ウェアラブルネックスピーカーおすすめ7機種を比較(2019)アメトークで話題。テレビ・ゲームの臨場感が凄い!

スピーカーとヘッドホンのいいとこどりをした、「ながら聴きオーディオ」のウェアラブルネックスピーカー。

耳をふさがず、臨場感あふれるステレオサウンドを楽しめるので、

  • ステレオのサウンドを楽しみたいけれど音量が気になる
  • 映画や音楽を楽しみたいが周りの音が聞こえないと困る
  • ヘッドホンやイヤホンの圧迫感が苦手

スピーカーとヘッドホンのいいとこどりをした、「ながら聴きオーディオ」のウェアラブルネックスピーカー。

耳をふさがず、臨場感あふれるステレオサウンドを楽しめるので、

という人に人気です。

最初に発売したSONYのSRS-WS1は、生産が追い付かないため受注が休止する事態に。

その後各メーカーから様々な特徴あるネックスピーカーが発売されています。

今回は、おすすめのウェアラブルネックスピーカーとその特徴、性能の比較をまとめました。

自分だけの臨場感あるサウンドを手に入れましょう。

ウェアラブルネックスピーカーの特徴

ウェアラブルネックスピーカーの特徴を一言でいえば、

「スピーカーとヘッドホンのいいとこどり」

です。

以下のような特徴があります。

  • ヘッドホンに比べて音の広がりが良く、臨場感がある
  • スピーカーに近い音質を比較的に小さな音で楽しめる
  • 音楽や映画を楽しみながら、外部の音も聞くことができる
  • 機種によっては「音の遅延」がある
  • 人間工学に基づくデザインで疲れない

ヘッドホンに比べて音の広がりが良く、臨場感がある

もちろん開放的なステレオ感はスピーカーに比れば劣りますが、音が包み込むように耳の周りに広がります。

耳元近くで響くことによる音圧で空気が震動するため、まるで映画やゲームの中に入り込んだような臨場感を味わうことができます。

また、スピーカーと違い、どこにいても左右の音が均一に聞こえるという点では、スピーカーよりも便利です。

ゲームでは左右の音声が大事なので、臨場感を味わいつつ左右の音も聴き分けれるのはいいですね。

スピーカーに近い音質を比較的に小さな音で楽しめる

スピーカーで同じような臨場感を味わおうとすると、それなりの音量を出さなくてはいけません。

ですが、大きな音は家族や近所に迷惑になってしまいます。

ネックスピーカーは、スピーカーほど大きな音がするわけではないので、隣室を気にせず映像や音楽を楽しむことができます。

音楽や映画を楽しみながら、外部の音も聞くことができる

引用元:SONY

例えばお子さんが寝ている部屋の横で映画や音楽を楽しみたいとき、ヘッドホンやイヤホンをする方法があります。

ですが、それだと耳をふさいでしまうのでお子さんが泣き出したときに気付くことができません。

ネックスピーカーは、耳をふさがないので、外部の音も聴くことができます。

逆に、テレビを見ているときにそばで掃除機をかけられても、問題なくテレビを見続けることができます。

機種によっては「音の遅延」がある

デメリットとしては、基本的にワイヤレス接続なので、接続方法などによっては、音声が映像より遅れてしまうことがあります。

ネックスピーカーのほとんどは、Bluetooth接続で音声データを受信しますが、このときの音声の圧縮方式(コーデック)によって、音声に遅延が生じます。

音楽ならいいですが、ゲームや映画だと映像と音がズレで楽しめないので、用途によって慎重に選んだほうがいいでしょう。

コーデック音質遅延
SBCあまり良くないあり
AAC良い少ない
aptX高音質なし
LDACハイレゾなし

人間工学に基づくデザインで疲れない

ウェアラブルネックスピーカーの着け心地引用元:SONY

肩にかけるものなので、長時間の使用は首や肩が疲れそうですよね。

その点、各メーカーとも、人間工学に基づいたデザインで長時間の使用も快適です。

SHARPJVCのネックスピーカーは88gと極限まで軽量化して肩にかかる負担を減らしています。

また、ヘッドホンやイヤホンは耳に直接音を送るので耳への負担が大きく「聴くこと」に疲れてしまいますが、据置きのスピーカー同様、「聴くこと」への疲れが出にくいのも特徴です。

ウェアラブルネックスピーカーおすすめ7機種

SONY SRS-WS1

SONY SRS-WS1

重さ335g充電時間約3時間
連続再生時間約7時間通信方式独自通信規格
コーデック遅延ほぼなし

「ウェアラブルネックスピーカー」の代名詞といえばSONYのSRS-WS1です。

2018年のアメトーーク!の家電芸人で紹介され、予想外の大ヒットで売り切れが続出しました。

一番の特徴は、独自の通信規格(Wi-Fi)で接続するため、他の製品に比べて音の遅延がないこと

また、空気の振動によって低音を補う「パッシブラジエーター」を搭載しているため、音に合わせてネックスピーカーが振動して、さらなる臨場感を味わうことができます。

デメリットは、Bluetooth対応ではないため、スマホとの接続は有線接続になってしまうこと。

そもそもスマホは手元で操作するものなので、そこまでネックではないかなと思います。

遅延がなく、耳を包み込み振動する臨場感あふれるサウンドを楽しめるので、特にゲームや映画の視聴におすすめです。

Amazonレビューを見る

BOSE SOUNDWEAR

BOSE SOUNDWEAR

重さ260g充電時間約3時間
連続再生時間約12時間通信方式Bluetooth
コーデックSBC遅延あり

低音のきいた重厚なサウンドで音楽を楽しみたいならBOSEのSOUNDWEARがおすすめです。

BOSEのスピーカーをまんまネックスピーカーにしたような品質で、さすがはBOSEといったクオリティ。

音質に関しては間違いなくNo.1といえます。

BOSE SOUNDWEAR装着感

デザイン性と合わせてフィット感にもこだわっていて、全体を曲げて調整することができるため、つけていることに対するストレスがありません。

BOSE SOUNDWEARは曲げられる

今回紹介する中では唯一の防滴仕様で、別売りで専用のカバーも用意。

スピーカーが耳側を向いているため音漏れも大きくなく、しっかりフィットします。

なので、室内で家事をしながらや、散歩・ジョギング時にも安全に高品質の音楽を楽しめます。

また、Bluetooth接続なのでスマホとの連携が可能。

マイクも内蔵されていて、着信時にバイブレーションで知らせてくれるため、音楽再生中もすぐに通話をすることができます。

唯一のネックは音の遅延が大きいこと。

このため、音楽を聴く以外の用途には不向きです。

ヘッドホンの圧迫感なく、スピーカーのような開放感あるサウンドを楽しみたい方におすすめです。

Amazonレビューを見る

JBL SOUNDGEAR

JBL SOUNDGEAR

重さ350g充電時間約2時間
連続再生時間約6時間通信方式Bluetooth
コーデックSBC/aptX LL遅延少ない

JBLのSOUNDGEARは、「そこそこの音質でゲームも音楽もどちらも楽しみたい!」という人におすすめ。

付属のトランスミッター(音声を変換して送る装置)を使えば、ほとんど音の遅延なく、テレビ・映画やゲームを楽しめます。

BOSEのような低音域よりも中音域に強いので、音の「聞き取りやすさ」が優れています

このため、テレビやゲームに向いているといえます。

少し重めなのと、バッテリーのもちが悪いのがネックですが、その分価格は抑えめなので、

「テレビもゲームも音楽も楽しめて、高くないもの」

を探している人におすすめです。

Amazonレビューを見る

SHARP AQUOSサウンドパートナー AN-SS1

SHARP AQUOSサウンドパートナー AN-SS1

重さ88g充電時間約2.5時間
連続再生時間約14時間通信方式Bluetooth4.1
コーデックSBC遅延少ない

SHARPのAQUOSサウンドパートナー AN-SS1は、名前のとおりテレビ視聴にぴったりのネックスピーカーです。

88gとかなり軽量なため疲れにくく、中音域の会話などの音が聞き取りやすいので、テレビや映画の視聴に向いています。

クリアな音声が特徴なので、耳の遠いお年寄りへ、テレビの音量サポートとしての使用をおすすめしているのが、総合家電のSHARPらしい心遣いですね。

SHARP AQUOSサウンドパートナー AN-SS1ならみんなでテレビが楽しめる

軽量な分、重厚な音質での音楽鑑賞には不向きですが、2.5時間の充電で最大14時間も使用可能な上に、スマホと連動して17時間の連続通話も可能です。

耳をふさがず音がクリアなので、運転中の通話などにも向いているのではないかと思います。

Amazonレビューを見る

SHARP AQUOSサウンドパートナー AN-SX7A

重さ280g充電時間約5時間
連続再生時間約13.5時間通信方式Bluetooth5.0
コーデックSBC/aptX遅延少ない

AN-SS1の重低音を強化したのがこちらのAN-SX7Aです。

独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」というシステムを搭載。

低音を反射して増幅する「バスレフ型構造」と、空気の振動によって低音を補う「パッシブラジエーター型振動ユニット」を組み合わせています。

ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM引用元:SHARP

このため、低音域から中高音域まで臨場感あふれる高音質を楽しむことができます。

AN-SS1では満足できない!という人におすすめです。

Amazonレビューを見る

JVCケンウッド NAGARAKU SP-A10BT

JVC NAGARAKU SP-A10BT

重さ88g充電時間約3時間
連続再生時間約20時間通信方式Bluetooth4.1
コーデックSBC/aptX遅延少ない

SHARPのAQUOSサウンドパートナー AN-SS1と同じく88gと軽量な上に、連続再生時間約20時間と、今回紹介する製品の中では最軽量・最長連続再生です。

やはり軽量な分低音域は弱いですが、中・高音域に強く、人の声がクリア聞こえるのでテレビの視聴などに向いています。

マイクも内蔵されており、スマホの通話にもおすすめです。

SHARPのAN-SS1とスペックも価格帯も近いのでどちらにするか迷いますね。

ここまで近いとどちらがいいかは好みの問題。

Amazonレビューを見る

LG TONE Studio HBS-W120

LG TONE Studio HBS-W120

重さ125g充電時間約2時間
連続再生時間約16時間通信方式Bluetooth4.2
コーデックSBC/aptX遅延少ない

LGのネックスピーカーは日本国内では販売していないため、購入するとすると並行輸入品になります。

軽量でクリアな音のタイプなので、スペック的にはSHARP「AN-SS1」、JVC「NAGARAKU SP-A10BT」に近いです。

音楽鑑賞を楽しむには低音には弱く、音の遅延も多少あるので、テレビなどの視聴向き。

家電量販店などで取り扱いがないので、試してみてから買うことができないのがネックですね。

Amazonレビューを見る

ウェアラブルネックスピーカー比較&まとめ

というわけで、おすすめのウェアラブルネックスピーカーを紹介しました。

改めて今回した商品を一覧にまとめました。

 SONYBOSEJBLSHARP
AN-SS1
SHARP
AN-SX7A
JVCLG
 
重さ 335g260g350g88g280g88g125g
充電時間約3時間約3時間約2時間約2.5時間約5時間約3時間約2時間
連続再生約7時間約12時間約6時間約14時間約13.5時間約20時間約16時間
通信方式独自規格BluetoothBluetoothBluetooth4.1Bluetooth5.0Bluetooth4.1Bluetooth4.2
コーデックSBCSBC/aptX LLSBCSBC/aptXSBC/aptXSBC/aptX
遅延ほぼなしあり少ない少ない少ない少ない少ない

 

Amazonをいつでも安く買う方法

 


Amazonカードを持っていない人が、Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券を使わないともったいない

現金でチャージするだけで、最大2.5%ポイントが還元されます。

しかも今なら、初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中。

なんと還元率は最大20%以上ともの凄くお得です。

さらに、2020年6月30日までは対象商品であればキャッシュレス決済の5%還元受けることができます。

Amazonでセールでもないのにここまで安く買えるのは今だけです。

チャンスを逃さず欲しい商品をゲットしてください。

 

キャンペーンについて詳しくみる

 

今すぐエントリー

Amazonギフト券をチャージする

1,000円+最大2.5%ポイント還元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。