口座開設編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。