無料プラグインだけでサイトスピードを1.5倍高速化する方法【WordPress】


ごきげんよう、バビです。

サイトスピードが遅いと検索順位が下がるって知ってますか?

サイトスピード=ページの読み込みスピードのことです。

私のサイトのテーマ「SANGO」を開発されたサルワカくん先生のサイトを見ると、Googleの公式調査では、モバイルページでは以下の結果になったそうです。

  • 読み込みが1秒から3秒になると、直帰率は32%上がる
  • 読み込みが1秒から5秒になると、直帰率は90%上がる
  • 読み込みが1秒から6秒になると、直帰率は106%上がる
  • 読み込みが1秒から10秒になると、直帰率は123%上がる
参考 WordPressの高速化〜表示速度を上げる12の技〜サルワカ

ページを開いてから内容が表示されるまで時間がかかって、「おっそ!他のページ見よ!」ってなることありますもんね。

で、今回、私がこのWordPressサイトを、プラグインのみで劇的に高速化した方法をnoteで販売することにしました。

Googleはサイトスピードが遅いサイトの評価を下げている

ユーザビリティを重視するGoogleからすると、

サイトスピードが遅い=ユーザビリティが低い

と判断するようです。

2018年7月、Googleによるサイト評価の指標の一つにサイトの読み込みスピードが正式に加えられることになりました。

「速いサイトほど順位が上がる」ものではなく、「低速なページだけ評価が下がる」というもので、一定以上の速度ならそれ以上速くしても影響はないそうです。

つまり、「高速化」とまではいかなくても、サイトの脱低速は必須ということです。

無料プラグインだけで高速化できた

本来はファイルにプログラム・コードを書き込んだりしてサイトを高速化するのですが、WordPressの場合は、いくつかのプラグインを使うことで高速化することができます

私はこの方法で、プラグインだけで、Googleの「PageSpeed Insights」の評価を、

  • モバイル:99/100
  • パソコン:95/100

まで改善することができました。

何の対策もしてなかったときがこれ↓なんで劇的に改善しています

※本記事の「PageSpeed Insights」は旧版での画面・数値となっています。基準が厳しくなり、本記事の設定のみではここまでの数字は出なくなっています。
特にモバイルではGoogleアドセンスのあるページは30ちょっとしか出せません。

PageSpeed Insights(PCの速度)

PageSpeed Insights(モバイルの速度)

 

私のブログのスペックは以下のとおりです。

  • テーマ:SANGO
  • 記事数:195記事
  • サーバー:エックスサーバーX10

テーマやプラグインによってはここまで劇的な改善は難しいかもしれませんが、いくつも設定するので、どれかは当たってある程度高速化できると思います。

まずはご自身のサイトスピートを測ってみてください。

PageSpeed Insights

使用する無料プラグイン

先にネタバレしてしまうと、使用するプラグインは以下の5つです。
(サイトによっては使わなくていいものもあります。)

  • Autoptimize
  • Scripts To Footer
  • WP Fastest Cache
  • a3 Lazy Load
  • Compress JPEG & PNG images

いくつものサイトのプラグイン設定方法や解説を調べて、設定のON、OFFで影響があるかどうかを確認して私なりの設定に辿り着きました。

これに丸々1週間くらい使っているので、同じくらいの時間をかければほぼ同じ設定に辿り着けると思います。

時間を短縮されたい方だけ購入いただければと思います。

Autoptimizeの設定で、たぶん私しかやってない設定があるのですが、これで劇的に改善したので、ここもおすすめポイントです。

ちなみにプラグインには課金せずに無料で設定できます。

noteで続きを読む

この方法に辿り着くのになかなかの労力を使ったので有料にしています。

価格は500円です。

プラグイン自体には課金を行わないので、この500円だけで設定は可能です。

設定項目はいくつもあるので、何も対策をしていないサイトならどれかの設定で間違いなく効果が出ると思います。

Googleが正式にサイトスピードを評価対象としたことで、多くのサイトが対策に着手しています。

この波に乗り遅れないよう、今すぐ対策しましょう。

注意

テーマによってはこの設定を行うことでレイアウトが崩れたり、きちんと動作しなかったりすることがあるので、必ず1つのプラグインの設定が終わるごとにサイト表示などに問題がないか確認してください。

問題があればそのプラグインそのものか、設定の中にONにすることで影響を与える箇所があるということなので、プラグインを使わないか、影響する箇所を見つけてオフにするしかありません。

 

※設定方法について分かりにくい箇所があればお気軽にご質問ください。

ただし、同じ設定をしてサイトのレイアウトが崩れる、動作しない箇所があるなどの不具合が出た場合、問題箇所の特定まではお答えできかねるので、あらかじめご了承ください。

 

あと、設定項目が多い&細かいので、かなり長いです。覚悟してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。