仮面ライダージオウ第40話 電王ファンから見たネタバレ感想「2017:グランド・クライマックス!」


ごきげんよう、電王ファンのバビです。

仮面ライダージオウ40話のネタバレ感想です。

EP40はEP39に引き続き、仮面ライダー電王編!!

なんと、てんこ盛りも登場!

 

放送終了後ネタバレ感想更新予定です。

 

前回のネタバレ感想はこちら
仮面ライダージオウ第39話 電王ファンから見たネタバレ感想「2007:デンライナー・クラッシュ!」

仮面ライダージオウ EP40「2017:グランド・クライマックス!」あらすじ

2019年6月23日放送

 ソウゴ(奥野壮)はモモタロス(声・関俊彦)から、最強の力・グランドジオウウォッチを受け取るが、ソウゴを“世界を破壊する魔王”と言い張る侑斗(中村優一)が阻止。ソウゴはウォッチをモモタロスに取り返されてしまう。

ソウゴらはユキヒロ(重徳宏)から、今は亡き恋人の弟・タクヤ(後藤大)がユキヒロを恨み、アナザー電王となってしまった事情を聞く。そのきっかけとなった過去は2017年。ゲイツ(押田岳)、ウォズ(渡邊圭祐)、そしてモモタロスはタイムマジーンで2017年の世界へと飛ぶ。

ゲイツらと別行動をとったソウゴは、アナザー電王が現れた2017年の世界で当時のタクヤと会い、ユキヒロの思いを説明しようとするのだが…。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next

 

仮面ライダージオウ EP40 予告動画

仮面ライダージオウ EP40 ネタバレ感想

放送終了後更新!

見逃した仮面ライダージオウを見るなら

仮面ライダージオウの見逃し配信をしているのは、「ビデオパス」だけです。

ビデオパスはauの動画配信サービスです。

もちろんau以外の人も利用できます。

月額562円(税抜)ですが、最初の30日間は無料で、ジオウ以外にも人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本見放題。

平成ライダーもクウガからドライブまで見放題です!

また、毎月付与される540円相当のコインで新作をレンタルすることもできます。

更に凄いのは、ビデオパス会員になると、auユーザーだけの映画の割引「シネマ割」が使えるようになるんです!

シネマ割の内容は以下のとおり。

auシネマ割

動画配信サービスだとHuluとかNetflixなんかが有名なのであまり馴染みがないですが、600円くらいでこれだけお得な動画配信サービスは他にないです。

ジオウを含めて平成ライダーを見るなら断然「ビデオパス」をおすすめします。