プライムデー

仮面ライダージオウ第30話 電王ファンから見たネタバレ感想「2019:トリニティはじめました!」


ごきげんよう、電王ファンのバビです。

仮面ライダージオウ30話のネタバレ感想です。

EP30は、引き続き仮面ライダーブレイド回!

白ウォズは今回でお別れ。

そして、ジオウトリニティ登場です!

前回のネタバレ感想はこちら
仮面ライダージオウ第29話 電王ファンから見たネタバレ感想「ブレイド・ジョーカー!?2019」

仮面ライダージオウ EP30「2019:トリニティはじめました!」あらすじ

2019年4月7日放送

 剣崎(椿隆之)によると、仮面ライダーブレイドと仮面ライダーカリスはジョーカーと呼ばれる存在で、互いに引かれ合い、遭遇すると戦うしかないという。そして決着がつき、ジョーカーが一体になった時、世界は滅びるとか。どうやら白ウォズ(渡邊圭祐)は、カリスが守ってきた天音(梶原ひかり)をアナザーブレイドに変えてカリスを動かし、ブレイドと戦わせ世界を破滅に追い込もうとしているらしい。

とにかくブレイドとカリスの戦いを止めるしかない。ソウゴ(奥野壮)らは、アナザーブレイドが写真スタジオを襲っていたことを思い出し、カリス=始(森本亮治)が写真家としてとある山荘にいることを突き止める。

ソウゴらが山荘にたどり着くよりも早く、天音が始の元へとやってきた。しかし、剣崎も現れると、二人はブレイドとカリスに変身し激突する。天音の「やめて!」の声でいったんは戦いをやめたものの、白ウォズが再び天音をアナザーブレイドに変えてしまい…!

ようやくソウゴらが到着するが、時すでに遅く、ブレイドとカリスを攻撃したアナザーブレイドはカリスとジョーカーの力を吸収していた。白ウォズはソウゴらの前で「ジョーカーの力が、今ひとつになった」と世界の破滅が近いと勝ち誇るが、ソウゴは白ウォズが目指す未来を捨ててしまったことに怒りをぶつける。勝手に未来を決めつけるな、今を生きている俺たちが作り出すのが未来なんだ、と。

一方、ゲイツ(押田岳)と黒ウォズ(渡邊圭祐)は、ライダーゲイツとライダーウォズに変身するが、パワーアップしたアナザーブレイドに苦戦。それでもゲイツは過去のわだかまりを捨てウォズと力を合わせ、アナザーブレイドに向かっていく!

ソウゴの言葉に心動かされた白ウォズは、ジオウⅡウォッチとゲイツリバイブウォッチから生み出されたトリニティウォッチをソウゴに手渡す。ライダーゲイツ、ライダーウォズと合流したジオウは、トリニティウォッチを発動。3人が一体化し仮面ライダージオウトリニティが誕生する。

ジオウトリニティは3人の力を合わせ、アナザーブレイドを攻略。撃破された天音からブレイドウォッチとカリスウォッチがこぼれ落ちる。ソウゴはウォッチを剣崎に返そうとするが、剣崎は「ジョーカーの力を封印できたかもしれない」とウォッチをソウゴに譲ってくれた。

黒ウォズに「彼なら面白い未来をつくれそうだ」とソウゴを評価する白ウォズ。スウォルツに気をつけろと警告すると、静かに消滅していく。2人のウォズが存在することはできない、それが「オーマの日」の定めでもあった。

ソウゴとゲイツの前に現れた大樹(戸谷公人)は、2068年の世界にいるオーマジオウとソウゴらを対面させる。
「お前が手に入れていない力はあと6つ。すべてのウォッチを集めるのが王への道…。覇道へと繋がる道しるべだ」
オーマジオウの言葉にソウゴとゲイツは表情を硬くして…。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/story/?30

 

仮面ライダージオウ EP30 予告動画

仮面ライダージオウ EP30 ネタバレ感想

お?黒ウォズの語りがない。

こうして見ると、今回はブレイドの正統続編とも言えるよね。

ああ、黒ウォズ後で出るパターンなのねw

 

剣崎さん、口からなんか緑の出てるけど。

仮面ライダージオウ EP30:クジゴジ堂

てか、いい大人なんだから口元ふこうか。

剣崎「これは俺たちの問題なんだ!」

いやいや、世界が滅びるとかそういう話なんだったら2人だけの問題じゃなくない?

 

ゲイツ「俺は今のジオウがどんな未来を創るのか楽しみになっている。いや、ジオウだけじゃない。それは俺自身の未来でもある。」

ゲイツがこういう感じに変わったの凄い好き。

 

おじさんが新年度だからソウゴにどうするのか聞いてんのにまた王様になるとか言ってるし。

せめてバイトしてほしいおじさん。

歴代ライダーも基本ふらふらしてる人ばっかりだもんなぁ。

 

始さんも頬汚れてるよ。

剣崎も始ももうちょっと綺麗にしとこうよ。

そんで、運命がどうとか言ってないで別に戦わなかったらいいじゃんね。

 

そっか、アナザーブレイドがブレイドとカリスの力を吸収して3つを1つにしたから、ジオウもトリニティになるのか。

白ウォズの望んだ未来が訪れないって、白ウォズの存在が矛盾するじゃんね。

ソウゴ「あきらめんなよ。勝手に未来を決めつけるなって言ってるんだよ!決められた未来なんてない。今を生きてる俺たちが創り出すのが未来なんだ!」

白ウォズ「魔王、分かっているかな?私は君の敵だよ。」

ソウゴ「分かってるよ。だから、最後の最後までもがいて、俺たちを苦しめればいいじゃん。」

ソウゴが白ウォズにげきを飛ばすのいいね。

こういうところは王様の器って感じがする。

 

ゲイツ「ジオウと共にまだ知らない未来を創るのも悪くない。奴と俺たちとでな。」

今回ゲイツのデレが凄いよね。

 

トリニティウォッチってそうやってできるの?

白ウォズ今は仮面ライダーなれないけど、そこから出てくんのかよ。

てっきり3人のウォッチからできるのかと思った。

 

出た!トリニティ!

電王のてんこ盛りの感じと一緒!

ウォズ「祝え!どうやら3人のライダーの力が結集し、たぶん、未来を創出する時の王者。その名も仮面ライダージオウトリニティ。きっと、新たな歴史が創生された瞬間である。」

もう本にも書いてないからかなり曖昧www

しかし、デザインがあんまりかっこよくない…。

 

おお、ブレイドとカリスの力がジョーカーと一緒にウォッチに移ったから、2人はもうライダーにならないし、争わなくていいのか。

ある意味今回でブレイドの真の最終回ともいえるのかもね。

 

トリニティになることが新たな逢魔の日になったらしい。

なるほど、ディエンドが本当に欲しかったのは例の白ウォズの便利ノートだったわけね。

本来の逢魔の日とは別の未来に進んだはずなのに、オーマジオウがまだいる。

あと、手に入れてない6つのライダーウォッチって、今後そのエピソードも全部やるってことか?

その中には電王ウォッチも!!

やっぱり劇場版で手に入らなかったのはTVシリーズでもやるためだったのかな。

できればまたディケイド、ディエンドとの絡みも見たい。

見逃した仮面ライダージオウを見るなら

仮面ライダージオウの見逃し配信をしているのは、「ビデオパス」だけです。

ビデオパスはauの動画配信サービスです。

もちろんau以外の人も利用できます。

月額562円(税抜)ですが、最初の30日間は無料で、ジオウ以外にも人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本見放題。

平成ライダーもクウガからドライブまで見放題です!

また、毎月付与される540円相当のコインで新作をレンタルすることもできます。

更に凄いのは、ビデオパス会員になると、auユーザーだけの映画の割引「シネマ割」が使えるようになるんです!

シネマ割の内容は以下のとおり。

auシネマ割

動画配信サービスだとHuluとかNetflixなんかが有名なのであまり馴染みがないですが、600円くらいでこれだけお得な動画配信サービスは他にないです。

ジオウを含めて平成ライダーを見るなら断然「ビデオパス」をおすすめします。