ガンダム目線で見る映画「名探偵コナンゼロの執行人」レビュー

ごきげんよう、バビです。(CV:古谷徹)

遅ればせながら、「ゼロの執行人」を観てきました。
今回はガンダムネタはほとんどなかったんですけども、ガンダム好きの私としては古谷さんの声を聴いているだけでどうしてもガンダム目線で観てしまうので、もういっそガンダム目線でレビューを書いてみたいと思います。

注意
ネタバレも含みますが、「ゼロの執行人」は事前情報ありでも十分楽しめる作品です。

公式サイト・予告動画

公式サイト:http://www.conan-movie.jp/

 

あらすじ

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するというこの超巨大施設で突如、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠品に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。 果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

出典:https://filmarks.com/movies/77412/spoiler

 

レビューという名のツッコミ

今作は警視庁と検察庁(あと警察庁も)の公安の関係性とか、IOT(Internet Of Things:モノのインターネットのこと。AmazonEchoとかね)テロとか、内容がとにかく難しくて、子供にはかなり難解な内容なんじゃないかと思います。

更に今回の推しカップリングが小五郎と英利であることや、メインキャラが女性人気の安室さんであることを考えると、今回は完全に大人向けコナンなんじゃないかと思いました。

そもそも気になるのが安室さんのいる警視庁公安て、安室さんより年上で偉い人いないの?

やたら「公安は公安は」って偉そうに語ってるけど20代ですよね。

若造がやたら語ってる公安警察の日本やばくないですが?

 

今回の見どころは推理よりもカーアクション。

コナンの違法改造スケボーと安室さんのRX-7違法運転で現場へ急ぐシーンね。

もうね、コナンというか新一のスケボー技術やばくね?

もうプロじゃんか。

てゆーかプロ以上でしょ、あれ。

高架の壁を突き破って上からコナンに落下してくる車両に横からRX-7をぶつけて助ける安室さん。

いやいや、RX-7どうやって飛ばした?

コナンがRX-7に乗ってからのほうがもっと凄かった。

当たり前のように片輪走行って。

なんか台とかで弾みをつけないと片輪てできないと思うんですけど、安室さん、普通にひょいっと片輪になってました。

一体どういう技術なんでしょう。

20代でそれって、どんだけ運転してんだよ。

公安なのにあんだけ目立つ運転して、電車の外装ダメにして、損害額が計り知れません。

最終的に被害を出さなかったものの、小学生やら怪しい博士に協力してもらったり、一体上司に何て言って報告するんでしょうか。

いくら何でも公安警察自由すぎです。

それは日下部さんでなくても怒ります。

 

あと羽場さんの名前ね。

「二三一」で「フミカズ」って、もう何かの暗証番号使われるの丸わかりすぎです。

せめて別の漢字使おうよ、そこは。

 

今回も阿笠博士の発明でピンチを切り抜けていきます。

  • 違法改造スケボー
  • 違法ドローン
  • キック力増強シューズ
  • 花火仕込みサッカーボール
  • 機能満載の眼鏡
うん、安室さんもコナンも凄いけどさ、博士が一番すごくね?

実は今作一番活躍したのは阿笠博士なんじゃないでしょうか。

 

今回私的に一番のツッコミどころはコナンが推理で犯人を特定するシーン。

SPECとかああいう推理モノのドラマとかで使われる、マトリックスみたいな3D空間でキーワードが飛び交って、これまでのセリフがこう、3D音響で色んなところから聞こえてくる演出。

え?今までそんな感じで推理したことあった?

コナンていうか新一の推理って、そういう天才の啓示的な感じじゃなかったじゃんか。

 

とはいえ、カーアクションからのクライマックスは中々にハラハラしましたし、「正義とは何か」考えさせられる胸アツな展開でした。

私的には前作「から紅の恋歌」を超えて、正直過去最高に面白かったです。

立体音響も駆使されているので、是非劇場で観ることをおすすめします。

 

ガンダム目線のレビュー

まずですね、無人探査機「白鳥」の落下と、安室さんとくれば、ガンダムファンは「コロニー落とし」を思い出さずにはいられませんよね。

コロニーではないですけど、アムロが唯一落下を阻止しようとしたといえばアクシズです。

もうね、逆襲のシャア的な目線で観てしまいます。

しかも、「白鳥」ですよ?

白鳥といえばララァ・スンの象徴じゃないですか!

さすがにこれは絶対わざとだと思います。

更には敵対するコナンのジャケットが赤なのもあえてでしょうね。

コナン=シャアということです。

ララァが宇宙(そら)で待っていられなくなってアムロを迎えてにきた、みたいな妄想が膨らみます。

 

逆襲のシャアでは人の愚かさに絶望したシャアに共感したし、人の可能性を信じるアムロの言うことも正しいと思いました。

互いの正義がぶつかり合ったわけですが、ゼロの執行人もまさにそれぞれの正義がぶつかり合う内容となっています。

 

安室さんが「まさか空からとは」と呟いていますが、ガンダムファンならこう聞こえているはずです。

「まさか”宇宙”からとは」

私的には今作一番のセリフでしたね。

 

日下部さんと羽場さんの肉親以上の信頼関係と、その独善的な正義感。

それから思うままに権力を振りかざす隠ぺい体質の公安警察。

ここから思い出すのは「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」です。

日下部さんと羽場さんは、独善的な正義でサイサリスの戦術核を使用してコロニー落としをしたデラーズとガトーのようですし、公安警察はデラーズ紛争そのものを歴史の闇に葬り去り、シナプス艦長を処刑した地球連邦のようです。

そう思って観ると橘弁護士がこの後エゥーゴ的な反連邦組織に参加して安室さんの前に再度立ちはだかるとか想像しちゃいます。

 

終盤、少年探偵団が活躍するシーンも、ファーストの最後のカツ・レツ・キッカを彷彿とさせます。

安室さん一人では解決できない探査機の落下を阻止するために次世代の子供たちに託す場面。

逆襲のシャアでアムロから渡せなかった次の世代へバトンが、コナンでは渡せていることに感慨深いものがありました。

RX-7で暴走気味に突っ込んでいくのも、ニュータイプだから先が読めるんだと思うと納得です。

といかどちらかというとサイバーフォーミュラの「ゼロの領域」のほうがしっくりきますけど。

ゼロの執行人ですしね。

 

終盤、RX-7にコナンが乗り込んでからの会話、共闘なんかはコナンが赤いジャケットを着てることもあって、途中から頭の中でシャアとアムロの共闘に置き換えて勝手に感動してました。

 

コナン映画&TVをおさらい

動画サイトで過去作やTVシリーズをおさらいするならHuluU-NEXTがおすすめです。

コナン映画は今回で22作目なので過去21作もあります。
全部をレンタルで観るよりは、動画サイトでまとめて視聴することをおすすめします。

▼おすすめ記事▼

せやかて工藤!!「名探偵コナン から紅の恋歌」【 感想】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です