思ったより簡単!ドメイン取得の方法【WordPress開始準備①】

ごきげんよう、バビです。

おしゃれなサイトやブログが簡単に作れる「WordPress」。

何から始めればいいの?という方のために設定方法なるべく分かりやすく解説していきたいと思います。

ドメイン取得とサーバーレンタルはどっちが先でもOKです。

WordPress開始までの流れ

WordPress開始までの流れとしては以下の4ステップです。

  1. ドメインを取得する
  2. サーバーを準備する
  3. ネームサーバーの設定
  4. WordPressインストール
  5. 「テーマ」のインストール

今回は1番のドメインの取得について説明します。

ドメインて何?

簡単に言うとこれから作るサイトのアドレスです。

「バビの雑記帳」でいうなら「shikamori-p.com」です。

「.com」以外にも「.jp」や「.net]といったものがあり、「.com」なら1,000円前後、「.jp」なら3,000円前後と、値段も違ってきます。

サーバーを準備してからでもいいんですが、ドメイン取得の申し込みをしてからのほうが流れがスムーズなので、最初に取得しておいたほうがいいと思います。

取得しなくてもいいけど・・・

サーバーレンタル時のサイトのURLもありますが、例えばwpxというサーバーだと「shikamori-p.wp-x.jp」という風に余計な文字が入ります。

サーバーを変えた場合にURLが変わることになりますし、SEO対策的にもよくないので、できればドメインを取得したほうがいいと思います。

どこで取得すればいの?

詳細は省きますが、一般に私たちがドメイン登録を行うには①「レジストラ(登録事業者)」から買う方法とレジストラから販売を代行している②「リセラー(再販事業者)」から買う方法があります。

WordPressでブログやサイトを作成している方に特に人気があるのは「お名前.com」というレジストラです。

価格が安く(「.work」であれば年間1円です。)、登録した個人情報を隠せる「whois情報代行」も最初の1年は無料でつけることができます。

なので、以降は「お名前.com」でのドメインを取得方法をご案内します。

「お名前.com」でドメインを取得する

まずは取得したいドメインを考えましょう。

1回取得すると容易には変えられないのでここで意外と時間がかかります。

決まったら↓から「お名前.com」のサイトを開きます。

サイトの一番上に使いたいドメイン名(当サイトでいうと「.com」の前の「shikamori-p」の部分)を入れて使えるかどうか検索してみます。

使える場合、「.com」や「.net」の下の□が空欄になっています。

「.com」を選ぶのが一般的ですが、「.work」や「.xyz」だからといってSEO対策的に大きな違いがあるわけではありません。

使いたいドメインを選んで「お申込みへ進む」をクリックします。

①登録年数を選択します。私はとりあえず1年にしています。

②「Whois情報代行」は絶対に「設定する」にしてください。後でしようとすると別途年間1,000円くらいかかることになります。

③以上2点を選択したら、「初めてご利用の方」にチェックを入れ、メールアドレスとパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

名前や住所など、必要事項を入力して「次へ進む」をクリック。

支払い方法の選択です。デフォルトはクレジットカードですが、下の「+その他の支払方法はこちら」を押すと

コンビニ払いや銀行振込も選択できます。

支払方法を選択して「申込む」をクリック。

受付完了画面になり、登録したメールアドレス宛にも登録内容が送信されています。

以上でドメイン登録は完了です。

これで世界にただ一つのあなたのサイトのURLが作られました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。