Zilliqa(ジリカ)/ZIL【100倍以上を狙う、おすすめ草コイン】

ごきげんよう、バビです。
今回はもしかしたら一番速いかもしれない仮想通貨「Zilliqa」を紹介します。
Binance上場で価格も2倍になり、今大注目のコインです。

 

Zilliqa(ジリカ)とは?

公式サイト:https://www.zilliqa.com/

Zilliqaは、シンガポール国立大学の研究者たちが立ち上 げた、ブロックチェーンプラットフォームです。

通貨単位はZIL。

世界初の「ハイスループットパブリックブロックチェーンプラットフォーム」であると公言しています。

要するに取引速度の高速化がこの仮想通貨の売りです。

日常的な支払いの場面で使用されることを目指しています。

「シャーディング」という技術を用いて、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決しようとしており、 直近のテストネットでは、VISAなどのクレジットカード会社の通常状態の平均取引件数に匹敵する取引速度を実現しています。
 

Zilliqaの特徴

速度がとにかく速い!

仮想通貨の課題の一つに、通常時秒間4,000~6,000件のトランザクションを処理するVISAなどのクレジットカードに速度で劣る点があげられます。

ビットコインやイーサリアムの1秒間のトランザクションの処理件数は7~15件。

高速決済が売りのプライベートチェーン、リップルでさえ1,500件/秒です。

そんな中、Zilliqaは、テストネットにおいて3,600のノード(接続ポイント)でVISAの通常状態の平均取引件数に迫る2,488件/秒を達成しています。

NEMがカタパルトで3,000~4,000件/秒の処理が可能になるかもしれないと言われていますが、この数字はあくまでもNEMベースのプライベートチェーンであるmijinでの数字です。

パブリックチェーンでこの速度は驚異的です。
 

シャーディング

この高速処理を可能にしているのがシャーディングというコンセプトです。

「シャーディング(Sharding)」とは、元々データベースシステムの用語で、データベースを水平方向に分割して分散させる機能を意味しています。

ビットコインやイーサリアムのマイニングは、たとえば5,000のマイナーが1つのトランザクションに対して、同じデータを用いて承認の計算処理を競い合って、最初にハッシュ値という暗号鍵を見つけたマイナーのみが報酬を得ることができるというものでした。

なので、1番以外が計算にかけたコストは無駄になることになります。

シャーディングでは、マイニングネットワークを「シャード」と呼ばれる小さな断片に分割し、5,000のマイナーが1つの処理を競いあうのではなく、500ずつ10のシャードへと自動的に割り振られ、それぞれが別の問題に取り組みます。

このシャーディングについては、イーサリアムでも導入が検討されています。
 

スケーラビリティ問題を解決

ビットコインなどは、取引量が増えることで負荷が大きくなり、取引速度が遅くなるというスケーラビリティ問題を抱えています。

シャーディングは以下の利点ももたらし、このスケーラビリティ問題の解決を図ります。

  • ネットワークが拡大しても暗号化の難易度は変わらず、むしろより多くのシャードが形成され、多くのマイナーがより多くの問題に取り組むことができるようになるため、結果的にトランザクション量が増加する。
  • 特殊なマイニング用ハードウェアではなく GPU によるマイニングが可能となる。
  • 同じ電力量でより多くの暗号化作業を行うことができるようになり、環境への配慮もなされる。
  • あらゆる面で効率性が向上するため、マイナーに対しての利益は保ちつつも、ネットワークを介したトランザクションにかかるコスト低下が見込める。

 

Zilliqaの将来性

Zilliqaは日本ではあまり知られていませんが、ICOにおいて200万ドルを集め、シャーディングという独自の方法でスケーラビリティ問題の解決を図るなど、注目の仮想通貨であると言えます。

f:id:shikamori_p:20180206013744p:plain

上図はZilliqaのロードマップですが、2018年はZilliqaのにとってイベント盛りだくさんの重要な年です。

先日Binanceへ上場したことで価格は2倍になり、今後更に伸びていくのは間違いないでしょう。

高速処理もあくまでテストネット環境化での成績なので、今後オープンな環境で同様の処理速度が出せれば、一気に注目度も上がってきそうです。

f:id:shikamori_p:20180126022927p:plainまだ一度も「イナゴ」になっていないので、買うなら今だと思います。

 

ZILが買える取引所は?

マイナー通貨ですので、当然日本の取引所では取り扱いがありません。

今のところ中国三大取引所ひとつ、BINANCEでの購入がおすすめです。

f:id:shikamori_p:20180110235339p:plain

国内取引所に口座をお持ちでない方は、まずは国内取引所に登録して、そこからBINANCEに送金します

国内取引所のおすすめはbitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 

私はリップルメインなので、個人的にはbitbankをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です