名探偵コナン 水平線上の陰謀【作品データ】

「水平線上の陰謀」基本データ

タイトル名探偵コナン 水平線上の陰謀
(めいたんていコナン すいへいせんじょうのストラテジー)
公開日2005年4月9日
上映時間107分
興行収入21億5000万円
キャッチコピー「忘れはしねぇよ、オマエのことだけは…」
「オマエを、絶対に守る」
監督山本泰一郎
脚本古内一成
主題歌/歌手夏を待つセイル(帆)のように / ZARD

・コナン映画第9作。

・劇場版では唯一、小五郎が自力で犯人にたどり着き、犯人を追いつめる作品。

・新一と蘭の小学生の頃のエピソードが語られる。

「水平線上の陰謀」登場人物

後日更新

「水平線上の陰謀」あらすじ

園子に招待された豪華客船「アフロディーテ号」で園子が拉致・監禁され、その後、八代造船の社長・八代貴江が何者かに刺殺され、会長の八代延太郎も行方不明になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です