Amazonポイント3,000獲得のチャンス!

Kindle Unlimitedで無料で読めるおすすめマンガ


ごきげんよう、バビです。

私はKindle Unlimitedに登録して、毎日通勤時やベッドの上でマンガを読み漁っています。

毎日読んでいるのに読むマンガがなくならないのですから不思議です。

今回は、私がKindle Unlimitedで読んだマンガの中でも特におすすめのものをピックアップしてみました。

Kindle Unlimitedの無料マンガ選びにお困りの方の参考にしてみてください。

面白いマンガを見つけたら随時更新していく予定です。

Kindle Unlimitedって何?

 Amazonの電子書籍の読み放題サービスのことです。

Amazonの電子書籍リーダーといえばKindleですが、そのKindleアプリ上で月額980円で電子書籍を読み放題にするサービスがKindle Unlimitedです。

マンガに限らず雑誌や書籍などおよそ18万冊以上が読み放題です。

古い本だけでなく、最新号の雑誌や、一部の新刊なんかも読むことができます。

私はマンガ以外にビジネス書もよく利用しています。

Kindle Unlimited無料登録

月額980円

初回30日間無料

AmazonサイトでKindle本を購入した後でアプリで開いて読むことができます。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

解体屋ゲン

原作:星野茂樹、作画:石井さだよし

52巻

孫請け解体業者「朝倉工務店」の社長・通称ゲンこと朝倉巌(あさくらいわお)の爽快・痛快な活躍を描く。

2002年から漫画TIMEで連載され、連載700話を突破した長寿漫画でありながら、紙媒体では未単行本化という隠れた名作。

内容は、日本一の爆破解体屋を目指す孫請け解体業者の朝倉巌、通称ゲンさんと、その周りの職人たちによる建設業を中心とした職人たちの人間ドラマです。

1話完結型で、巻き起こる問題をゲンさんが爆破解体のように爽快に吹っ飛ばしていきます。

ひとつひとつの話がグッとくるもの、ジーンとするものばかりです。

爆破解体もただ派手に吹っ飛ばすだけじゃないんです。

ビル、橋、トンネル、崖etc…色々なものを色々な方法で爆破しますが、そこに至るまでの過程と、難しい条件をどうクリアするかという面白さもあります。

ゲンさんが「こわす」のはビルや橋だけではありません。

建設業の抱える元請け・下請け問題や、大手ゼネコンによる談合問題まで、既存のビジネスの価値観を気持ちいほどにぶっ壊してくれます。

というか、実際のところ実は爆破解体は数えるほどしかやりません。

加えて、ゲンさん以外の現場の職人たちの熱い「職人魂」にも震えます。

私が特に好きなのは「曳き家」といって、家を持ち上げて別の場所に移動する木造建築のスペシャリストの親方、ロクさんです。

横文字や機械はてんでダメですが、最新機器でも検知できない傾きや荷重のバランスを、長年のカンから見た目だけで修正するという、正に職人芸。

迎賓館や鉄橋を曳き家する話は胸が熱くなりました。

この漫画、その面白さもそうですが、なんと現在刊行されている52巻すべて読み放題と、コスパもすさまじい。

基本1話完結の読みやすさもあってサクサク読み進めてしまいます。

今回紹介する中で一番のおすすめですので、是非読んでみてください。

ナニワ金融道シリーズ

青木 雄二、青木 雄二プロダクション

全19巻(ナニワ金融道のみ)

勤めていた会社が倒産して、怖い街金業者の「帝國金融」に就職した営業マン灰原達之を中心に、次々起こる金融トラブルと灰原の成長を描いた金融漫画。

この漫画をご存知ない方はいないと思いますが、中身を読んだことがない方は多いのではないかと思います。

この漫画を読むとつくづく思いますが、漫画は絵じゃないですね。

法律をかいくぐるあの手この手で金を生み出し奪い合う様が凄まじく、お金が絡んで人間が変わる様も生々しく描かれています。

と同時に様々な場面での「お金」について学ぶことができ、教訓にもなります。

シリーズがどんどん増えています。

  • ナニワ金融道
  • 新ナニワ金融道
  • 新ナニワ金融道R
  • 新ナニワ金融道外伝
  • 新ナニワ金融道外伝ファイナル
  • ザ・ナニワ金融道
  • (ナニワ銭道)

シリーズごとの詳細はこちらをご覧ください。
ナニワ金融道シリーズまとめ(読む順番、無料で読む方法も紹介)

作者の青木雄二先生が、ナニワ金融道の連載終了後にお亡くなりになっているため、以降の作品はお弟子さんたちによる青木雄二プロダクションが手掛けています。

Kindlle Unlimitedで読めるのは以下の作品です。

オナニーマスター黒沢

原作:伊藤カツラ、漫画:YOKO

全4巻

中学二年生の黒沢には、絶対人に言えない秘密があった。それは学校の女子トイレで同級生をオカズに自慰にふけること。しかしクラスでイジメに遭っている少女に気づかれてしまい……あの頃のモヤモヤと切なさが胸に迫る傑作!

web上で絶賛を浴びた青春小説「オナニーマスター黒沢」のマンガ版です。

私はその背景を知らずに、

「なんつーあほなタイトルのギャグマンガだよwww」

と軽い気持ちでポチってみました。

最初はギャグっぽいノリですが、中学生のさわやかな青春の裏側にある、鬱屈した青春が描かれています。

大人になり、さわやかに美化されてしまった中学生の青春時代。

本当はもっとドロドロとしたものが胸の中に渦巻いていたはずです。

そうした中学生のある意味でタブー視されているリアルに深く突っ込んでいく作品です。

鬱屈としていても青春はやはり青春。

どう収集つけるんだ?という話の展開から、まさかの爽快なエンディングは必見の価値ありです。

原作小説も大幅な加筆修正を加えて書籍化されましたが、原題はまずかったのか、「キャッチャー・イン・ザ・トイレット!」にタイトルを変更しています。

ペナントレース やまだたいちの奇蹟

こせきこうじ

全14巻

野球が大好きだがド下手な山田太一は、少年時代から憧れたセントラル・リーグのお荷物球団・アストロズに入り、三原脩と優勝を目指す事を夢見る。そんな彼の闘志が、アストロズに奇跡を呼び起こす…。

30代以上の人は週刊少年ジャンプに連載されていたことで覚えているかもしれません。

1991年連載開始で、当時ジャンプでは「ドラゴンボール」「幽遊白書」「スラムダンク」などが連載されていたまさに黄金期でした。

そんな中でも主人公山田太一というキャラクターはかなり印象に残っています。

懐かしく思って読み返してみたら、大人になった今のほうが面白い!

前作の「山下たろーくん」とキャラクターは大きく変わっていないのですが、割と何でも根性論でクリアしていた山下たろーよりも無理なく受け入れられる展開になっています。

当時は結構早く連載終了してしまった印象だったのですが、14巻も出ていたのは驚きです。

山田太一の起こす次の奇蹟が気になってどんどん読み進めたくなりました。

なんか気が付くと、作中のキャラクターと同じような表情で夢中で読んでる自分に気が付きます。

小難しい理論やら設定やらのマンガに疲れた方は是非読んでみてください。

純粋にスカッとしますよ。

山下たろーくんシリーズ

こせきこうじ

全21巻(県立海空高校野球部員山下たろーくん)

史上最高の野球部員を目指す海空高校野球部員の山下たろーを中心に、泥にまみれながらも海空高校野球部員たちが、最高の野球部へと成長する物語。

こちらも同じくこせきこうじの野球漫画です。

「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦が影響を受けたマンガとして名前を挙げてる作品としても有名です。

才能も実力もない海空高校野球部員が、たまたま通りかかった県内強豪校に褒められてその気になり、必死で練習して勝ち上がっていくという、王道のスポ根野球漫画です。

暴力男辰巳とたろーの奇妙な友情関係も見どころですが、私は1番バッターの須永というキャラクターが好きでした。

あだ名は「さすらいの賭博師」須永。

どこに住んでいるのかも不明で、誰にも眠っているところを見せず、賭博だけで生計を立てている(高校生)という無茶苦茶な設定です。

しかし、賭博で培った感と観察力でどんなピッチャーも解析します。

全くの無表情の須永が笑うシーンは胸が熱くなりました。

昔のマンガなのでちょいちょい無理のある展開なのを我慢すると、感動の最後が待っています。

卒業後の山下たろーの活躍を描いた続編もあります。

シリーズは以下のとおりです。

私は「株式会社大山田出版仮編集部員山下たろーくん」が一番面白かったです。

須永など「県立海空高校野球部員山下たろーくん」のキャラクターも登場しますし、何より海空野球部の熱い魂が引き継がれていくところにぐっときます。

「うみとそらの物語」は更にその後の続編です。

さよなら、ハイスクール

森 もり子

全3巻

スクールカースト最底辺の高校生、朝倉は文化祭実行委員に任命されたことをきっかけにクラスの雰囲気と秩序の崩壊を目論み、カースト上位の美少女・伊藤マユミと付き合う計画を立てる。順調に思われたカースト崩壊計画だが、ある事件をきっかけに意外な方向へ…!?

「返事をくれない彼氏を追い込んでます。」LINEスタンプで有名な作者のマンガです。

高校生のクラスに存在する謎の階級制度「クラスカースト」。

ありますよねー。

最底辺の男が最上位のカーストの女子と付き合うことで崩壊さえようとするという発想が面白い。

実際、カーストが揺らいでいき、いかに頼りないバランスでスクールカーストが成り立っているかが分かります。

大人から見ると高校生の教室はちっぽけな世界でしかありませんが、高校生の彼らにとってはその世界こそがすべて。

現実に世界が無限に広がっていたとしても、そんなことは関係ないのだというあの頃の気持ちを思い出します。

主人公と友人の哲学的な会話のやり取り、上位カースト者(リア充)から下位カースト者への「青春の無自覚な搾取」。

リア充でなかった高校生の、あの頃のもやもやした気持ちの理由を的確に言葉で表現してくれています。

リア充だった人は読まないでください。

そうじゃなかった人は是非、どうぞ。

さいごに

紹介したマンガをすべて読むと、優に100冊を超えます。

更に雑誌や書籍も読み放題ですから、月額980円はかなりお得だと思います。

今後も面白いマンガを見つけたら随時更新していく予定です。

Kindle Unlimitedで読めるおすすめのマンガがありましたら、教えてください。

Kindle Unlimited無料登録

月額980円

初回30日間無料

AmazonサイトでKindle本を購入した後でアプリで開いて読むことができます。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。