うさぎにぶどうやレーズンはあげてはダメ!急性腎不全になる可能性があります。

以前バナナは危険との記事を書いたのですが、今回は秋の味覚ぶどうについてまとめてみたいと思います。

結論から言うと、ぶどうをあげると、うさぎによっては死ぬかもしれないのであげるべきではありません。

この記事では、なぜうさぎにぶどうをあげてはいけないのか、その理由について解説します。

急性腎不全になる可能性がある

2001年頃から犬がぶどうを食べたことで急性腎不全を起こす例が、世界各地で散見されています。

中にはそれによって死亡するケース

参考体重2.5kg のマルチーズが、種なし小ブドウ約70グラムを食べて急性腎不全で死亡した事例

ただ、症例自体が非常に少ないため、具体的に何が原因なのか詳しくは分かっていません。

巨峰やマスカットなど、ぶどうの種類による違いなども不明で、同じ犬種の犬が同じ量のぶどうを食べても中毒を起こさないことも多く、犬の個体差や特異体質的なものである可能性が高いと思われます。

この犬の例から、猫やうさぎでも同様のケースがあり得るとして、ぶどうは危険だと結論付けられている状況です。

(猫でもぶどうによる急性腎不全の症例があります。)

鳥取県にある加藤どうぶつ病院さんのサイトでは、1例だけですがぶどうのあげすぎが原因と思われる腎障害、貧血、食欲不振になったうさぎを診たことがあるそうです。

参考 ぶどうを食べさせてはいけません。加藤どうぶつ病院

また、こちらのサイト(https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=14519)では過去の症例から、体重1.5~2㎏程度のチワワなどの小型犬の場合、巨峰1粒、デラウェア3粒から中毒の危険性があるとか書かれています。

ということは、小型犬よりも小さいうさぎの場合は、それ以下の量でも中毒になる可能性があるということです。。

ぶどうがうっ滞の原因になることもある

運良く中毒症状が起きなかったとしても、ぶどうの糖質をとることでうっ滞や鼓張症が起きやすくなる可能性もあります

以下の表のとおり、ぶどうはバナナの次に糖質が高い果物。

出典:https://diamond.jp/articles/-/14958?page=3

この表の数値は、およそ10粒での値なので、1粒をたまにあげる分にはすぐに危険ということはないでしょう。

糖質=炭水化物は、生き物にとって必須の栄養素です。

ですが、牧草やペレットにも糖質は含まれていて、うさぎにとってはこれだけで十分な量の糖質を摂取できています

糖質を過剰に摂取すると、腸内細菌がその糖質を分解するために異常発酵を起こし、消化不良を起こして、腸炎やうっ滞、腸性毒血症の原因となることがあります

特に高齢になったうさぎは、若い頃に比べると消化機能も低下しており、うっ滞などの症状を起こす可能性が高くなるためさらに注意する必要があります。

MEMO

昔は果物は少量与えてもいいと言われていましたが、最近は、バナナに限らず果物全般の糖質がうさぎには良くないという見方に変わってきています。

ぶどうは水分量も多いので、たくさん食べると糖質と水分でお腹を壊しやすくなったり、また、糖分で虫歯になりやすくなる、とも言われています。

尿結石になりやすくなる

ぶどうやレーズンを大量摂取すると、結石の原因となる「シュウ酸カルシウム」が形成されやすくなります。

ただし、これも一定期間に大量摂取した場合です。

普通はうさぎに毎日何粒もぶどうなどを食べさせるなんてことはしないと思うので、これについてはそこまで気にする必要はないでしょう。

https://shikamori-p.com/rabbit/wp-content/uploads/2019/08/fukuusagi-icon1.jpg

尿結石はアルファルファのほうがよほど危険な気がします。

まとめ

うさぎにぶどうやレーズンなどをあげてはいけない理由を簡単にまとめると以下のとおりです。

  1. 急性腎不全になる可能性がある
  2. うっ滞の原因になることもある
  3. 尿結石になりやすくなる

犬にはじまり、猫でもぶどう・レーズンの中毒症が確認されています。

具体的な発症のメカニズムが解明されていないため、どのうさぎがどのタイミングでぶどう中毒(急性腎不全)を起こすかが分かりません。

その意味ではバナナよりも危険な果物と言えるかもしれません。

腎臓は一度傷付くと、本来の働きをしなくなる部分が出てきてしまい、その働きが弱まってしまう臓器です。

ぶどう以外にも、うさぎも喜んで体にも良いおやつはたくさんあります。

例えば乾燥した青パパイヤ青マンゴーなどがおすすめです。

この2つにはブロメラインという酵素が多く含まれていて、この酵素が飲み込んだ毛のたんぱく質を溶かしてくれるので、毛球症対策になります。

それから「うさぎのチカラ」や乳酸菌サプリなどのサプリ系のおやつもおすすめです。

好き嫌いはありますが、どちらも喜んで食べるうさぎさんは多いですし、必要な栄養がたくさん入ったサプリです。

どのおやつもうさぎは喜んで食べるものばかりなので、わざわざぶどうを選んであげる必要はありません。

うさぎは自分で食べ物を選ぶことができません。

できれば健康で長生きしてくれるようなものをあげるようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です