仮想通貨から投資信託へ移行して「ほったらかし」で資産形成しよう

足がくさくなるのって何でなん?アラサー男のにおい対策

ごきげんよう、バビです。

毎日通勤で革靴履いていて、家に帰って靴をそろえるときにふっと鼻をかすめるほのかな香り。

めっちゃ臭い!

え?何これ?何なん?

て、ありません?

f:id:shikamori_p:20171024020649p:plain特に汗とか体臭がくさいということはないのに足がくさくなるは何でなんでしょうか?

足の裏の汗はくさくない?!

足の裏は人体の身体の中で最も汗をかく部位で、1日にコップ1杯も汗をかきます。

でも。この汗自体はくさくないんです!

足の裏の汗は、99%は水分で、残りの1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれているだけなのでにおいはほとんどないんです。

足の裏にあるのはエクリン汗腺といって、主に体温調整する役割を担う、体中にある汗腺です。

人間にはそれとは別に脇の下や陰部、耳の中、などの限られた部位にある、アポクリン汗腺というのがあって、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれているので、こちらは汗自体ににおいがあります。

f:id:shikamori_p:20171023231816p:plainいやいやいや、そうは言っても汗かいたときのほうが足が臭いじゃんか?

足がくさくなる原因は何?

f:id:shikamori_p:20171024000842j:plain

実はにおいの原因は、足の裏の常在菌なんです。

腸内細菌に善玉菌と悪玉菌がありますよね?

足の裏にも同じように善玉菌と悪玉菌があるんです。

悪玉菌が足の角質・皮脂・汚れなどを分解して、臭いの原因物質である「イソ吉草酸」「酢酸」を作り出すため、足がくさくなるんです。

足の裏の悪玉菌は「温度15℃以上、湿度70%以上」になると活発になり、増殖していきます。

靴を履いている足の裏は「湿度90%以上、温度は30℃以上」にもなりますし、足の裏は皮膚が分厚く悪玉菌のエサになる角質が多いため、悪玉菌にとっては最高の環境といえます。

汗をかくと湿度も温度も上昇し、不必要な角質がはがれて悪玉菌のエサである垢になるため、汗をかけばかくほど、悪玉菌が増えてくさくなってしまいます。

その他にも下記の原因によって汗の分泌物が変化して、臭いがきつくなることもあります。

  • ストレスなどによる自律神経の乱れ
  • 食事内容
  • 内臓疾患

足のにおいを消すにはどうしたらいいの?

雑菌が原因なので、基本的には

  1. 雑菌自体を退治する
  2. 雑菌が繁殖しないようにする

ことで改善が可能です。

この2点を意識して、「靴」「靴下」「足」の3つを雑菌の繁殖しにくい環境にすることが大事です。

靴を清潔にしてよく乾燥させる

足のくさい人とくさくない人の習慣の違いに、靴を毎日履き替えることが挙げられます。

靴には足から雑菌とともに、そのエサとなる足の角質・皮脂・汗が靴に移り雑菌が繁殖します。

1日履いた靴を完全に乾かすには3日前後かかるともいわれていますので、靴は3足程度をローテーションするのがベストです。

また、靴自体の汚れも雑菌のエサになってしまうので、丸洗いできるスニーカーなどはときどき洗って天日干しにするのもおすすめです。

消臭機能のあるインソール(中敷き)を使用するのも効果的です。

f:id:shikamori_p:20171024014158j:plain

菌ピタ君公式サイト

なんとこれ、備長竹炭を使ってます。

なのでにおいを吸着するだけじゃなく、吸湿性も抗菌効果もあるという優れもの。

サイズも細かく分けられているので自分でカットする面倒な作業がないのが地味に嬉しい。

靴下は機能性で選んで、洗濯時は除菌する

靴下は、吸水性や通気性が高く、抗菌効果のあるものを選びましょう。

靴下は足が直接触れるので、当然靴以上に雑菌が繁殖しています

湿った状態の靴下をそのまま洗濯かごに入れると更に雑菌が繁殖してしまい、洗濯しても臭いが取れないということもあります。

乾燥させてから粉の酸素系漂白剤で洗濯すると除菌され、臭いが取れやすいです。

f:id:shikamori_p:20171024004647p:plain酸素系漂白剤は粉のほうが液体より効果が高いです。

足の洗いすぎに注意

雑菌を退治するためにはごしごしとよく洗うのが良さそうですが、普通に洗えていれば大丈夫です。

洗いすぎると、悪玉菌と一緒に、外の菌から体を守っている善玉菌も死んでしまい、結局また足がくさくなってしまうことがあるので洗いすぎには注意です。

お湯で流すだけでも8割くらいの雑菌は流れていきます。

雑菌を殺すことよりも古い角質や皮脂をきちんと洗い流すことが重要です。

臭い対策で足を洗うなら殺菌と皮脂・角質ケアの両方を行える薬用石鹸を使うのが一番です。

アニセ薬用石鹸専門店公式サイト

この石鹸は足のにおい対策専用に作られているので、足の臭いの原因物質を洗浄して、古い角質や皮脂を強力に吸着洗浄してくれます。

もちろん足以外の肌にも良いですし、石鹸なのでボディーソープと違って案外長持ちします。

医薬部外品の認定を受けてるところが私的にツボでした。

足の指の間や爪のわきなど、汚れのたまりそうな場所を中心に洗い、石鹸カスが残らないようきちんとすすぎましょう。

湿気が多いと、また雑菌が増殖しやすくなるので、洗った後も乾いたタオルで指の間まできちん拭いて乾燥させるようにしましょう。

制汗スプレーやクリームを使う

いちいち仕事中にトイレで靴下脱いでとかは面倒なので、朝かけたり塗ったりして効果が持続するのがいいですよね。

私的におすすめはこのノーノークリームです。

f:id:shikamori_p:20171024013412j:plain

NO!NO!SMELL!(ノーノースメル)公式サイト

何かよく分からないですけど20種類以上の植物エキスで足の臭いを徹底ケアしてくれます。(こういう植物エキスとか好き。)

塗った瞬間から足の指がさらっさらになって、夕方くらいまで快適でした。

効果ないなーと思ったら全額返金保障っていうところに東証一部上場企業の余裕を感じます。

私、「東証一部上場企業」ってだけでなんかスゲーって思ってしまうタイプです。

まとめ

  • 足の臭いは雑菌が原因
  • 「靴」「靴下」「足」の対策が大事
  • 除菌・乾燥で雑菌の繁殖を防ぐ

以上3点がポイントです。

足の臭いは先述のような商品を使わなくても、ポイントを押さえておけば十分対策可能です。

f:id:shikamori_p:20171024022019p:plainきちんとケアして、もうむしろかぎたくなるくらいええ臭いの足にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です