Anker PowerWave II Stand レビュー|最大15W出力で高速充電できるAndroidスマホ向けのワイヤレス充電スタンド。

評価:3.5

バビ
バビ

ごきげんよう、バビです。

iPhoneではMagSafe対応のワイヤレス充電スタンドを使っていたんですが、Pixel 6でもスタンドタイプのワイヤレス充電器を使ってみたかったので、「Anker PowerWave II Stand」を購入してみました。

ワイヤレス充電器というと、ちょっと前までは最大10W程度が主流で、最近の大容量スマホだとちょっと心許ない速度でしか充電できませんでした。

ですが、Anker PowerWave II Standの最大出力は、1.5倍の15W。

なので、比較的高速で充電することができます。

デザインもこれまでのものに比べてガジェットっぽさの抜けた、洗練された仕上がりに。

もちろん縦置き・横置きのどちらでも充電が可能です。

ということで、今回は、Androidスマホにおすすめのワイヤレス充電スタンド「Anker PowerWave II Stand」をレビューします。

〇 ここがよかった

  • スマホを置くだけで充電がはじまる
  • 別途電源を用意する必要がない
  • 丸みのある柔らかなデザイン

△ ここがイマイチ

  • ACアダプタが邪魔
  • 角度調整できない
  • iPhone 12/13 miniは充電できない

\ 欲しかったモノがお得に買える /
Amazonタイムセールを見る

Anker PowerWave II Stand スペック・同梱品

Anker PowerWave II Standの同梱品
カラーブラック
サイズ約90 × 90 × 115 mm
重さ約172g
入力DC 12V = 2A(電源アダプタ)
出力5W / 7.5W / 10W / 15W
型番B2529111
メーカーANKER
同梱品
  • Anker PowerWave II Stand
  • ACアダプタ(約1.5m)
  • 取扱説明書
  • 最大24ヶ月保証(※条件あり)

Anker PowerWave II Standの外観

Anker PowerWave II Stand

全体的なデザインは、角の取れた丸みのある、ちょっと可愛らしい印象。

Anker PowerWave II Standの表面

本体はややざらつきのあるマットブラックのプラスチック製。

Anker PowerWave II Stand側面

台座は直径9cmの円型で、スタンド部分の高さは11.5cm。

スマホを置いて画面を見るのにいい感じ角度がついていますが、固定されているため調整することはできません。

Anker PowerWave II Standスタンドのすべり止め

スマホと接地する台座部分は前に倒れないよう、傾斜がついていて、すべり止めのシリコンラバーがついています。

Anker PowerWave II Stand裏面すべり止め

台座裏面にもすべり止めのためのしっかりしたラバーが。

Anker PowerWave II Stand ASアダプタ差込口

本体への給電は12VのACバッテリーのみ。

差込口は台座の後ろ側についています。

Anker PowerWave II StandのACアダプタ

ACアダプタは本体と少し違う質感のマットブラック。

Anker PowerWave II Stand ACアダプタの表示

コンセント位置が真ん中よりにあるので、コンセント位置によっては他のアダプタと干渉することもあるかもしれません。

Anker PowerWave II Stand LEDランプ

充電中は、台座の正面にあるLEDが青色に点灯します。

これが青色で点滅している場合は、スマホとの間に金属などの異物がはさまっているということ。

また、アダプタの刺さりが甘かったり、スマホの位置がズレていたりするとランプは緑色に点滅するので注意です。

Anker PowerWave II Standの充電性能

Anker PowerWave II Stand対応機種と出力

iPhoneでの充電は7.5W対応ですが、Androidスマホの場合は、ワイヤレスでは高速の最大15Wでの充電が可能です。

もちろん有線充電での急速充電に比べると速くはないので、「ワイヤレスの中では速いほう」といった感じでしょうか。

Anker PowerWave II StandでiPhone 12 Pro縦置き充電
Anker PowerWave II StandでiPhone 12 Pro縦置き充電を側面から

iPhone 12 Proを立てかけるとこんな感じで、速くはないものの、iPhoneでもしっかりと充電することができています。

ただし、ワイヤレス充電器のコイルの位置的に、iPhone 12/13 miniではきちんと充電できないと思われるのでち注意。

iPhone 12シリーズ以降は、磁力でくっつくMagSafe対応のスタンドを使うのがスマートだと思います。

Anker PowerWave II StandでiPhone 12 Pro横置き充電

横向きでも充電できます。

角度的にも動画視聴するのにぴったりです。

Anker PowerWave II StandでPixcel 6縦置き充電

続いてPixel 6での充電です。

縦のサイズがiPhoneよりも大きめですが、縦置きでも充電に問題はありません。

「Ampere」というアプリで充電状態を計測してみました。

Anker PowerWave II StandでPixcel 6の充電速度計測

残り容量48%の状態では、1,830mA×3.967V≒7.26Wでした。

極端に遅いわけではないですが、思ったより速くはないですね。

他のワイヤレス充電器で検証していないので何とも言えませんが、電池残量がもう少し減らないと出力が上がらないのかもしれません。

Anker PowerWave II StandでPixcel 6横置き充電

もちろん、横向きでも充電出力に違いはありません。

ちなみに縦置きで上下逆さに置いても充電は可能です。

その他のAnkerワイヤレス充電スタンドと比較してみる

同じAnkerから発売しているワイヤレス充電スタンドには以下の3つがあります。

名称Anker PowerWave II StandAnker PowerWave 7.5 Stand 15WAnker PowerWave 10 Stand
出力5W / 7.5W / 10W / 15W5W / 7.5W / 10W / 15W5W / 7.5W / 10W
電源ACアダプタUSB-CMicro USB
サイズ約90×90×115mm約78×65×119mm約68×80×114mm
重さ約172g約140g約108g
価格4,390円3,390円2,499円

Anker PowerWave 10 Standは古めの製品で、最大出力が10Wですが、今回紹介しているAnker PowerWave II StandとAnker PowerWave 7.5 Stand 15Wの最大出力は15Wと、やや高速です。

デザイン面では、Anker PowerWave II Standはスタンドも丸く、角も取れた丸みのあるデザインとなっています。

また、Anker PowerWave II Standの電源はACアダプタですが、Anker PowerWave 7.5 Stand 15WはUSB-C給電なので、別途USB-C充電器を用意する必要があります。

なので、電源をACアダプタで取りたいならAnker PowerWave II Standを、USB-Cで取りたいならAnker PowerWave 7.5 Stand 15Wを選ぶのが良いでしょう。

Anker PowerWave II Standを使ってみた感想

Anker PowerWave II Stand使用イメージ
おすすめ度

評価 :3.5/5。

3.5

〇 ここがよかった

  • スマホを置くだけで充電がはじまる
  • 別途電源を用意する必要がない
  • 丸みのある柔らかなデザイン

△ ここがイマイチ

  • ACアダプタが邪魔
  • 角度調整できない
  • iPhone 12/13 miniは充電できない

個人的にスタンドタイプのワイヤレス充電器の、「置いたら自然と充電が始まる簡単さ」というメリットを最大限生かすのは、ベッドサイドに置くことだと思っています。

寝る前のぼやけた頭でケーブルを挿すのはめんどくさいので、ちょっと寝ぼけながらでもそこにスマホを置けば充電できるのは楽でいいなと。

丸みのある柔らかなデザインなので、主張が少なく、インテリアにも馴染みやすいです。

ただ、やはりACアダプタは小型のUSB充電器と比べると大きいので、コンセントがごちゃつくのは気になります。

一方でACアダプタのほうが、安定的に電力供給ができるため、朝起きたらケーブルが抜けてちゃんと充電できていない、というトラブルにはなりにくいので、ここは好みが分かれるところでしょうか。

最大出力15Wのワイヤレス充電スタンドは少ないので、Androidスマホをワイヤレス充電したい人におすすめです。

こちらもおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。