Amazonのクリスマスプレゼント

THEO+docomo(テオプラスドコモ)とは?dポイントをためて投資できる!THEOと何が違う?


THEO(テオ)といえば、ほったらかしで資産運用できる話題のロボアドバイザー。

「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」は、そんなTHEOのdocomoユーザー向けの投資サービスです。

このページでは、

  • THEO+docomoは何が得なのか?
  • 普通のTHEOとは何が違うのか?

など、THEO+docomoについて分かりやすく解説をまとめました。

THEO+docomo公式サイト

1万円から簡単スタート

THEO+docomoはどんなサービス?

4分のこの動画が一番分かりやすいと思います。

THEOとは?

THEOの仕組み

まず「THEO」は、(株)お金のデザインが運営する、ロボアドバイザーと呼ばれる、おまかせ資産運用サービスです。

はじめるにはスマートフォンで5つの質問に答えるだけ。

最低1万円から年1%の手数料で、気軽にAIアシストによるプロレベルの資産運用を行うことができます。

THEOAIアシスト

THEOの特徴
  • 最低1万円からはじめられる
  • 年1%(税別)の手数料
  • 231通りからあなたの最適プランを提案
  • 世界中から最大30通種類のETFを購入
  • 自動リバランスで適正に資産配分

詳しくはこちら

THEO公式サイト

THEOとTHEO+docomoの違い

THEOを提携企業ユーザー向けにした資産運用サービスが「THEO+(テオプラス)」です。

docomoだけでなく「THEO+SBI証券」や「THEO+JAL」といったサービスもあります。

THEO+の資産運用の仕組みはTHEOと全く同じです。

なので、THEOとTHEO+docomoには機能や資産運用面に全く違いはありません。

ですが、THEO+docomoでは、更に+αでお得なサービスや機能を利用することができます。

THEO+docomoをはじめる

1万円から簡単スタート

THEO+docomoだけのお得なサービスや機能

THEO+docomoだけのお得なサービスや機能は、以下の4つです。

  1. 投資するとdポイントが貯まる(再投資も)
  2. dアカウントで初期登録もログインも簡単
  3. dカードでおつり積立ができる
  4. ドコモ口座と連携できる

順に見ていきましょう。

①投資するとdポイントが貯まる

投資するとdポイントが貯まる

ドコモユーザーなら運用資産1万円につき、毎月1.5ポイントもらえます(ドコモ以外の人は1ポイント)。

資産運用してポイントが貯まるんですから断然お得ですよね。

貯めたdポイントはスマホの買い替え時など様々な用途に使用できます。

更に、THEO+docomoとは別サービスですが、「ポイント投資」では、貯めたdポイントを使って資産運用することもできます。

「ポイント投資」とは

dポイントを運用ポイントへ移行して投資体験ができるサービスです。

アクティブコースとバランスコースの2種類から選ぶ形ですが、運用の仕組みはTHEOと同じなので、貯めたポイントの再投資に近いことができるわけです。

詳しくはコチラ

dポイント投資イメージ

②dアカウントで初期登録もログインも簡単

dアカウントとTHEOの連携で、初期登録の申し込みも運用開始後のログインもカンタンに行うことができます。

③dカードでおつりの積立ができる

dカードでおつり積立

おつり積立は、dカードで買い物したときに、設定した金額に対するおつり分の金額を自動的に積立投資してくれる機能です。

設定金額は100円と500円があります。

例えば350円のコーヒーをdカードで買ったとき、設定額500円なら150円を、設定額100円なら50円を設定した金融機関の口座から引き落として積立投資する機能です。

設定額500円で利用している方にお話をうかがうと、毎日のコンビニの支払いをdカードでするだけでも、月5千~1万円くらいにはなるそうです。

通常の積立投資と合わせて利用すれば自分でも気付かないうちに資産を増やすことができます。

④ドコモ口座と連携できる

ドコモ口座

ドコモ口座」とは、NTTdocomoの電子マネー(ウォレット)サービスのこと。

銀行口座からの積立投資を基本にする使い方が一番ですが、臨時収入などで少し入金額を増やしたいとき、わざわざ振込しなくても、ドコモ口座からワンクリックで入金することができます。

逆にちょっと今月はお財布がピンチというときには、THEOで運用中のお金の一部をドコモ口座に出金することもできます。

THEO+docomoをはじめる

1万円から簡単スタート

THEO+docomoとTHEOどちらがいい?

運用額に応じてdポイントがつくので、ドコモユーザーはTHEO+docomoを使用したほうが得だと思います。

ドコモユーザー以外の方でもdアカウントがあればポイントは貯められるので、無料のdアカウントを作成して運用を始めるのをおすすめします。

また、現在THEOを利用している方も、THEOのマイページから簡単にTHEO+docomoへの移行が可能なので、THEOを利用しつつポイントも貯めたいという方にもおすすめです。

まとめ

THEO+docomoの特徴をまとめると以下のとおりです。

THEO+docomoの特徴
  • 最低1万円からはじめられる
  • 年1%(税別)の手数料
  • 231通りからあなたの最適プランを提案
  • 世界中から最大30通種類のETFを購入
  • 自動リバランスで適正に資産配分
  • 投資するとdポイントが貯まる(再投資も)
  • dアカウントで初期登録もログインも簡単
  • dカードでおつり積立ができる
  • ドコモ口座と連携できる

THEO+docomoは、そのはじめやすさから少額でコツコツ積み立てている20代~30代のユーザーが多いのも特徴の一つです。

THEO自体、優秀なロボアドなので、ドコモユーザーでロボアド資産運用に興味のある方は、簡単にはじめられて入出金も簡単なので、まずはTHEO+docomoを試してみることをおすすめします。

THEO+docomoをはじめる

1万円から簡単スタート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。