iPhone 15 Proチタン素材を楽しみたい人におすすめのクリアケース&バンパー(フレームレスケース)

本記事は広告・アフィリエイトプログラムにより収益を得ています。

ついに発表されたiPhone 15シリーズ。

今回はコネクタがLightningからUSB-Cに変更されたことで注目を集めましたが、それ以上に注目されたのがiPhone 15 Pro(Max)で本体素材に採用されたチタニウム。

これまでのステンレススチールと比べて軽いため、iPhone 15 Proは14 Proに比べておよそ10%軽くなりました。

また、ステンレススチールと比べるとサビに強く、酸化皮膜自体が発色するため塗装が剥がれるような心配もありません。

(実はステンレススチールよりも傷付きやすくはあるのですが…。)

カラーバリエーションのネーミングも

①ナチュラルチタニウム、②ブルーチタニウム、③ホワイトチタニウム、④ブラックチタニウム

と、すべて〜チタニウムになっています。

特によりチタンの素材感を感じられるナチュラルチタニウムが人気で、iPhoneに興味なくてずっと古い機種を使っていた知人も予約購入するほど。

そんなチタニウムの素材感を楽しむなら、やっぱりケースなしの裸が一番なのですが、万が一にも落として傷付けたりするのが怖い。

なので、クリアケースを購入することにしました。

Apple純正のクリアケースが一番だとは思うのですが、それだとつまらないので、iPhone 15 Proのチタン素材に合うおしゃれでデザイン性の高いクリアケースと、バンパーを集めてみました。

iPhone 15 ProのチタンをMAXで楽しみましょう。

\ 欲しかったモノがお得に買える /
Amazonタイムセール

iPhone 15 Proおすすめクリアケース

まずはおすすめのクリアケースからご紹介。

個人的にMagSafeは絶対使いたいので、MagSafeリングがついたものを中心に紹介しています。

もちろん同じ製品のリングなしバージョンもあるので、そちらをご希望の方はブランド各ページから探してみてください。

CASEFINITE / THE FROST AIR ULTRA

おすすめのクリアケース一つ目は、私が今回予約購入したCASEFINITEのTHE FROST AIR ULTRA

「ほぼ、裸」のような0.8mm極薄の「THE FROST AIR」の方が、よりiPhone 15 Proそのもの素材感を楽しめるのですが、

  1. MagSafe対応じゃない(使えるけど磁力が弱くなる)
  2. ストラップ・アダプターが使えない

という2点が個人的にイマイチだったので、THE FROST AIRよりも少しだけ厚みのあるTHE FROST AIR ULTRAをおすすめします。

クリアケースはどれもどうしてもツルっとした光沢感があって、ノングレアなiPhone 15 Proと合わない気がするのでフロストタイプを選んでみました。

ただ、フロストタイプの場合iPhone本体表面はぼやけて見えてしまうので、細かな素材感を見て楽しむのにあまり向いていません。

iPhone 15 Proの全体的なデザインイメージを保ったまま、ケースで本体を保護したいという人におすすめです。

AmazonでCASEFINITEのケースを探す

NATIVE UNION / (RE)CLEAR CASE FOR IPHONE 15

NATIVE UNION(ネイティブ・ユニオン)の「(RE)CLEAR CASE FOR IPHONE 15」は透明ケースなのにデザイン性が高いのがポイント。

MagSafeリングのブランドロゴの絶妙な入れ方で、クリアケースにこれほど上品な雰囲気に仕上げるのはさすが。

素材は、100%リサイクルのPCTG(ポリエステル系リサイクルプラスチック)とTPU(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)。

リサイクルとはいえ、どちらも一般的に使用されるPVCよりも傷や汚れに強く、変色しづらい、上質な素材です。

価格的にはApple純正品より少し安いくらいなので、他と比べるとお高めですが、他とは違う、デザイン性の高いクリアケースを使うなら、圧倒的におすすめです。

Native Union
¥6,160 (2024/03/31 01:10:12時点 Amazon調べ-詳細)

CASEISMYLIFE / IceFlow

CASEISMYLIFE(ケイスイズマイライフ)は、カナダのトロントでデザインされたiPhoneケースのブランド。

ユニークでスタイリッシュなデザインのケースが並ぶ中で、斬新なデザインのクリアケースが一際目を引きます。

IceFlow」は、縦に凹凸の溝が入った特徴的なデザインは、見た目だけでなく、グリップ力を上げて滑りにくくし、熱を分散する効果があります。

なるほど、だから「IceFlow」なんですね。

AmazonでCASEISMYLIFEのケースを探す

RHINOSHIELD / Clear MagSafe(耐衝撃クリアケース)

iPhone 15 Proのデザインを楽しみたいけど、しっかり保護もしたいという人におすすめなのが、RHINOSHIELD(ライノシールド)の「Clear MagSafe(耐衝撃クリアケース)」です。

RHINOSHIELDは、台湾発のスマホケース中心のスマホアクセサリーブランドです。

名前から想像できるとおり、独自技術による耐衝撃性の高いケースに定評があります。

このClear MagSafeも、独自のポリエステル化合物製で、米軍MIL規格を超える耐衝撃性能を持つ優れもの。

頭の高さからコンクリートに落としてもまずiPhoneが壊れることはないでしょう。

もちろん透明度も高く傷にも強いため、iPhone 15 Proのチタニウムが見えづらくなることもありません。

デザインもシンプルなので、耐衝撃性能とデザイン性どちらも求める人におすすめです。

AmazonでRHINOSHIELDのケースを探す

URBAN ARMOR GEAR (UAG) / PLYO SERIES

更なる耐衝撃性を求める人にはURBAN ARMOR GEAR(アーバン・アーマー・ギア)の「PLYO SERIES」がおすすめ。

URBAN ARMOR GEARは南カリフォルニア発のスマホケースブランドで、「耐衝撃性ケース」の代名詞とも言われるほど頑強さと独特なデザインが特徴です。

TPU衝撃吸収フレームと、PC(ポリカーボネート)バックプレートを組み合わせた軽量構造が特徴で、一番心配な四隅はエアークッションによって守られています。

バンパーのように枠ががっちり固められていて、もはや投げつけても平気そうです。

頑強さの割にはかさばらず、透明度が高いため、耐衝撃性を追求した機能的なデザインの美しさが光ります。

チタニウムと合わせたらものすごく強そうに見えるかも。

CORECOLOUR / Clear Phone Case MagSafe Compatible

CORECOLOUR(コアカラー)は2022年設立のオーストラリアのスマホケース&アクセサリーのブランド。

Clear Phone Case MagSafe Compatible」は、シンプルなデザインながらも、側面部分に高耐久のTPU素材を使用し、MIL規格も取得した、耐衝撃性も高いケースです。

とはいっても、RHINOSHIELDやUAGほどではないため、両者よりもさらにコンパクトでスッキリしています。

RHINOSHIELDのClear MagSafeとの違いは、側面がフロストになっている点。

外枠の柔らかさが見た目にも伝わるので、iPhone 15 Proが全体として可愛らしい印象になると思います。

AmazonでCORECOLOURのケースを探す

Spigen / Ultra Hybrid Frost

Spigen(スピゲン)は、低価格帯ながらも高品質の製品を提供しているスマホケースブランドです。

「2千円前後のクリアケースでいいんだけど、Amazonの怪しいメーカー製は嫌だ」

という人は、とりあえずSpigenを選んでおけば間違いなし。

普通のクリアケースもありますが、「Ultra Hybrid Frost」は、背面がややフロストになっているため光沢感を抑え、iPhone 15 Proのチタンの雰囲気を崩しません。

低価格ながら米軍MIL規格の耐衝撃性も備え、傷にも強く、黄変(黄色く変色すること)も抑えられています。

今後続々リリースされる他ブランドのケースをじっくり選ぶ前のとりあえずのケースとしてもおすすめです。

TORRAS / UPRO Ostand C

TORRAS(トラス)は、2012年スマホケースから始まった中国深圳のブランドです。

スタンダードなケースはもちろんですが、ユニークな発想のケースでも定評があり、イギリスやドイツなどでも高いシェアを誇ります。

そんなTORRASのクリアケースでおすすめしたいのが、「UPRO Ostand C」。

「UPRO Ostand」という、MagSafeリングを引き出すとスタンドにもスマホリングにもなるという、便利機能を備えたケースシリーズの、クリアタイプです。

私はMOFTのスタンドを使っていますが、こういう外付けのスタンドを使うとせっかくのiPhone 15 Proの背面デザインが隠れてしまうので、シンプルにスタンドやスマホリングも使いたいという人におすすめです。

TORRAS
¥4,948 (2024/03/31 01:10:15時点 Amazon調べ-詳細)

iPhone 15 Proにおすすめのバンパー

あまり聞き慣れないと言葉ですが、「スマホバンパー」は、スマホの外枠だけに取り付けるタイプのケースのことです。

四隅だけが他よりも出っ張った状態になるので、平地に落とした場合も四隅以外が地面に触れることはないため、これでもスマホを守ることができます。

iPhone 15 Pro本体をより裸に近い感覚で使うことができるのですが、傷や四隅以外の場所がぶつかった時の守りは皆無です。

とはいえiPhone 15 Proのチタニウムは傷にも衝撃にも強いので、よほどのことがない限り傷付くことはありませんから、普通に使う分にはバンパーでも十分というわけです。

Arc / Arc Pulse

スマホバンパーの一押しは何と言ってもArcの「Arc Pulse」。

もはやただの装飾用のアクセサリにしか見えませんが、よくよく見ると、コーナーとカメラ部分をがっちりガードしているのが分かります。

これは本当にもはや裸同然と言って差し支えないでしょう。

航空宇宙レベルのアルミニウム素材で作られていて、外側の金属シェルが衝撃を分散し、内側層が衝撃を吸収するため、これだけでもiPhone 15 Proがしっかり保護されています。

カラーバリエーションも5色から選べるので、自分のiPhone 15 Proに合ったものを選びましょう。

RHINOSHIELD / CrashGuard

クリアケースでもご紹介したライノシールドのバンパーが「CrashGuard」です。

外枠部分をぐるっと囲む柔らかなTPE(エラストマー)素材で衝撃を吸収して本体を保護します。

カラーバリエーションは豊富ではあるのですが、クリアがなく、耐衝撃性を持たせるためになかなかの厚みがあるため、iPhone 15 Proのデザイン性をがやや損なわれます。

とはいえ背面は完全に丸裸なので、チタンの素材感は存分に味わえること間違いなし。

RhinoShield
¥2,990 (2024/03/31 01:10:18時点 Amazon調べ-詳細)

Bamplio / EdgeCover

Bamplioはドイツに拠点を置く、iPhoneアクセサリのブランドです。

iPhone本来のデザインを生かしたミニマルデザインのバンパーやフィルムを販売しています。

TPU素材のバンパー「EdgeCover」は、装着した本体の上下やカメラ部分だけでなく、iPhone本体よりも突出することによって、液晶や背面、サイドも落下の衝撃から守ってくれます。

バンパー自体のデザイン性を極力抑えているため、iPhone 15 Pro本来のデザインをなるべく保ったまま、本体を守ります。

ドイツのサイトですが日本への発送にも対応。

iPhone 15 Proのデザインと素材を可能な限り保ちながら保護したい人におすすめです。

AmazonでEdgeCoverを探す

似たようなケースがAmazonなどで販売していたので貼っておきます。

BOBO BIRD / Bumper Cavity Case

BOBO BIRDは、木製時計とメガネフレームなどを中心に展開する中国発のブランド。

アルミニウムの金属とウッドが組み合わさったメカニカルなデザインのフレームがめちゃくちゃカッコいい!

ねじ止めなどしてはめ込むため、着脱は容易ではありませんが、その分強度があります。

外型に大きく影響するデザインなので、iPhone 15 Proのデザインそのものを楽しみたい人には不向きですが、iPhone 15 Proのチタンと「Bumper Cavity Case」のチタン、ウッドの素材感の違いをミックスしつつ楽しみたい人におすすめです。

AmazonでBumper Cavity Caseを探す

OURJOY / バンパー

最後にご紹介するのは価格を抑えてiPhone 15 Proを最低限保護する、2千円台のバンパーです。

価格は安いですが、外側のアルミニウムと内側のシリコンでフレームをしっかり保護し、四隅は背面と前面を保護するために凸型になっていて、落下の衝撃から守ってくれます。

光沢のあるアルミフレームなので、iPhone 15 Proのノングレアな素材感とややミスマッチではありますが、値段を考えると耐衝撃性としては十分。

バンパーケースを使ったことがない人のお試し用におすすめです。

OURJOY
¥1,890 (2024/03/31 08:30:37時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもおすすめ