Amazon Black Friday

Nomad SIM使用レビュー!おすすめのモバイルルーターも紹介(実際に使用した口コミ・評判)

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

ごきげんよう。ハイパーマルチブロガーのバビです。

2019年7月1日、新たな国内向けデータ専用SIMサービス「NomadSIM」がリリースされました。

実はちょうどiPadを買って、ポケットWiFiでも契約しようかと考えていたところだったので、すかさず申し込み。

さらにSIMフリーのモバイルルーターも合わせて購入しました。

ぶっちゃけめちゃくちゃ快適です。

どこでも気兼ねなくブログを書けるので、かなり作業が効率化できるはず。

早速外出先で使ってみたので、レビューしてみたいと思います。

それから、合わせて購入したい、おすすめのモバイルルーターもいくつかご紹介します

Nomad SIMのサービス内容

Nomad SIMというこの通信サービス、なんと運営されているのは、有名ブロガーのワロリンス(@warorince) さん 。

ノマドで仕事をされるブロガーならではの視点で、低価格で高速・大容量のインターネットを楽しむことができます。

超絶シンプルなNomad SIMのプランは2つ。

Nomad SIM料金プラン

どちらもこれにプラスして初月に契約事務手数料が3,000円かかります。

※大人の事情で記載はなくなりましたが、容量の目安としては

  • Nomad SIM 100はおよそ100GB
  • Nomad SIM 300はおよそ300GB

といった感じです。

通信速度は、

  • ダウンロード速度最大187.5Mbps
  • アップロード速度最大37.5Mbps

とめちゃくちゃ高速。

おまけに3日間で10GBなどの速度制限や、契約期間の縛りなどもありません

私は通勤時の移動時間や、休日ときどきカフェなどでブログ作業をするだけなので、Nomad SIM 100のほうに申し込みました。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

サイトデザインもシンプルでおしゃれで好き。

Nomad SIMを使う準備

NomadSIMは送料無料で、平日は12時までの申し込みなら基本的に当日発送。

私は夜申し込んだので、申込の翌日Nomad SIMサポートチームから「発送完了のお知らせ」のメールが届きました。

さらにその翌日にゆうパックでSIMカードが到達。

Nomad SIMのSIMカード

鮮やかな水色の表紙を開くとSoftBankの白いSIMカードが入っています。

Nomad SIM:SoftBank SIMカード

そのほか、同封の納品書には、「顧客ID」と割り振られている「電話番号」が書いてありました。
(私が申し込んだのは2019年7月なので、内容は若干変わっているかもしれません。)

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

顧客IDが1ケタだったのがなんか嬉しかったです。

Nomad ステッカー

Nomad SIMのロゴマーク・ステッカーも入ってました。
(その後大事にしまったらどこかに失くすという大失態。)

SIMカードはマルチカットSIMなので、使用する機器に合わせて簡単にカットできます。

マルチカットSIM

私の使う富士ソフトのFS030WというモバイルルーターはマイクロSIMサイズでした。

こんな感じで装着します。

モバイルルーターの場合は、SIMカードを装着するとデータ通信をできるようにするAPN設定(初期設定)が自動で行われるものがほとんど。

なので、特に設定の必要はなく、すぐに使えるようになりました。

Nomad SIMを実際に使用してみた感想

ソフトバンク回線と聞いて、なんとなくつながりにくいイメージがあったのですが、混み合った昼間の都心でもサクサクでした。

東京都中野区の自宅マンションで回線速度を夜計ってみたらこんな感じです。
(ルーターからWiFiを飛ばしてスマホで計測してます。)

平日のお昼に高田馬場駅周辺で計ってみた結果はこちら。

3か月使用していますが、下りが10Mbpsを下回ったことはほとんどなし。

モバイルルーター経由でスマホ、ノートPC、iPad、Nintedo Switchを使用してみましたが、 何のストレスも感じません

私の場合は、基本YouTubeとかAmazon Musicで音楽聴きながらブログ作業するだけなので、十分かなと思います。

日中は モバイルルーターを入れっぱなしにしているので、スマホのプランをひとつ下げました。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

これで安くなった分を考えると、実質1,000~2,000円で100GB使えるのは嬉しい( *´艸`)

Nomad SIMにおすすめのモバイルルーター

SIMフリーのPC、スマホ、タブレットに直接挿入して使用することももちろんできますが、せっかく使うなら色々な端末を同時に使えるモバイルルーターでの利用がおすすめです。

NomadSIMで使えるモバイルルーターの周波数帯(バンド)

ソフトバンクやドコモなどの携帯各社が使用する電波は、「周波数帯(バンド)」と呼ばれる区分けで分類されています。

Nomad SIMはSoftBank 4G LTEの回線を使用。

SoftBank 4G LTEのバンド 一覧は以下のとおりです。

バンド周波数帯必要度
バンド12.1GHz
バンド31.7/1.8GHz
バンド8900MHz
バンド111.5GHz
バンド28700MHz 
バンド412.5GHz 
バンド423.5GHz 

なので、選ぶモバイルルーターは、少なくともバンド1、バンド3、バンド8に対応していたほうがいいかなと思います。

対応している機種は少ないですが、バンド11もあったら便利。

なるべく対応バンドが多い、おすすめのモバイルルーターをいくつか紹介します。

富士ソフト FS030W

富士ソフト FS030W
LTE対応バンド1/3/8/11/19/21
サイズ高さ740×幅740×厚さ173
重さ約128g
通信速度受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbps
連続通信時間20時間(LTE通信時)
バッテリー容量3,060mAh
SIMカード100GB月額

私が購入したモバイルルーターがこれ。

SoftBank 4G LTEの対応バンドが多く、連続通信時間も20時間と長いです。

ソフトバンクのバンドに対応しているモバイルルーターは少なくて、価格が2万円以上するものが多い中で12,000円は安いかなと。

サイズ的にもちょうどスマホの半分くらいの大きさで持ち運びしやすいのもいい感じ。

平日は通勤の行き帰りにオンにしていますが、3日1回充電するくらいで使えています。

NEC Aterm MR05LN

NEC Aterm MR05LN
LTE対応バンド1/3/8/11/18/19/21
サイズ高さ115×幅63×厚さ11
重さ約115g
通信速度受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbps
連続通信時間約14時間(LTE通信時)
バッテリー容量2,500mAh
SIMカードnano SIM×2

こちらはデュアルSIM対応なので海外でも使用する人や、NomadSIM以外の他の回線も併用する人におすすめ。

タッチパネル式で操作できるので、設定変更なども簡単です。

モバイルルーターはきちんとしたものを選ばないと回線の安定性に影響しまが、NECの安心感は魅力ですね。

HUAWEI E5383

HUAWEI E5383
LTE対応バンド13/21/19
サイズ高さ58×幅95×厚さ16.4
重さ約120g
通信速度受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbps
連続通信時間13時間(LTE通信時)
バッテリー容量3,000mAh
SIMカードmicro SIM×1

価格を安く抑えたいならHUAWEIのE5383がおすすめ。

6千円前後と他の機種に比べてかなり安いです。

対応バンドは1と3のみでちょっと心もとないですが、 SoftBank 4G LTEを使用できる他のWifiレンタルサービスで貸し出されるルーターなので、十分使用可能です。

Nomad SIM使用レビューまとめ

実はSoftBank 4G LTEを利用した同価格帯で同様のサービスに、FUJI Wifiw/WiFi(ウィズワイファイ)というサービスがあります。

それぞれの値段の違いを表にしてみました。

 Nomad SIMFUJI Wifiw/WiFi
契約事務手数料3,000円2,000円3,777円
100GB月額3,600円3,800円3,480円

FUJI Wifiは3か月以上まとめ払いすると月額を最大2,980円まで安くできます。

どのサービスも3日で10GBの制限や、契約期間の縛りはありません

Nomad SIM以外は、ルーターの貸出プランや無制限プランなど色々なプランがあります。

詳しい人や細かく選びたい人にはいいのかなと思うんですが、Nomado SIMは必要十分な2つのプランだけで分かりやすいのが魅力

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

というか個人的には100GBと300GBがあれば十分だと思うんですよね。

フリーWiFiのあるカフェなんかでもノマドワークはできますが、混み合っていると速度が出なくてイライラするなんてこともありますよね。

Nomad SIM × モバイルルーターなら、どこでも快適な通信環境で作業することができます

利用できるギガ数が増える分スマホの通信プランを見直せば、実質月1,000~2,000円で利用できることになるので、

「外出先で制限を気にせずネットを利用したい」

という方はぜひ試してみてください。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg
バビ

データ量気にしなくていいから本当に快適ですよ。

 

Amazonをいつでも安く買う方法

 


Amazonカードを持っていない人が、Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券を使わないともったいない

現金でチャージするだけで、最大2.5%ポイントが還元されます。

しかも今なら、初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中。

なんと還元率は最大20%以上ともの凄くお得です。

さらに、2020年6月30日までは対象商品であればキャッシュレス決済の5%還元受けることができます。

Amazonでセールでもないのにここまで安く買えるのは今だけです。

チャンスを逃さず欲しい商品をゲットしてください。

 

キャンペーンについて詳しくみる

 

今すぐエントリー

Amazonギフト券をチャージする

1,000円+最大2.5%ポイント還元

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。