【2019年最新】おすすめノートパソコン18選!安いコスパ最強、軽い、ゲーム向けなどを値段・用途別に紹介。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

ごきげんよう、タワーPCがあるのにノートPCでブログを書いています。バビです。

  • 「ノートパソコンを買いたいけど、たくさんありすぎて何を買えばいいかよく分からない」
  • 「コスパの良いノートパソコンを買いたい」

という方は多いのではないでしょうか。

そんな方のために、このページでは、

  • ノートパソコンを選ぶときに気を付けたいチェックポイント
  • 予算や用途に合わせたおすすめのノートパソコン

についてまとめています。

スペックと値段のバランス考えたコスパの高いノートパソコンを厳選しました。

きっとあなたにぴったりのノートPCが見つかるはずです。

ノートパソコンを選ぶチェックポイント

ノートパソコンを選ぶ際に気を付けたいポイントは以下の4つです。

ノートPCを選ぶときのチェックポイント

CPU

「CPU」は簡単に言うとPCの頭脳にあたります。

一般的には「Intel(インテル)」製のCPUが主流です。

CPUでチェックすべきポイントは、「コア」と「スレッド」の数字。

「コア」は処理を行う本体に当たり、数が多いほど能力が高くなります。

「スレッド」は、同時に処理可能な作業の数のことで、同じく数が多いほど能力が高くなります。

最近は4コア(クアッドコア)以上を搭載した「Coreシリーズ」が主流

Core i3、5、7と、数字が大きいほど性能が高くなります。

大体の目安は下の表のとおりです。

目的OS
WEB閲覧
Officeなどの作業
動画視聴
Celeron Dual-Core
Intel Core i3
イラスト
動画編集
Intel Core i5
最新ネットゲーム
VR
4K動画編集
Intel Core i7
Intel Core i9

インターネットや文書作成をするくらいならCore i3までで十分ですが、長く使い続けるならCore i5以上を選んだほうがいいでしょう。

メモリ

メモリは、CPUが処理を実行するための作業スペースのこと。

メモリが大きいほど多くのソフトやタブを同時に立ち上げて効率的に作業ができます。

インターネットを見たり、動画サイトを見たりするくらいなら4GBくらいでも十分。

大体の目安は下の表のとおりです。

目的メモリ
WEB閲覧
Officeなどの作業
動画視聴
4GB~
イラスト
動画編集
8GB~
最新ネットゲーム
VR
4K動画編集
16GB~

できれば8GB以上は欲しいところです。

ストレージ(保存装置)

ノートパソコンの保存容量はストレージの大きさで決まります。

「HDD」や「ハードディスク」と呼ばれていましたが、最近は読み込み速度が速い「SSD」を搭載したモデルも増えています。

容量が大きくなればその分値段も上がり、HDDよりSSDのほうが高額。

写真や動画などを保存するのであればストレージに余裕があったほうがいいですが、USBなどでつなげる外付けHDD・SSDやクラウドストレージなどもあるので、うまく活用しましょう。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

外付けのほうが他のPCで使えたり、買い替え時の移行もしやすくて便利です。

サイズ/重さ

  • インターネットや文書作成にちょっと使うのか
  • 動画編集やゲームもするのか
  • 外に頻繁に持って出かけるのか

など、自分の使い方に合った適切なサイズを選びましょう。

一般的にノートパソコンのサイズが大きい方が内部パーツも大きくスペックの高いものを詰めるので、全体のスペックも高くなります。

画面とキーボードが大きい方が作業もしやすいですが、その分厚みが出たり、重くもなることもあるので、持ち運びする人は、厚みや重さなどにも注意しましょう。

14.5インチで、だいたいA4用紙と同じくらいのサイズです。

持ち運ぶなら14インチ以下のものがおすすめ。

1kg以下の軽量ノートPCもありますが、その分15~20万円ち値段は高くなります。

ノートパソコンはBTOがお得だけどメーカー製は高品質

「BTO」とは、Build To Orderの略称で、受注生産のこと。

ノートPCを買うなら、BTOメーカーからの購入が圧倒的にお得です。

なぜなら、自分の予算や使い方に応じて、好きな性能を足したり引いたりできるから。

しかも、大手メーカー製に比べて断然安いです。

例えば読み込みを速くしたいからHDDをSSDに変えたり、動画編集もやりたいからCore i3をCore i7に変えたり、レポートや仕事をしたいからMicrosoft Officeを追加したりといったことが、簡単にできてしまいます。

DELL、HP、Lenovo、マウスコンピューターなどが有名。

また、BTOのパソコンは、後で少しスペックを上げたいと思ったときに、パーツ交換がしやすいというメリットもあります。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

メモリやSSDなんかは、ただ新しいものを挿し直すだけなので、詳しくなくても簡単にできちゃいます。

一方で、大手メーカー製は、総合的なスペックと品質が高いというメリットがあります。

製品の安定性が高く、丈夫で軽量で薄型なものが多いので、仕事などで持ち歩いて使用する機会の多い人に向いています。

保証期間が最大5年など、購入後のサポートも充実しています。

値段別おすすめノートパソコン

とにかく安く 3万円台のノートPC

  • ちょっと家でインターネットしたいだけ
  • 資料やレポートの作成に使いたい
  • ときどき動画や音楽も楽しみたい

という人なら3万円台のノートPCでも十分満足できる製品があります。

ノートPC初心者の人は、とりあえずこれで慣れてからもう少しスペックの高いPCを買ってもいいですね。

DELL Inspiron 15 3000 スタンダード

価格36,081円(税抜)※2019/10/3現在
ディスプレイ15.6インチ FHD非光沢(1920×1080)
重さ約2.18kg
CPUCore i3-7020U(2.30GHz/3MB/2コア/4スレッド)
メモリ4GB(DDR4)
ストレージ1TB(HDD)
OSWindows 10 Home 64ビット

第7世代とはいえCore i3が入って3万円台はめちゃくちゃコスパがいいと思います。

これだけのスペックがあれば家で普通にネットや動画を楽しむには十分。

15インチ以上な上に重量があるので持ち運びには向きませんが、自宅の据置き機として使うなら何の問題もありません。

はじめてのPCで価格を抑えてスタンダードな性能を求める人におすすめです。

ドスパラ Altair(アルタイル) VH-AD3S 345

Altair VH-AD3S アルタイル VH-AD3S 3450
価格27,777 円(+税)※2019/10/3現在
ディスプレイ14.1インチ FHD非光沢(1920×1080)
重さ約1.36kg
CPUCeleron N3450(1.10GHz-2.20GHz/2MB/4コア/4スレッド)
メモリ4GB(LPDDR4)
ストレージ64GB(eMMC)
OSWindows 10 Home 64ビット

私もブログなどを書くときに使用しているノートPCです。

裏でYouTubeやAmazon Prime Musicで音楽を再生しながらいくつもタブを開いていますが、特に問題なく使えています。

ただ、画像を編集するソフトなどを使用すると、さすがにちょっと重いかなという感じです。

ストレージ容量が小さいので私は3千円くらいで買ったSSDを後付けしました。

ほぼ3万円で基本的な動作に問題はないので、下手な中古PCを買うよりいいと思います。

ASUS VivoBook E203MA

ASUS VivoBook E203MA
価格39,063 円(税込)※2019/10/3現在
ディスプレイ11.6インチ TFTカラー液晶 光沢( 1366×768)
重さ約1kg
CPUCeleron N4000(1.10 – 2.60GHz/4MB/2コア/2スレッド)
メモリ4GB(DDR4)
ストレージ64GB(eMMC)
OSWindows 10 Home 64ビット

こちらは11.6インチとやや小ぶりですが、軽くて持ち運んで使用するのに向いています。

スペック的にも資料やレポート作成、動画視聴などを行うのも問題なし。

デザインもおしゃれなので、外出先でカッコよく使いたいという人にもおすすめ。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

家用に1台ある人は外出用のサブ機にいいかも。

機能はそこそこ 5万円以下のおすすめノートPC

5万円以下でもノートPCとしてはまだまだかなり安い部類。

それでもこの価格帯になってくると、Core i-3+SSD搭載のものが購入できます。

動画や画像編集などをしない限り、かなり快適に使用できるスペックなので、普通に使用するならこの価格帯はおすすめです。

Lenovo Ideapad S340

価格
46,398円(税込)※2019/10/3現在
ディスプレイ14.0インチ FHD非光沢(1920×1080)
重さ約1.55kg
CPUCore i3-8145U(2.10GHz/2MB/2コア/4スレッド)
メモリ4GB(DDR4)
ストレージ128GB(SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

CPUをPentium Goldにすれば3万円台で買えてしまうノートPC。

第8世代のインテルCPU搭載で、この価格帯では文句のつけどころのないスペックと言えますね。

シンプルで使い勝手が良く、Dolby Audio®対応のステレオスピーカー内蔵なので動画や音楽を良い音質で楽しむこともできます。

この価格帯なら個人的に一番おすすめです。

HP 250 G7/CT Notebook PC

価格44,800円(+税)※2019/10/3現在
ディスプレイ15.6インチ HD(1366×768)
重さ約1.78kg
CPUCore i3-7020U(2.3GHz/3MB/2コア/4スレッド)
メモリ4GB(DDR4)
ストレージ128GB(SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

数量限定の東京生産ノートPCです。

スペック的にはLenovo Ideapad S340のほうがCPUの分上ですが、品質にこだわり日本で組み上げているという信頼感が魅力。

デザイン的にもマットなブラックなので、ビジネスシーンで活躍してくれそうな1台。

DELL Vostro 15 3000(3581)

DELL Vostro 15 3000(3581)ベーシックモデル(SSD搭載)
価格49,980円(税込)※2019/10/3現在
ディスプレイ15.6インチ HD非光沢(1366×768)
重さ約2.2kg
CPUCore i3-7020U(2.3GHz/3MB/2コア/4スレッド)
メモリ4GB(DDR4)
ストレージ128GB(M.2 SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

スペック的にはHP 250 G7/CT Notebook PCとほぼ同じですが、こちらはなんと電源ボタンに指紋認証リーダー付き。

さらにはTPM 2.0というハードウェアのセキュリティ機能を搭載。

仮にPCを盗まれて、中身のハードディスクだけ取り出しても、中身が暗号化されているためデータを読み取られる心配もありません。

ビジネスなどの利用でセキュリティに特に気を付けたい人に。

長く使える 10万円以下のおすすめノートPC

この価格帯になるとスペックがかなり高くなるので、スマホなどの他の機器と同期させて使用するなどのマルチな使い方が可能になってきます。

イラストなどの画像編集が可能になり、多少であれば動画編集も可能に。

普通にネットや文書作成などを行う人であれば、今後新しいPCが続々発売されても、数年は使い続けることができます。

HP Pavilion 15-cu1000

価格75,900円(税込)※2019/10/3現在
ディスプレイ15.6インチ フルHD光沢(1920×1080)
重さ約2.07kg
CPUCorei5-8265U(1.6-3.9GHz/6MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(DDR4)
ストレージ128GB(SSD)、1TB(HDD)
OSWindows 10 Home 64ビット

正直コスパ最強と言えるノートPCです。

第8世代のCore i5もそうですが、ストレージがSSDと1TBのHDDの2つなのは嬉しいですね。

SSDのほうにOSを入れて、データ保存を大容量のHDDで行えるので、かなり動作は軽くなるはず。

このスペックで7万円台は破格。

DELL Inspiron 14 5000(5583)

DELL Inspiron 14 5000(5583)
価格76,980円(税込)※2019/10/3現在
ディスプレイ15.6インチ フルHD光沢(1920×1080)
重さ約1.49kg
CPUCore i5-8265U(1.6-3.9GHz/6MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(DDR4)
ストレージ256GB (M.2 SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

同価格帯では、HPと同じくDELLもおすすめです。

こちらのストレージはSSDのみの256GB。

PC内にどれほどデータを保存しないのであれば、すべてSSDのこちらのほうが動作は速くなるはずです。

また、独自のDell Mobile ConnectでiOSやAndroidスマホと簡単いペアリングも可能。

あと、使えばわかりますがノートPCなのにテンキーがあるのは思いのほか便利です。

キャンペーンを利用すれば6万円台で購入できるので、チャンスを逃さないように。

マウスコンピューター m-Book J371SN-M2S2

マウスコンピューター m-Book J371SN-M2S2
価格96,984円(税込)※2019/7/30現在
ディスプレイ13.3インチ 4K-UHD光沢(3,840×2,160)
重さ約1.4kg
CPUCore i7-8550U(1.8-4.0GHz/8MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(DDR4)
ストレージ256GB(M.2 SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

13,3インチとA4サイズよりはやや小さめですが、Core i7とSSD搭載で10万円以下は本当に凄い!

ですが、残念ながら数量限定品だったため2019年10月時点では販売終了です。

残念ながら現在は同価格帯だとCore i5でも10万円超え。

マウスコンピュータはときどき数量限定でもの凄いコスパの製品を販売するので、タイミングが合えばおすすめです。

用途別おすすめノートパソコン

持ち運びにおすすめの軽くて薄いノートPC

軽量ノートPCは、やはり富士通や東芝、NECなどの大手メーカーが強いです。

1kg以下で、700g前後のものも!

ただし、値段は高めなので、買うなら型落ちの1世代前の機種がねらい目です。

軽いイメージのMacbook Airでも1.25kgですから、日本メーカーのスゴさが分かりますね。

富士通 LIFEBOOK WU2/C2

価格10万円~
ディスプレイ13.3インチ フルHD非光沢(1920×1080)
重さ698g~(Core i7、8GBメモリ選択時の平均値。13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして世界最軽量。)
CPUCore i5-8265U(1.8-4.0GHz/6MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(オンボード)
ストレージ256GB (SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

※スペックは参考仕様

1つ前のタイプですが、Core i5、SSD、メモリ8GBなど、スペックとしては十分以上です。

同サイズで世界最軽量700gそこそこしかないのは凄いですね。

軽くてもバッテリーは約11.5時間ももちます。

NEC LAVIE Hybrid ZERO

LAVIE Hybrid ZERO
価格9万円台~
ディスプレイ13.3インチ フルHD非光沢(1920×1080)タッチパネル
重さ831g
CPUCore i3-7100U(2.4GHz/3MB/2コア/4スレッド)
メモリ4GB(オンボード)
ストレージ128GB (SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

PCにもタブレットにもなる2 in 1PCです。

iPadが500g弱であることを考えると、800g台はかなりの軽さです。

ノートPCとタブレットの両方を持ち運ぶならこれひとつで事足ります。

MacBook Air

MacBook Air
価格11万円台~
ディスプレイ13.3インチ (2560×1600)
重さ1.25kg
CPUCore i5-8210Y(1.6-3.6GHz/4MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(オンボード)
ストレージ128GB (SSD)
OSMac OS X

持ち運びしやすさといえばMacBookを忘れてはいけません。

独自の機能やスペックの高さを保ちながらも軽量で、驚くべきはその薄さ。

なんと最大でも1.56cmしかありません。

これだけ薄くて軽ければ、みんなやたらとカフェに持ち込んで使いたがるのも頷けますね。

動画編集やネットゲームにおすすめのハイスペックノートPC

昔は動画編集やオンラインゲームは大きなデスクトップでしかできませんでしたが、最近はノートPCでもデスクトップに負けないハイスペックな製品が各メーカーから販売されています。

動画編集やオンラインゲームを楽しむなら、グラフィックボード(GPU)が搭載されているものを選びましょう。

長く使うことを考えると、CPUもCore i7、メモリは16GB以上は必要です。

Dell G3 15 プラチナ

価格12万円台~
ディスプレイ15.6インチFHD非光沢(1920×1080)
CPUCore i7- 9750H(2.6-4.5GHz/12MB/6コア/12スレッド)
メモリ16GB(DDR4)
ストレージ256GB (M.2 SSD)、1TB(HDD)
OSWindows 10 Home 64ビット
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650

なぜDELLはこれだけのハイスペックで値段を他より抑えられているのか不思議でなりません。

第9世代Core i7に16GBのメモリ、GTX1650と、タワーPCクラスのスペックで、同じくらいのタワーPCと値段もそれほど変わりません。

ところどころ施されたエメラルドブルーのカラーオプションもスタイリッシュです。

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5350

価格14万円台~
ディスプレイ15.6インチFHD非光沢(1920×1080)
CPUCore i7- 9750H(2.6-4.5GHz/12MB/6コア/12スレッド)
メモリ16GB(DDR4)
ストレージ256GB (M.2 SSD)、1TB(HDD)
OSWindows 10 Home 64ビット
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650

世界のプロゲーマーにも愛用されているゲーミングPC「G-Tune」のノートPC版です。

こちらもスペックには申し分なし。

ゲーマーやゲームクリエイターの愛用者が多いので、カスタマイズなどPCについて分からないことがあったときに情報を得やすいというメリットがあります。

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5350
マウスコンピューター

GALLERIA GCR1660TGF-E

GALLERIA GCR1660TGF-E
価格14万円台~
ディスプレイ15.6インチFHD非光沢(1920×1080)
CPUCore i7- 9750H(2.6-4.5GHz/12MB/6コア/12スレッド)
メモリ16GB(DDR4)
ストレージ512GB (M.2 SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660Ti

GALLERIA」は、BTOパソコンのドスパラのゲーミングPCです。

GALLERIAもやはりゲーマーの人気が高い製品。

こちらは同価格帯ながらGTX 1660Ti搭載です。

ドスパラPCはハイスペックのグラボが他よりいつも少しだけ安い印象がありますね。

クリエイティブでオシャレなおすすめノートPC

スペックはもちろんだけど、オシャレでカッコいいノートPCを使いたい!という人におすすめのノートPCです。

機能面でも便利なものが多いので値段を気にしなければ一番おすすめです。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

いつか買いたいと思いつつ、ジャンクが好きなのでなかなか買えませんw

MacBook Pro

MacBook Pro
価格14万円台~
ディスプレイ13.3インチ (2560×1600)
重さ1.37kg
CPUCore i5-8279U(2.4-4.1GHz/6MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(オンボード)
ストレージ256GB (SSD)
OSMac OS X

※スペックは参考仕様

おしゃれノートPCといえばMacBook Proといっても過言ではありません。

休日のスタバでカタカタしたければMacBookでなければならないというルールがあるとかないとか。(ありません。)

ただ、一般的な会社はWindowsなので、就職に備えてPCを買うような場合はおすすめしません。

どちらかというとクリエイティブな仕事や趣味に使用するのに向いているノートPCです。

Surface Book 2

Surface Book 2
価格20万円台~
ディスプレイ13.5インチ (3240×2160)タッチパネル
重さ1.5kg
CPUCore i5-8350U(1.7-3.6GHz/6MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(DDR3)
ストレージ256GB (SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

※スペックは参考仕様

こんなこというと怒られそうですが、iPad ProのWindows版がSurface Bookと考えると分かりやすいです。

キーボードの着脱によってノートPCにもタブレットにもなり、Surfaceペンでイラストなどの書き込みも簡単。

Surface Bookの凄いところは、「タブレットにキーボードをつけたもの」ではなくて、キーボードを接続すると完全にノートPCになってしまうこと。

価格も半端ないですが、それだけに超絶ハイスペックな製品です。

ASUS ZenBook 13 UX333FA

ASUS ZenBook 13 UX333FA
価格10万円台~
ディスプレイ13.3インチFHD光沢 (1920×1080)タッチパネル
重さ1.5kg
CPUCore i5-8265U(1.6-3.9GHz/6MB/4コア/8スレッド)
メモリ8GB(DDR3)
ストレージ512GB (SSD)
OSWindows 10 Home 64ビット

※スペックは参考仕様

数字だけ見るとMacBookよりもスペックが高く、軽量でデザインもオシャレなASUS ZenBookもイチオシです。

画面をディスプレイ枠の89%まで広げているため、他のPCに比べて圧倒的にスタイリッシュ。

値段もMacBookよりだいぶ安いし、個人的にはこっちのほうがいいんじゃないかと思ってます。

このノートPCの面白いところは、タッチパッドがテンキーにもなることろ。

ASUS ZenBook 13 UX333FA テンキー

発想が斬新な上にカッコよくないですか?

デザイン的には今最もスタイリッシュなノートPCといえるでしょう。

おすすめノートパソコンまとめ

値段、用途別におすすめのノートPCを合計18台紹介しました。

改めて紹介したノートPCの一覧をまとめてご紹介。

どうでしょう?探していたノートPCはありましたか?

価格とスペックのコスパでいえば、

  • ドスパラ
  • マウスコンピューター
  • DELL

がおすすめです。

加えてデザイン性も求める人は

  • HP
  • ASUS
  • MacBook(Apple)

などから探してみるのがおすすめです。

ノートPCは文字通りピンからキリまで多種多様なので、自分の好みや用途にあった製品が必ず見つかるはず。

迷ったらこのページの最初にあるノートパソコンを選ぶチェックポイントなども参考にしてみてください。

Amazonをいつでも安く買う方法

 


Amazonカードを持っていない人が、Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券を使わないともったいない

現金でチャージするだけで、最大2.5%ポイントが還元されます。

しかも今なら、初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中。

なんと還元率は最大20%以上ともの凄くお得です。

さらに、2020年6月30日までは対象商品であればキャッシュレス決済の5%還元受けることができます。

Amazonでセールでもないのにここまで安く買えるのは今だけです。

チャンスを逃さず欲しい商品をゲットしてください。

 

キャンペーンについて詳しくみる

 

今すぐエントリー

Amazonギフト券をチャージする

1,000円+最大2.5%ポイント還元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。