100メガショック!あの頃憧れたアーケードゲームが家でできる!【NEOGEOmini】

ごきげんよう、バビです。

30代以上の方でややマニアックな子どもだった方ならこのニュースにときめかずにはいられないはず!

ミニファミコン、ミニスーファミに続き、ついにあのNEOGEOがミニになって登場です!

NEOGEOminiスペック

公式サイト

販売価格 : 12,420円(税込)

発売日:2018年7月24日(火)

▼購入はこちら▼
Amazon SNK ONLINE SHOP

NEOGEO mini INTERNATIONAL verも発売されます。40タイトル中14タイトルが違います。

NEOGEOの名作・傑作タイトルを40作品収録

ゲームプラットフォーム「NEOGEO」の多彩なラインアップの中から、40作品を収録。『ザ・キング・オブ・ファイターズ』や『餓狼伝説』、『メタルスラッグ』など、あの頃がよみがえる名作・傑作が楽しめる。

タイトルNEOGEO miniインターナショナル版
ザ・キング・オブ・ファイターズ ’94
ザ・キング・オブ・ファイターズ ’95
ザ・キング・オブ・ファイターズ ’96
ザ・キング・オブ・ファイターズ ’97
ザ・キング・オブ・ファイターズ ’98
ザ・キング・オブ・ファイターズ ’99
ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000
ザ・キング・オブ・ファイターズ 2001
ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002
ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003 〇
真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変
サムライスピリッツ 天草降臨
サムライスピリッツ零SPECIAL
餓狼伝説SPECIAL
リアルバウト餓狼伝説
リアルバウト餓狼伝説2 THE NEWCOMERS
餓狼 MARK OF THE WOLVES
ワールドヒーローズパーフェクト
風雲スーパータッグバトル
龍虎の拳
幕末浪漫 月華の剣士
幕末浪漫第二幕 月華の剣士 〜月に咲く華、散りゆく花〜
NINJA MASTER’S〜覇王忍法帖〜
痛快GANGAN行進曲
メタルスラッグ
メタルスラッグ2
メタルスラッグX
メタルスラッグ3
メタルスラッグ4
メタルスラッグ5
キング・オブ・ザ・モンスターズ
キング・オブ・ザ・モンスターズ 2
戦国伝承2001
ショックトルーパーズ
ショックトルーパーズ セカンドスカッド
トップハンター 〜ロディー&キャシー〜
ニンジャコマンドー
バーニングファイト
マジシャンロード
ラギ
サイバーリップ
ロボアーミー
クロスソード
ミューティション・ネイション
ファイヤースープレックス
ASOII -ラストガーディアン-
ティンクルスタースプライツ
ブレイジングスター
ラストリゾート
ゴーストパイロット
トッププレイヤーズゴルフ
得点王
フットボールフレンジー
ジョイジョイキッド

液晶ディスプレイを搭載したアーケード筐体デザイン

3.5インチ液晶ディスプレイを搭載し、ジョイスティック型コントローラーとステレオスピーカーを一体化したアーケード筐体デザインを採用。TVモニターがなくても、これ1台でゲームを楽しめる。

どこでもゲームを楽しめるコンパクトサイズ

手のひらに乗るコンパクトサイズ(W108mm × D135mm × H162mm)で、重さはわずか390g。電源はUSBに対応、モバイルバッテリーから給電すれば、好きな場所でゲームを楽しめる。

いつでもセーブができる便利機能を搭載

ゲームのプレイ中に、いつでもセーブができる便利機能を搭載。「STARTボタン」と「SELECTボタン」を同時に押して、設定画面からセーブ&ロードが可能。

遊び方に合わせた豊富な入出力端子

TV出力してゲームを楽しむことができるHDMI端子や、外部コントローラーの接続端子(2個)に加え、ヘッドホン端子も用意。友達との対戦や協力プレイなど、遊び方に合わせて楽しめる。

NEOGEO系はちょっとマニアックだった思い出

子どものころ、私も格ゲーにハマった時代がありました。

当時はストⅡ(ストリートファイターⅡ)全盛期の頃で、学校が終わると100円玉握りしめて田舎のスーパーのゲームコーナーに自転車を飛ばしたものです。

100円なんてあっさりと3戦目のダルシムあたりで使い果たし、お兄さんのいるやたらゲーム上手の友人がバルログ相手に奮戦する様を憧れの目で見ていました。

そんな友人が進めてくれたゲームが「ワールドヒーローズ」や「餓狼伝説」、「キング・オブ・ザ・モンスターズ」、「サムライスピリッツ」などのマニアックな格闘ゲームたち。

なんというかこれを好んでやってる子どもたちって、上の兄弟がいたりして、ちょっと普通のゲームに飽きたややマニアック寄りの子どもだったんですよね。

ワールドヒーローズという名作(迷作)

「ワールドヒーローズ」ははっきりいってほとんどストⅡのパクリです。リュウ、ケンとほぼ同じ技・コマンドの服部半蔵と風魔小太郎というキャラがいて、私は主に半蔵を使っていました。

これ、その筐体の仕様なのか何なのか、コマンド入力の判定がストⅡよりもゆるかったんですね。なのでストⅡでは出せるだけでも尊敬された「昇竜拳」コマンドも割と簡単にできるので、ストⅡよりも長く勝ち進められるので、小遣いの少ない私たちにはものすごく有難かった。

めちゃくちゃ余談ですが、このゲームには「DIO」というキャラクターがいまして、まあ名前で既にお察しなんですが、見た目は完全に「バオー」で、セリフと設定は「ディオ様」と「カーズ」という、著作権など恐るるに足らぬというとんでもな作品です。


出典:https://plaza.rakuten.co.jp/913333/diary/200710180001/

負けると髪が坊主になる演出も斬新でした。

キング・オブ・ザ・モンスターズのお得感

怪獣が町で暴れる対戦プロレスゲームなんですが、HPみたいなものはあるものの、3カウント取られないと負けないので、ダウンしても何度か復活できるので何となくお得感がありました。

まあ、当時は子供なので気にしなかったですけど、よく考えるとダウン回数とか明確に決まってたんでしょうね。

怪獣同士の戦いなんで当然町がボンボン壊れていくんですが、これがまた爽快でした。

NEOGEOはお金持ちの子どもの家にしかなかった

そんなマニアックな格ゲーたちをいちはやく自宅でできたのがNEOGEOでした。

ゲーム本体が1万~2万円くらいで買えた時代。なんとこのNEOGEOは定価が6万円弱もしたんです。ソフトも3万円くらいしました。当時の物価を考えると恐ろしい価格設定です。

しかもできるゲーム自体がどちらかというと大人向けなので、上に兄弟のいるちょっとお金持ちの子の家にしかありませんでした。

私たちの中では

NEOGEO>>>>PCエンジンMEGA DRIVE>>ファミコン

の順で持ってると尊敬と憧れの対象でした。

そんな憧れのNEOGEOが1万2千円程度で手に入るって、なんというか当時を知る世代からするともの凄い価格破壊に感じます。ソフトも40本入ってるってヤバいです。

「100メガショック」への憧れを今

持ってる子の「そんた大したことないよ」的な雰囲気を装いつつもどこか誇らしげなあの感じを、自分も出してみたかったそんな大人たちのマニア心をくすぐる作りです。

加えてあえてのアーケード機を模したデザインがおさえるべきところをおさえています。そう、まさにあれを家に置いてみたかった。

ミニファミコンとかミニスーファミを見て「は?ぬるゲーしか入ってなくね?」と思った大人こそ買うべきゲームだと思います。

大人になった自分から、NEOGEOに憧れていた子どもの自分へ時を越えたプレゼントなんていかがでしょう?

別売り外部コントローラーは既に売り切れ、ということは本体にも相当な数の予約が入っていると思われます。

ミニファミコンなんかのケースを見ると発売すると高騰すると思われるので、早めの予約をおすすめします。

▼購入はこちら▼

Amazon SNK ONLINE SHOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!