63時間限定 タイムセール祭り 開催中!

Qi対応ワイヤレスモバイルバッテリーおすすめ3選|おすすめしない製品も紹介します。

7 min 2,804 views
Qi対応ワイヤレスモバイルバッテリーおすすめ4選

ごきげんよう。ワイヤレス充電にドハマり中のバビ(@shikamori_p)です。

iPhone12のスマホ本体にくっつくMagSafeの登場で、面倒なケーブルの抜き差しがいらないワイヤレス充電に注目が集まっています。

バビ

バビ

私もMagSafe充電やりたさにiPhone 12 miniを購入してしまいましたw

ものぐさな私は、家でのワイヤレス充電だけでは飽き足らず、外出先でもワイヤレス規格のQi認証を搭載したワイヤレスモバイルバッテリーを使用しています。

以前に比べると充電の出力も上がっているので、スマホを上に乗せるだけで急速充電が可能

もちろん有線ポートもついているので、普通にケーブルで有線充電もできて、複数のデバイスを同時に充電することもできます。

今後もどんどん進歩してより便利に、より簡単になっていくこと間違いなし。

このページでは、そんなワイヤレスモバイルバッテリーを選ぶポイントと使い方、おすすめの製品を紹介しています。

ワイヤレスモバイルバッテリー選びの参考にどうぞ。

Qi対応ワイヤレスモバイルバッテリーを選ぶポイント

ワイヤレスモバイルバッテリーを使っていて「これは大事」と思うポイントは以下の4つです。

  1. 自分の持っているデバイスに合った充電出力か
  2. ポートの種類と数
  3. ズレ防止の性能

自分の持っているデバイスに合った充電出力か

まずは充電速度を左右する充電出力がどのくらいか。

充電の出力はW(ワット)で表します。

今のところワイヤレスモバイルバッテリーでのワイヤレス充電の出力は最大で10W

W=V×Aなので、5V/2A(5V=2A、5V×2A)のように表記されている場合もあります。

そもそもワイヤレス充電をするためには、スマホなどのデバイスも「Qi(チー)認証」という規格に対応している必要があります。

また、ワイヤレス充電の出力が高くても、デバイス側が対応していないとその出力での充電はできません。

例えば主なスマホと対応わっと数を表にすると以下のとおりとなります。

15WiPhone 12/12Pro、Pixel5、Pixcel4/4XL、LG V50/V40 V30+/V30、LG G7/G8、Sony Xperia XZ3
10WiPhone 12mini、Xperia 1Ⅱ、Galaxy S10+/S10/S10e、S9+/S9、S8+/S8、Note10/9/8
7.5WiPhone 11/11Pro、iPhone 8以降
5Wその他Qi認証スマホ

例えばiPhone11の場合、ワイヤレス充電器が最大10W出力だとしても、受け取れるのは最大7.5Wなので、7.5Wでしか充電できません。

ワイヤレスモバイルバッテリーは、もちろん有線ポートもあって、有線のほうが出力は大きめ。

なので、普段はワイヤレス充電で、急ぎのときは有線で充電するような使い方ができるように、有線での最大出力も確認しておくといいでしょう。

②ポートの種類と数

ワイヤレスモバイルバッテリーとはいいますが、もちろん有線充電にも対応しています。

特にQi(チー)認証対応のスマホとワイヤレスイヤホンなど、複数デバイスを同時に充電したいようなときは、有線ポートの種類と数も重要です。

AUKEY PB-Y32とAnker PowerCore III 10000 Wireless

有名メーカー製であれば、少なくともUSB-AとUSB-Cがそれぞれ1つずつ設置されています。

充電したいデバイスの数、用途に合わせて選びましょう。

バビ

バビ

PD(パワーデリバリー)3.0、QC(クイックチャージ)3.0といった最新の急速充電規格に対応しているかどうかも重要です。

③ズレ防止の性能

使用していて意外と気になるのが、充電中のスマホ操作ができるかどうか。

ワイヤレス充電は意外と繊細で、ちょっとのズレで知らないうちに充電が止まってしまうことも。

これを防ぐために、ラバーのすべり止めをつけたり、スタンドタイプにしたりして、ズレを防ぐ工夫がされています。

AUKEY PB-Y32のすべり止め性能
Pic by AUKEY

個人的にはデバイスを乗せる面が全部ラバー加工されている製品のほうが、デバイスをしっかりグリップしてズレにくいのでおすすめです。

Anker PowerCore III 10000 Wirelessのラバーリング

Qi対応ワイヤレスモバイルバッテリーの使い方

ワイヤレスモバイルバッテリーでワイヤレス充電を始める方法は大体同じで、本体のどこかのボタンを押して、ランプが点いている間に、Qi認証対応デバイスを置けばワイヤレス充電が開始されます。

AUKEY PB-Y32のワイヤレス充電ランプ

スマホの場合、モバイルバッテリーに合わせるように縦に置いても、クロスするように横に置いても変わらず充電することができます。

AUKEY PB-Y32によるワイヤレス充電
AUKEY PB-Y32によるワイヤレス充電。横向き

ケーブルで繋げば複数デバイスを同時に充電することもできます。

AUKEY PB-Y32で複数デバイスを充電

有線で充電するときはボタンを押す必要はありません。

Qi対応ワイヤレスモバイルバッテリーおすすめ3選

おすすめは以下の3つの製品です。

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)AUKEY Basix Pro(PB-WL02S)Anker PowerCore III 10000 Wireless
外観
Qi出力10W10W10W
ポートUSB-C(PD3.0)
USB-A(QC3.0)
Micro-USB
USB-C(PD3.0,SCP)
USB-A(QC3.0)
USB-C(PD3.0)
USB-A(QC3.0)
有線出力20W22.5W18W
容量10,000mAh10,000mAh10,000mAh
重さ約202g約242g約243g
サイズ約 98.4×64.0×25.0mm約155×75×16mm約 152×68×19 mm
パススルー
※ワイヤレスのみ
その他スマホスタンド
低電流充電モード
スマホスタンドスマホスタンド

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)」は、AUKEYの10,000mAhコンパクトサイズのワイヤレスモバイルバッテリーです。

最大10Wでワイヤレス充電が可能。

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)はほぼカードサイズ

なんと、ほぼクレジットカードサイズというコンパクトさ。

全体的に丸みを帯びたフォルムで可愛らしく、ポーチやバッグに入れやすく持ち運びも便利です。

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)のポート、LED液晶

有線では、USB-C(PD3.0)で最大20WUSB-A(QC3.0)で最大18Wの高速充電を実現。

本体への充電はUSB-Cと、最近では珍しいMicro-USBが使用できます。

デジタル表示のLED液晶でバッテリー残量も一目で確認。

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)使用イメージ

ワイヤレス充電しながら、2つのポートで同時に3台のデバイスを充電することができます。

さらには引き出し式のスマホスタンドもあるので、充電しながら動画視聴やweb通話を楽しむのに便利。

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)スタンド使用

また、低電流モードも搭載しており、一部のスマートウォッチやワイヤレスイヤホンなど、通常充電できない低消費電力デバイスの充電も可能と、至れり尽くせり。

AUKEY Basix Pro Mini(PB-WL01S)は、ほぼカードサイズとコンパクトながら、他のモバイルバッテリー以上のスペックを持った最強のQi対応モバイルバッテリーです。

AUKEY Basix Pro Mini レビューはこちら

AUKEY Basix Pro(PB-WL02S)

AUKEY Basix Pro(PB-WL02S)」は、AUKEYの10,000mAh「スタンド式」ワイヤレスモバイルバッテリーです。

スペック的には先に紹介したAUKEY Basix Pro Miniとほぼ同じで、こちらはスマホを立てかけて充電する、ちょっと珍しいスタンドタイプ。

ワイヤレス充電の最大出力は10W

スマホを置く下部のフックは抱え込むように湾曲している上に、全面すべり止めのラバーが貼り付けられているので、ちょっとの衝撃でもズレることはありません。

出力ポートは、QC3.0対応のUSB-AとPD3.0対応のUSB-Cが1つずつ。

有線では、最大22.5Wでの急速充電が可能です。

AUKEY Basix Pro Miniと同じく、ワイヤレスと有線×2合わせて最大3台の同時充電が可能で、もちろんパススルー充電にも対応しています。

スタンドタイプの利点は、スマホをワイヤレス充電しているときに、いちいち覗き込まなくてもスマホの通知を横目で確認でき、そのままさっと操作ができること。

AUKEY PB-WL02使用イメージ

平置きのQiモバイルバッテリーだと、充電しながらの操作が難しいですが、AUKEY Basix Proはワイヤレス充電中もスマホがぐらつくことがないので、操作してもズレて充電が中断することがありません。

バビ

バビ

ワイヤレス充電しながらZoomなどのWEBミーティングを電池残量をきにせずスマートにできるのもいい感じ。

個人的にはAUKEY Basix Pro Miniのほうがコンパクトで好みですが、薄型でスタンドタイプのこちらもおすすめ。

好みと用途に合わせてチョイスするのが良いと思います。

AUKEY PB-WL02S レビューはこちら

Anker PowerCore III 10000 Wireless

Anker PowerCore III 10000 Wireless

Anker PowerCore III 10000 Wireless」は、Ankerの10,000mAhワイヤレスモバイルバッテリーです。

元々Ankerには、「Anker PowerCore Slim 10000 PD」というモバイルバッテリーがあって、そこにワイヤレス充電機能をプラスしたのがこの製品です。

表面はAnker特有の汚れにくく傷のつきにくいメッシュ加工で、中央にすべり止めのシリコンリングを設置。

ワイヤレス充電の最大値は10Wと高速。

Anker PowerCore III 10000 WirelessでiPhone 12 Proを充電

入出力可能なPD対応のUSB-Cポートと、出力のみ可能なQC3.0対応のUSB-Aを備え、有線でも最大18Wで急速充電することができます。

Anker PowerCore III 10000 Wirelessのポート

もちろんワイヤレス充電をしながら2つのポートでの有線充電も可能。

ワイヤレス×1、有線×2で同時に3台のデバイスを充電することができます。

Anker PowerCore III 10000 Wirelessでデバイス3台を充電

おまけ的な機能としてスマホスタンドになるフックもあり、ワイヤレス充電しながらは使えませんが、有線で充電しながら電池残量を気にせず動画を楽しむことができます。

Anker PowerCore III 10000 Wirelessはスマホスタンドになる

Anker PowerCore III 10000 Wirelessは、充電性能はもちろん、Anker独自の多重保護システムで安全性も高いワイヤレスモバイルバッテリーに仕上がっています。

Anker PowerCore III 10000 Wireless レビューはこちら

あまりおすすめしないワイヤレスモバイルバッテリー

逆に実際に使ってみて、あんまりおすすめしないワイヤレスモバイルバッテリーもご紹介しておきます。

AUKEY PB-Y32

AUKEY PB-Y32」は、AUKEYの10,000mAhワイヤレスモバイルバッテリーです。

AUKEY PB-Y32

ワイヤレス充電の最大出力は10W

デバイスを置く表面は全面シリコン素材でデバイスをしっかりグリップしてくれます。

側面と裏面はAppleのスペースグレイに似た色のアルミ素材なので、デザインもスタイリッシュ。

AUKEY PB-Y32の裏面

出力ポートは、QC対応のUSB-AとPD対応のUSB-Cで、どちらも最大18Wでの急速充電が可能です。

AUKEY PB-Y32のポート

モバイルバッテリー本体を充電する入力側はUSB-Cと、最近では珍しいMicro-USBの2つ。

ワイヤレス充電しながらでも有線充電できるので、最大3台のデバイスを同時充電することができます。

AUKEY PB-Y32使用例

また、一部のスマートウォッチやワイヤレスイヤホンなど、通常充電できない低消費電力デバイスも充電できる低電流(60mA未満)充電モードも搭載。

ただ、

  • 記載のスペックとUSB-Cの出力が異なる
  • USB-Cの規格に準拠していない
  • Xperia1Ⅱの充電がめちゃ遅い

というデメリットがあるのがマイナスポイント。

値段も高いです、AUKEYのQi認証対応のモバイルバッテリーは先にあげた AUKEY Basix Pro と AUKEY Basix Pro miniがあるので、あえて購入する理由はないと思います。

AUKEY PB-Y32 レビューはこちら

NATIVE UNION JUMP+ WIRELESS POWERBANK

JUMP+ WIRELESS POWERBANK(ジャンプ ワイヤレス パワーバンク)」は、イギリスのガジェットブランドNATIVE UNIONのデザイン性の高さが魅力のワイヤレスモバイルバッテリーです。

JUMP+ WIRELESS POWERBANK (MAISON KITSUNÉ EDITION)

基本的なデザインは上のブラックですが、私が使っているのはファッション・ライフスタイルブランドの「MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)」とコラボしたコチラ↓のデザイン。

JUMP+ WIRELESS POWERBANK (MAISON KITSUNÉ EDITION)

デザイン性では間違いなくNo.1のワイヤレスモバイルバッテリーです。

AnkerやAUKEYに比べると大きくて重いですが、バッテリー容量も12,000mAhと大きめ。

全面シリコンでおおわれていてグリップ力があるため、サイズの割に手になじみやすい作りになっています。

もちろんデバイスを置いてもズレにくく、大きい分安定感もあります。

ただ、ワイヤレス充電の出力は5Wと、他に比べるとやや遅め。

JUMP+ WIRELESS POWERBANK (MAISON KITSUNÉ EDITION)でAndroidスマホを充電

ポートはQC3.0対応のUSB-A(出力)と、PD対応のUSB-C(入出力)の2つを搭載。

JUMP+ WIRELESS POWERBANKのポート

ワイヤレスと合わせて3台のデバイスを同時充電できます。

パススルー充電にも対応していて、デザイン性が高いので、そのまま卓上ワイヤレス充電器と併用してもいいかも。

JUMP+ WIRELESS POWERBANK (MAISON KITSUNÉ EDITION)の使用イメージ

大きいし、ワイヤレス充電は遅いしで機能的にはおすすめしないんですが、デザインがめちゃくちゃカッコいいので、デザイン全振りなら買う価値はあります。

NATIVE UNION JUMP+ WIRELESS POWERBANK レビューはこちら

おすすめのQi対応ワイヤレスモバイルバッテリーまとめ

おすすめのワイヤレスモバイルバッテリーをご紹介しました。

「ワイヤレスモバイルバッテリー」とはいうものの、有線での出力は通常のモバイルバッテリーと変わりません。

違いは、ワイヤレス充電できることと、サイズが一回り大きいこと。

私は仕事にもワイヤレスモバイルバッテリーを持っていって、仕事中はデスクに置いているんですが、スマホをポンと置くだけで充電できるのは本当に便利です。

バビ

バビ

ケーブルの抜き差しもいらないし、そもそも持ち歩く必要もないので、めっちゃ楽。

スマートに充電したい人にも、ずぼらな人にもおすすめです。

3 件のコメント

  1. 初めまして
    記事内の「Qi対応ワイヤレスモバイルバッテリーの使い方」のところで

    製品によっては、そのまま置くだけで充電が開始されるものもあります。

    の一文がありました。
    まさに今このような商品を探しているのですが、見つけられません。
    良ければボタン操作不要でワイヤレス充電できるモバイルバッテリーの商品名を教えていただけないでしょうか?

    • >がんたろう様

      はじめまして。
      残念ですがメジャーなメーカー製の製品では、ボタンを押して充電が始まるものしかありません。
      単純に常にオンの状態だと危険だからです。
      以前はボタンなしで、振ってスイッチがオンになる製品、危険だけどそのまま置いて充電できる怪しい製品などもありましたが、現在はボタン式が主流のようです。
      誤解を与える表現でしたので、修正いたします。

      • なるほど、そうなんですね
        理解しました
        ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。