仮想通貨から投資信託へ移行して「ほったらかし」で資産形成しよう

盲腸便(食糞)を食べない高齢うさぎのビタミンB12摂取について

ごきげんよう、バビです。

 

実は私、今年で12歳になるうさぎを飼っています。

うさぎのペット化は割と最近のことなので、数年前まではうさぎの寿命というと5年くらいで、7歳を超えると超高齢なんて言われていましたが、うちみたいに10歳を超えるうさぎも増えてきているみたいです。

まだまだ元気ではいるんですが、最近足腰が弱ってきたのか自分で肛門から直接盲腸糞を食べる「食糞」ができないことが多くなってきたので、不足する栄養をサプリメントでカバーしないとな、と思って盲腸便に含まれる栄養素と、サプリメントについてまとめてみました。

食糞(盲腸便)のしくみ

うさぎを飼っている方って基本的に勉強家の方が多いのでご存じだとは思いますが、一応簡単にまとめておきます。

うさぎの糞には2種類あります。

1つはいつもしている硬くて丸い、ほぼ無臭の糞。

もう1つは、水分が多くひとつひとつが粘り気のある膜で覆われ、ブドウの房状になって排出されるものすごい臭い糞、盲腸便です。

盲腸便は深夜から早朝にかけて排出され、うさぎは排出と同時に肛門に直接口をつけてそれをそのまま食べているので、通常はあまり目にすることはありません。

盲腸便を食べずに残っていることが頻繁に続いたときは、体調不良を疑ったほうがいいと言われています。

うさぎは1日中牧草を食べていますが、特別に牧草の繊維質を速く分解できるというわけではなく、腸の中で消化しやすい部分と、消化しにくい部分に分離する機能を持っています。

消化しにくい繊維質はそのまま硬くて丸い便として排出されますが、消化しやすい繊維質は盲腸の方に運ばれます。

人間の盲腸はあってもなくても困らないくらい退化して小さくなっていますが、うさぎの盲腸はなんと胃より大きいんです。

盲腸へ運ばれた繊維質はそこに住むたくさんの腸内微生物の働きによって分解、発酵され、

  • エネルギーであるVFA(揮発性脂肪酸)
  • アミノ酸
  • ビタミンB群
  • ビタミンK
を産出します。

ここで吸収されなかった成分が盲腸便として排出され、食糞によって再摂取されることになります。

摂取された盲腸便は胃の中で更に発酵が進んで栄養素が増え、その後小腸で吸収されます。

なんで食糞が必要か

食糞がうまくできないと上述の栄養素がうまく取り込めず、栄養障害を起こしてしまいます

うさぎがいつも食べているペレットには、エネルギーやアミノ酸(たんぱく質)も含まれているため、それほど気にしなくてもいいのですが、ビタミン群、特にその中でも他の植物等から摂取できないビタミンB12を摂取するため、食糞は絶対に必要です。

また、食糞による摂取のほうが、サプリメントよりもビタミンの吸収率が高いようです。

ビタミンB12って何?

ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。

不足すると悪性貧血下痢だるさ食欲不振などを引き起こします。

また、神経細胞内の脂質やタンパク質、核酸の合成を行うなど、神経系にも作用するため、脳を正常に機能させるためにも必要不可欠な栄養素です。

ビタミンB12が不足すると人間の場合はうつ状態やアルツハイマー病になりやすくなるように、うさぎも神経質になってしまうようで、これが悪化すると痺れや痛みなどの神経障害が起きることもあります。

ビタミンB12は、微生物によって合成されるものなので、基本的に動物性食品にしか含まれません。

このため、草食のうさぎの場合、食糞でしか摂取できないのです。

ビタミンB12を補うためのおすすめ商品

ペレット

獣医さんからはビタミンB12の粉末を処方していただいています。

ただ、かなり高いですし、通院はうさぎのストレスにもなるので、なるべくならサプリとかペレットで採りたいところです。

今のところうちであげてるペレットにはビタミンB12を含むビタミン群が含まれていました

このペレットはかなりおすすめです。

以前はイースターのバニーセレクションをあげていたのですが、高齢になって味の好みも変わり、ペレットへの食いつきが悪くなっていたのですが、これだけは美味しいのか食べます。

サプリ

あと高齢うさぎに絶対におすすめなのがアニマストラスです。

犬や猫にも使える、ヨーロッパではCMまであるメジャーな動物用サプリです。

他のうさぎ飼いの方のブログなんかでも紹介されてますがこれは凄いです。

一時期ほんとに元気がなく寝てばっかりいた時期もあったのですが、アニマストラスをあげて数か月したら目に見えて元気になりました。

60種類のハーブをベースに酵母発酵させたとかなんとかで、必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸がほとんどすべて含まれています

というか含まれてないものないんじゃね?という感じです。

効果は不明という方もいますが、うちのうさぎに限っては効果は絶大だったと思います。

ちょっと甘いみたいで、おやつがわりにぽりぽり食べてます。

最近体調が悪くて強制給餌していますが、そのときには液体のほうが便利でした。液体も甘いらしく、ふたを開けたとたんそわそわしだします。

体調が悪いときは多めにあげていて、すぐになくなってしまうので、100mlよりはこの250mlのほうがおすすめです。

その他のサプリ

その他、ビタミンCは多いのですが、ビタミンB群を含む「マルチビタミン」系の商品は少ないです。一応調べてみたマルチビタミン系サプリをあげておきます。

固形だとOXBOWのマルチサプリがあるのですが、このシリーズやたら硬いです。案の定そのままでは食べませんでした。

細かく割って、乾燥パインをギュッとくっつけて合体させたらなんとか食べました。

あとのビタミン系サプリは液体が多いみたいです。私は試していませんが一応あげておきます。

まとめ

色々調べてみましたが、やはりビタミンB12だけを獣医さんから処方してもらうのが一番効率がいいですが、そうでなければアニマストラスが一番のおすすめです。

ビタミン以外の栄養素も補えるので、その他の病気予防のためにも早めに習慣化することをおすすめします。

あとは出てすぐの盲腸糞であれば口元にもっていくと食べてくれたりもします。当然これが一番うさぎにはいいので、なるべく気を付けてあげてください。

▼おすすめ記事▼

高齢うさぎのうっ滞の対処法と効いた薬【自己責任でお願いします】 高齢うさぎの介護 ー強制給餌編ー

体調不良には「うさマッサージ」もおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です