Amazonポイント3,000獲得のチャンス!

Googleサイトリンクに謎のページが出ているときの対処法


ごきげんよう、バビです。

先日、自分のサイト名で検索してみたところ、Googleから意地悪をされているのか、サイトリンクがこのような表示になっていました。

うただ☆ひかり(@hikari_utada)さんも同じ症状になっていらして、他の人はどうだろうと、同じSANGOユーザーの私のページを検索してご連絡をいただきました。

「Part 1505738821」って何でしょうか?

現在は改善されたの、そのときに行った対処法をご紹介します。

自分のサイト名で検索なんてしないので、全く気が付かなかった…
注意

現在は改善されていますが、検索エンジンのクロールの設定を変えるので、検索結果へ影響がないとも言い切れません。

くれぐれも自己責任で行って下さい。

サイトリンク表示がおかしい症状と原因

クリックすると何が表示されるかというと、普通にトップページが表示されます。

どこをクリックしても同じです。

URLはこんな感じで、”サイトURL/?page=数字“という構成になっています。

「?page=」以降の数字を変えても、アルファベットにしてもトップページが表示されました。

サーバーはエックスサーバーで、テーマはSANGOを使用しています。

私はキャッシュ系のプラグインとして「WP Fastest Cache」を使用しているので、これが原因の可能性が高そうです。

使っている高速化プラグインはこちら
無料プラグインだけでサイトスピードを1.5倍高速化する方法【WordPress】

推測ですが、キャッシュ生成されたページをGoogleの検索botがクロールしたのではないかと。

原因を特定するよりも、クロールの設定を変えたほうが速そうなので、Search Consoleの設定を変更しました。

クロールの設定を変更する

以降の手順は

旧版のサーチコンソールで解説しています。

新しいほうをお使いの場合は、旧版に戻してください。

Google Search Consoleを開いて「クロール」→「URLパラメータ」を開きます。

URLパラメータ」のページが開きます。

この中でパラメータが「pege」となっているのが、謎のリンクです。

右側の「編集」をクリックします。

ポップアップ画面が開きます。

最近クロールされたURLの例」を見てみると、「?page=~」が並んでいます。

上の「このパラメータで、ユーザーに表示されるページ コンテンツが変化しますか?」で、「はい:ページ コンテンツを変更、並べ替え、または絞り込みます」を選びます。

表示が切り替わるので、「このパラメータがページのコンテンツに与える影響を選択してください。」で「その他」を選択します。

次にその下の「このパラメータを含むURLのうち、GooglebotでクロールするURLを選択してください。」の「クロールしない」にチェックを入れて「保存」を押します。

「URLパラメータ」の画面に戻って、「page」の設定が変更されているのが確認できます。

さいと

これでGoogleは”サイトURL/?page=数字“のページをクロールしなくなるので、そのうちサイトリンクからも消えます。

このまま待っていてもいいのですが、しばらく表示され続けるのも気持ちが悪いので、現在表示されているページを表示されないようにします。

インデックスから削除する

同じくサーチコンソールの「Googleインデックス」から「URLの削除」を開きます。

URLの削除」の画面が開くので、「一時的に非表示にする」をクリックします。

下にURLの入力欄が表示されるので、謎のページを開いてURLをコピペして、「続行」をクリックしてください。

画面が切り替わるので、「リクエストタイプ」を「検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する」にして「リクエストを送信」をクリック。

この作業を、サイトリンクに表示されている謎ページ1つ1つ繰り返していきます。

登録してしばらくは「保留中」となっていますが、数時間すると「削除されました」に変わって、サイトリンクから消えてます。

この設定を行ってから数日後

謎ページが出てくるたびにURLの削除を行ったので、現在はサイトリンクの表示は改善されています。

検索結果に影響も出ていないので、今のところ問題ないと思われますが、念のためしばらくは様子を見ていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。