【2019年8月】「アベンジャーズ」シリーズを観る順番|MCU全作品公開順・時系列順まとめ。公開予定作品も紹介

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

ごきげんよう、アベンジャーズ大好きっ子のバビです。

2008年から毎年いくつもの作品を生み出し続けているアベンジャーズシリーズ。

2022年頃までに30作品の映画の公開が予定されています。

ひとつひとつの作品だけを観ても面白いですが、それぞれがリンクしているこのシリーズは、全作品観ていないと100%楽しめません。

ですが、すでにいくつもの作品があってどの順番で観たらいいのか分からない!

そんな方のために(自分でも後で分からなくなりそうなので)MCU作品を順番にまとめてみました。

アベンジャーズシリーズ公開順一覧

アベンジャーズシリーズを公開順にまとめた一覧は以下のとおりです。

基本的にはこの順番で見ておけばOK。

タイトル公開年
アイアンマン2008
インクレディブル・ハルク2008
アイアンマン22010
マイティ・ソー2011
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー2011
アベンジャーズ2012
アイアンマン32013
マイティ・ソー/ダーク・ワールド2013
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー2014
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2014
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン2015
アントマン2015
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016
ドクター・ストレンジ2016
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス2017
スパイダーマン:ホームカミング2017
マイティ・ソー バトルロイヤル2017
ブラックパンサー2018
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2018
アントマン&ワスプ2018
キャプテン・マーベル2019
アベンジャーズ/エンドゲーム2019
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム2019
ブラック・ウィドウ2020
エターナルズ2020
シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス2021
ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス2021
マイティ・ソー/ラブ&サンダー2021
ブラックパンサー2(仮)
2022
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)未定
ブレイド(仮)未定
アベンジャーズシリーズ(MCU)を見るのに1番おすすめの動画サービス!無料で見る方法も

アベンジャーズシリーズ時系列順一覧

これまで公開されている映画を時系列に並べるとこんな感じです。

別の場所で同時並行で起こった出来事もあったりするので、必ずしもこの順番ではありません。

知っておくべき「MCU」と「フェイズ」

アベンジャーズシリーズを楽しむためには、「MCU」「フェイズ」について知っておく必要があります。

「アベンジャーズ」(Avengers)は、元々、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックス(アメコミ)に登場する、すでに個別で活躍していたヒーローたちによって結成されたヒーローチームのこと。

1963年から刊行され、現在も刊行され続けています。

アベンジャーズを含むアイアンマンやキャプテン・アメリカといった一連の作品群の映画は、同一の世界観のクロスオーバー作品群・プロジェクトとして製作されています。

この作品群・プロジェクトが「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」です。

2008〜2020年の間に24作品の公開が予定されており、作品群の区切りが「フェイズ」で、1~4に分かれています

MCU(アベンジャーズシリーズ)まとめ

MCU:フェイズ1

アイアンマン(2008年)

アイアンマン

アベンジャーズの原点。

アイアンマンはアベンジャーズの中心的役割と担います。

軍需産業会社の天才科学者トニー・スタークが、自社の兵器が悪用されていることを知り、自ら戦闘用スーツを着用してテロリストと戦います。

インクレディブル・ハルク(2008年)

インクレディブル・ハルク

兵士強化実験の研究を行っていた科学者が自らを被検体に実験を行って緑色の怪物「ハルク」に変身。

ある科学者の協力で元に戻りますが、力を悪用するため怪物に変身した科学者と戦うため、再度ハルクになってこれを撃退。

変身コントロールの修行をしながら人里離れた地で身を隠していると「あの人」が迎えにきます。

アイアンマン2(2010年)

アイアンマン2

アイアンマンであることを世界に公表したトニー・スタークにスーツを受け渡すよう国家から命令が下りますが、トニーはこれを拒否。

かつてトニーの父の同僚だった科学者の息子が、逆恨みでトニーに挑みトニーは再びアイアンマンとして戦います。

アイアンマンのサイドキックに当たる、アイアンパトリオット(ウォーマシン)も初登場します。

マイティ・ソー(2011年)

マイティ・ソー

調子に乗って弟ロキと3人の友人と休戦中の敵国(ヨトゥンヘイム)に乗り込む神オーディンの子、ソー。

怒ったオーディンに力を奪われ地球に追放されて地球の女性と恋に落ちます。

一方、敵の子であることが分かった弟ロキが謀反を起こしますが、力の戻ったソーがこれを撃退。

次期王の自覚を持ってアスガルドへ帰還します。

「アベンジャーズ」での争いの原因「四次元キューブ」もここで登場します。

最初はマッチョのハンマー男ってどうよ?と思いましたが、慣れるとカッコいい!

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年)

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

時は太平洋戦争中、兵士になりたいのにひ弱で兵役検査をパスできないスティーブ・ロジャースは「スーパー・ソルジャー計画」の被験者となりキャプテン・アメリカになります。

オーディン由来の強大なパワーを持つ「四次元キューブ」を手に入れたナチスの秘密組織ヒドラのレッドスカルを撃退しますが、飛行機で北極へ墜落し、氷漬けになります。

70年後の現代、よみがえったキャプテンに新たな任務が告げられて―。

こちらもアイアンマンと同じくアベンジャーズの主人公格です。

他作品へのリンクが最も多く、トニー・スタークの父親が出てくるなど、アベンジャーズの中でも重要な映画です。

アベンジャーズ(2012年)

アベンジャーズ

悪い宇宙人の後ろ盾でリベンジしにきたソーの弟ロキ。

神様の兄弟喧嘩に地球のヒーローが参戦。

最初バラバラだったアベンジャーズが一致団結してこれを撃退します。

ほぼアイアンマンが主人公で、最後のおいしいところもアイアンマンが持っていきます。

MCU:フェイズ2

アイアンマン3(2013年)

アイアンマン3

アベンジャーズでの戦いからスーツ依存症になったトニー。

遊び人だった頃無碍にした科学者に狙われ、スーツが使用不能に。

そんなとき出会った少年から自分がアイアンマンである前にエンジニアであることを思い出し、スーツなしで敵のアジトへ潜入。

最後は自動操縦されたアイアンスーツ42体が入り乱れて敵を倒します。

だけど、実は最後のとどめは恋人が刺しているいるような・・・。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013年)

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

宇宙を闇に戻そうとするダークエルフの中で一番邪悪なマレキスが復活して、強大なエネルギーを秘めたエーテルという石を手に入れようと襲ってきます。

エーテルはソーの恋人で地球人のジェシーの中に。

牢獄に入れられていた弟ロキとマレキスを倒しに行きますがロキは死に、最終決戦は結局地球で行われます。

物語の最後、父オーディンに自由を求めるソーですが、実はオーディンは死んだはずの弟ロキでした。

ロキしつこいな!

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年)

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

「アベンジャーズ」でのニューヨークの戦いから2年後、諜報機関S.H.I.E.L.D.にヒドラが入り込んでおり、キャプテンが悪者扱い。

キャプテンの昔の戦友が洗脳され、片腕機械の「ウインター・ソルジャー」として立ちはだかります。

S.H.I.E.L.D.は事実上壊滅。

やや難解なストーリーですが、「エイジ・オブ・ウルトロン」以降を楽しむためには視聴必須です。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

宇宙を舞台に、宇宙海賊に育てられたピーター・クイルを中心とした「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と呼ばれるメンバーの活躍を描きます。

この時点ではアベンジャーズとの接点が少ないのですが、サノスやインフィニティ・ストーンなど、終盤かなり重要になってくるキーワードが出てきます。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年)

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

インフィニティ・ストーンの力を使って、トニーが世界平和を守るための人工知能「ウルトロン」を作ります。

ですが、ウルトロンは平和を脅かすのは人類だと結論付け、アベンジャーズの前に立ちはだかります。

ほとんどアイアンマン主演です。

アイアンマンの人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャービス)がいなくなるのが寂しい・・・。

アントマン(2015年)

アントマン

主人公は泥棒で、初代アントマンにして開発者の科学者から、アントマンの技術を軍事用に転用した兵器の試作品を盗んで破壊してほしいと頼まれ、アントマンへ。

最後はその試作スーツを着た悪者との小さくなったり大きくなったりのバトルが面白いです。

この時点ではアベンジャーズとのつながりはあまりありません。

MCU:フェイズ3

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

要するにキャプテン・アメリカとアイアンマンが見解の相違から大喧嘩する作品。

それぞれ色んなヒーローが戦います。

ハルクが不在なのと、喧嘩中にウォー・マシンのジェームズが再起不能に。

この時点では映画になっていないスパイダーマン、ブラックパンサーも先に登場します。

ドクター・ストレンジ(2016年)

ドクター・ストレンジ

簡単に言うと、天才外科医が交通事故で手が使えなくなるけど、代わりに魔法が使えるようになって悪者と戦うという話。

物理的な地球への侵略からはアベンジャーズが守り、マルチユニバースの別宇宙からの侵略からは魔法使いが守っていたんだそうです。

その遺志を継いでドクターストレンジがダークディメンションのエネルギーを利用しようとする悪の魔法使いと戦います。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス(2017年)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス

サノスの娘が出てくる程度で、アベンジャーズとのつながりはかなり薄いです。

基本おふざけの映画ですが、不覚にも最後泣いてしまいました。

スパイダーマン:ホームカミング(2017年)

スパイダーマン:ホームカミング

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で先に登場していたスパイダーマンの単独作品。

とはいいつつ、アイアンマンが要所要所で登場します。

アイアンマンとの師弟関係が見どころです。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年11月3日公開)

マイティ・ソー バトルロイヤル

ソーの前に姉であり、死の女神ヘラが現れ、アスガルドが攻撃されます。

脱出したソーはたまたま出会ったハルク、ロキと共に「リベンジャーズ」を結成してヘラに立ち向かいます。

個人的にはMCUで一番笑えた作品です。

ソーとハルクのやりとりが面白い。

ブラックパンサー(2018年3月1日公開)

ブラックパンサー

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で先に登場していたブラックパンサーの単独作品。

ヴィブラニウムによって高度な文明を持つワカンダ国の王位継承権争いを描いた作品。

話的に非常に面白いです。

ワカンダは、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でも重要な役割を担います。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年4月27日公開)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

6つすべてを手に入れると宇宙を滅ぼすことができるインフィニティ・ストーン。

石を狙う最強の敵サノスにアベンジャーズが挑みます。

最終章「アベンジャーズ/エンドゲーム」への序章的作品。

アントマン&ワスプ(2018年8月31日公開)

アントマン&ワスプ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で名前だけ出て不参加だったアントマン。

彼がそのとき何をしていたかが描かれています。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」で超重要な役どころとなるアントマンの量子世界の話が出てきます。

映画の最後は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストとつながるため、途中までの雰囲気が一変して終わります。

キャプテン・マーベル(2019年3月15日公開)

キャプテン・マーベル

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に向けて、話が一旦過去に戻ります。

「アベンジャーズ」という名称、その計画がどこから来たのかその原点を描きます。

記憶のフラッシュバックに悩まされるクリー人のヴァースは、戦争の敵を追って地球に落ちてきます。

そこで若き日のニック・フューリーに出会い、敵を追ううちに自らの出自の謎と、一連の戦争の真相を知ることに。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でフューリーが消滅直前に送ったポケベルの謎もここで分かります。

フューリーの眼帯の謎も判明。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年4月26日公開)

アベンジャーズ/エンドゲーム

出典:https://marvel.disney.co.jp/

最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は、半分に消し去られてしまった…。
大切な家族や友人を目の前で失い、絶望とともに地球にとり残された35億の人々の中には、この悲劇を乗り越えて前に進もうとする者もいた。
だが、“彼ら”は決して諦めなかった──
地球での壮絶な戦いから生き残った、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ホークアイ、そして宇宙を当てもなく彷徨いながら、新たなスーツを開発し続けるアイアンマン。
ヒーローたちは、大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結する。はたして失った者たちを取り戻す方法はあるのか?
35億人の未来のために、そして“今はここにいない”仲間たちのために、最後にして史上最大の逆襲<アベンジ>に挑む。
最強チーム“アベンジャーズ”の名にかけて──。

https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame/about.html

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年6月28日公開)

公式サイト

師であるアイアンマンことトニー・スタークから託された、ヒーローとしての責任。
ピーター・パーカーは、悲しみを忘れる為、街の平和に努めていた。
そうしてようやく訪れた夏休み。
ピーターは、大好きなMJ、親友のネッド達と共に楽しみにしていたヨーロッパ旅行に出かける。

この旅でMJに自分の気持ちを打ち明け、最高の夏休みにしたいと願うピーターを待っていたもの、それは元S.H.I.E.L.D長官のニック・フューリーだった。
迫りくる新たなる脅威を察したニックは、異次元から来たというミステリオと共に戦う準備を始めていた。
そこにスパイダーマンの力も必要としていたのだ。

突如としてヴェネチアに出現した巨大な人型の”水”。
その圧倒的なパワーに翻弄されるピーターは「ソーは?キャプテン・マーベルは?」とアベンジャーズのヒーローたちに助けを求めるも、彼らは不在。
この巨大な敵を相手にまだ戦い方すら掴めないスパイダーマンに替わり、果敢に戦いを挑むミステリオ。
空中から強力な光線を放ち、敵を制する。ここに新ヒーローが誕生した。

ヴェネチア以外でも、”火”や”土”の巨大な敵が現れ、ニックを中心とした攻防戦が続く中、ピーターは決意する、「世界には新しいアイアンマンが必要だ」。トニーから引き継いだ”鉄の意志”。
親愛なる隣人から、真のヒーローへ。厳しい戦いに立ち向かい、挑み、闘うスパイダーマン。
新しいアイアンマンとなる為に―。

MCU:フェイズ4

2019年7月20日、アメリカでフェイズ4のラインナップが発表されました。

ブラック・ウィドウ(2020年5月1日米公開)

エターナルズ(2020年11月6日全米公開予定)

シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(2021年2月12日全米公開予定)

ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(2021年5月7日全米公開予定)

マイティ・ソー/ラブ&サンダー(2021年11月5日全米公開予定)

ブラックパンサー2(仮)(2022年5月6日 全米公開予定 )

https://www.flickr.com/photos/disneyabc/48613631078/

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)

ブレイド(仮)

MCUはフェイズ4以降も続く?

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、2019年のインタビューで「アベンジャーズ/エンドゲーム」後のMCUについて「5年間の計画がある」と発言しています。

つまりは2024年頃までMCUは続く可能性があるということ!

現在分かっているのは、以下についての作品が製作予定とのこと。

  • ブラックパンサー2
  • キャプテン・マーベル2
  • X-MEN
  • ファンタスティック・フォー

ついにX-MENが合流するのは凄い!

2022年頃にはアベンジャーズのようなクロスオーバー作品が作られることも期待できそうです。