Belkin SOUNDFORM Freedomレビュー|「探す」にサードパーティーから初対応したワイヤレスイヤホン

7 min 248 views
バビ

バビ

ごきげんよう、通勤にはワイヤレスイヤホンが欠かせません、バビです。

Apple Find My」は、「探す」アプリでデバイスの位置情報を確認できるiOSの機能。

今まではiPhoneやAirPods、AirTagなど、Apple製品しか探すことはできませんでしたが、ついにApple以外のサードパーティーにも開放されました。

そしてApple以外で「探す」に対応した完全ワイヤレスイヤホンが、Belkin(ベルキン)から発売。

それが、今回レビューするBelkin SOUNDFORM Freedomです。

Belkin SOUNDFORM Freedomケースオープン時

BelkinといえばAppleサードパーティーの中でも指折りのおしゃれで良質な製品を生み出すブランド。

バビ

バビ

私もお気に入りのブランドのひとつです。

探すアプリに対応しているだけでなく、

  • Qualcomm aptXコーデック対応
  • IPX5準拠の耐水性能
  • 再生時間最大36時間(イヤホン本体:8時間、ケース:28時間)
  • Bluetooh5.2対応

など、AirPodsよりも2万円も安いにも関わらず、一部機能はAirPods Proを凌ぐ性能となっています。

ということで、このページでは、サードパーティー初の「Apple Find My」対応完全ワイヤレスイヤホン「Belkin SOUNDFORM Freedom」をレビューします。

この記事はメーカー様からの商品提供を受けて作成しています。が、忖度なく本音でレビューしています。

〇 ここがよかった
  • Apple以外で初の「Find My」対応
  • 低音が強調された”ドンシャリ”サウンド
  • AirPods Proより優れた点が多い
△ ここがイマイチ
  • 曲によっては音割れすることがある
  • ANCがない
  • 接続がうまくいかないことが多い

Belkin SOUNDFORM Freedom スペック

Belkin SOUNDFORM Freedomの外箱

Belkin SOUNDFORM™ Freedom

カラーブラック/ホワイト
ドライバーサイズ:7mm
PEEK+TPUの二層構造
周波数帯域20 Hz – 20 kHz
再生時間36時間
イヤホン本体:8時間、ケース:28時間
充電時間フル充電1.5時間
(15分で2時間再生可能)
充電方法USB-C、Qiワイヤレス
接続Bluetooth5.2
プロファイルAVRCP、A2DP、HFP
コーデックSBC(iOS)、aptX(Android,Win)
サイズ幅5.4×奥行5.1×高さ3.0cm
重さ約68g
防水性能IPX5準拠
メーカーBelkin

カラーはブラックとホワイトの2種類。

私はブラックをチョイスしました。

Belkin SOUNDFORM Freedomブラックとホワイト

付属品は以下のとおりです。

Belkin SOUNDFORM Freedom同梱品
同梱品
  • Belkin AUC002
  • Qi™対応の充電ケース
  • USB-A-USB-C®充電ケーブル
  • 3対のシリコンイヤーチップ(S / M / L)
  • クイックスタートガイド
  • 認証情報

残念ながらマニュアルの表記は英語のみ。

Belkin SOUNDFORM Freedomケース上面

ケース表面はAirPodsと同様に光沢のある仕上がりに。

Belkin SOUNDFORM Freedomのサイズ感

個人的にはマットな方が好みですが、Appleデバイスとの相性はこっちの方がよさそうです。

Belkin SOUNDFORM Freedomケースオープン

イヤホンは寝かせてケースへ収納するタイプ。

ケース横の引っ掛かりが少なく、爪をぐっと入れないと開かないので、片手での開閉はちょっと難しいかも。

Belkin SOUNDFORM Freedomイヤホンのサイズ感

イヤホン本体はいわゆるうどん型で、ケースと同じく光沢感があります。

Belkin SOUNDFORM Freedomイヤホン背面

イヤホン本体はbelkinらしいシンプルでミニマルなデザイン。

↓↓耳に装着したときは、こちら側が正面にきます。

Belkin SOUNDFORM Freedomイヤホン正面

当然タッチセンサーによってタップでイヤホン操作することもできます。

イヤホン本体はIPX5準拠の防水性能を備えているため、スポーツで汗をかいても、多少の雨に濡れても故障の心配はありません。

Belkin SOUNDFORM Freedomイヤホンのスピーカー

ドライバーサイズは7mmですが、PEEK+TPUの二層構造によって、重厚な低音とクリアな中高音を両立。

また、光センサー内蔵で、音楽の再生中にイヤフォンを耳から外すと自動で一時停止して、戻すと自動再生されるのが楽チン。

バビ

バビ

ここはAirPods Proと同じですね。

Belkin SOUNDFORM Freedom上部マイク

通話時に声を拾うマイクはイヤホン前面と伸びたステムの先の2箇所に設置。

Belkin SOUNDFORM Freedomステム先のマイク

このデュアルマイクと、cVc8.0ノイズキャンセリングによって声以外の周囲の騒音を抑制。

クリアな音声を通話相手に届けてくれます。

Belkin SOUNDFORM Freedom Bluetooth接続待機時のLEDランプ

ケースをオープンすれば自動的にBluetooth接続を開始。

Bluetooth接続試行中は、ステム下部のLEDランプが青く点滅します。

Belkin SOUNDFORM Freedom iOSのBluetooth接続時の画面表示

端末上では、「SF Freedm – Find My」と表示されます。

Belkin SOUNDFORM Freedom装着(横)
Belkin SOUNDFORM Freedom装着(前)

耳に装着するとAirPodsよりもうどんが大きく飛び出しますが、特に邪魔になることはありません。

逆に特別フィット感が優れているというわけでもなく、至って普通の付け心地です。

イヤーチップはS、M、Lの3種類が付属なので、フィットしないようなら他のサイズを試してみてもいいかも。

Belkin SOUNDFORM Freedom充電ポートと多機能ボタン

ケース背面にはワイヤレスイヤホンのリセットやFind Myのオン/オフのための多機能ボタンと、充電用のUSB-Cポートを配置。

充電性のはかなり高く、イヤホン本体の再生可能時間はなんと8時間

ケースは28時間分充電されるので、合わせると最大36時間もの再生が可能

これだけの再生時間なのにフル充電に必要な時間はわずか1.5時間

15分充電するだけで2時間も再生することができます。

バビ

バビ

通勤・通学だけでの使用なら、週末1回だけの充電でも多いくらいかも。

Qiワイヤレス充電にも対応していて、スタンドに置くだけで充電できるので、いちいちケーブルを抜き差しするわずらわしさもありません。

Belkin SOUNDFORM FreedomをBelkin MagSafe 2-in-1磁気ワイヤレス充電スタンドで充電

同じBelkinの2-in-1ワイヤレス充電スタンドにもぴったり。

Belkin SOUNDFORM FreedomとiPhone12 miniをBelkin MagSafe 2-in-1磁気ワイヤレス充電スタンドで充電

ブラックのスタンドだとAirPods Proがちょっと浮いてしまうので、同じブラックがハマります。

Belkin SOUNDFORM FreedomとAirPods Proの比較

iPhoneで使用するなら、AirPods Proとのスペック差はどんなもんなのか気になるところ。

Belkin SOUNDFORM FreedomとAirPods Pro(ケース)

外観では、ケースもイヤホンもAirPods Proのほうが小さめ。

Belkin SOUNDFORM FreedomとAirPods Pro(イヤホン)

AirPods Proのイヤホンは小さいだけでなく、耳にフィットしやすいカーブや細く短いステムなど、高級感のある作りになっています。

バビ

バビ

さすがにこのあたりは2万円の価格差を感じます。

ただ、AirPods Proも発売から時間が経っているので、イヤホン単体として単純なスペックを比較すると、Belkin SOUNDFORM Freedomのスペックのほうが優れている点も多いです。

belkinAirPods Pro
ケースサイズ幅54mm
奥行51mm
高さ30mm
高さ45.2 mm
幅60.6 mm
厚さ21.7 mm
イヤホン重さ5.5g5.4g
ドライバーサイズ7mm4-5mm
Bletooth5.25.0
コーデックaptX、AACAAC
防水性能IPX5IPX4
ANC×
再生時間36時間24時間
価格9,979円30,580円

例えば再生時間は12時間以上belkinが長く、AirPods ProはBluetoothのバージョンも古め。

特に気になるのは音質と遅延に影響するコーデック。

belkinがより低遅延・高音質のQualcommのaptX対応であるのに対して、AirPods ProはAAC。

WindowsやAndroidでも使用するときにより快適に動画や音楽を楽しむことができます。
(iPhoneだと同じAAC接続です。)

バビ

バビ

だからといってBelkin SOUNDFORM Freedomのほうが間違いなく音質が良いというものでもないので難しいところですが。

Belkin SOUNDFORM Freedomの音質・通話チェック

Belkin SOUNDFORM FreedomとiPhone12 mini

低音強めのドンシャリで好感だがやや音割れもある

AirPods Proはどちらかというと音全体が聞き取りやすく調整されたクリアなサウンド。

あえて悪く言えば音の情報量が少ない印象の音質だと思います。

一方でBelkin SOUNDFORM Freedomの音質は個性的で、低音がズシンと響くいわゆるドンシャリタイプ。

バビ

バビ

個人的に低音重視なので、このバランスは好みです。

かと思えばボーカルの音は輪郭のはっきりとした聞き取りやすい音になっています。

全体的に音の輪郭を切り取って分かりやすく強調しているイメージです。

ただ、この切り取りが上手くいかないこともあるようで、曲によってはスネアの音の端やボーカルの高音の際でややジャリジャリしたノイズが聴こえることがあります。

画像をはっきりさせようとしてシャープ率を上げてギザギザした画像になったような感じとでも言いましょうか。

しかも、残念なことにiPhoneなどiOSで使用したときのほうがノイズが大きく、WinやAndroidでの使用のほうがなめらかで聴きやすくなっていました。

デュアルマイクとノイズ除去で通話品質も〇

私個人はイヤホンで通話することはありませんが、一応通話時の音質をチェックしてみました。

Belkin SOUNDFORM Freedomは、デュアルマイク×2の4つのマイクで声を拾い、cVc8.0ノイズキャンセリングによって声以外の周囲の騒音を抑制します。

夜、外に出て、車通りのあるところで通話してみましたが、多少車の音はするものの十分騒音が抑えられ、話し声をしっかりと拾ってくれています。

声が変にこもるようなこともなく、クリアで通話に支障はありませんでした。

これならテレワークにも問題なく使えそうです。

Belkin SOUNDFORM Freedomの遅延チェック

iPhone12 mini with MOFT snap on

続いて動画再生時の音声の遅延(いわゆる音ズレ)をチェックです。

iPhoneでYouTubeでミュージックビデオやトーク系の配信、Amazon Prime Videoでアニメを見たりしてみましたが、何の違和感もなく楽しむことができました。

バビ

バビ

AACでもaptXでも、体感ではっきりわかるほどの差はないですね。

ゲームまでは確認していませんが、音ゲー以外のライトゲームなら問題なくプレイできると思います。

「Find My(探す)」を使ってみた

なんといってもBelkin SOUNDFORM Freedomの最大の特徴は、Apple Find Myに対応した初のサードパーティー製ワイヤレスイヤホンであること。

私もここが一番興味のあったところです。

「探す」Appの設定方法はめちゃくは簡単。

まずはケース裏面のボタンを3回押して、Apple Find MyがONなのかOFFなのかを確認します。

Belkin SOUNDFORM Freedom Apple Find Myのオン/オフ方法

音が1回しか鳴らなければ機能がオフになっているのでもう一度3回押してオンにします。

探すアプリ起動

探すAppを開いて

探すアプリ画面

「持ち物を探す」タブを開きます。

探すアプリで項目を追加

「項目を追加」をタップすると

探すアプリで見つかったBelkin SOUNDFORM Freedom

SOUNDFORM Freedomが見つかるので「接続」をタップ。

探すアプリでBelkin SOUNDFORM Freedomに名前をつける

イヤホンに名前を設定できるので、好きな名前を設定します。
(「紛失モード」を使う場合、他人に見られることも考慮に入れておきましょう。)

探すアプリにBelkin SOUNDFORM Freedomを登録完了

使用中の端末のApple IDにイヤホンが登録されました。

探すアプリのデバイス登録完了画面

登録が終わるとこの画面に。

「終了」をタップして設定終了です。

公式「Belkin AUC002をApple Find Myに接続する方法」

探すアプリでBelkin SOUNDFORM Freedomの位置を確認する

設定後は、Belkin SOUNDFORM Freedomの位置を随時「探す」アプリ上で確認することができます。

また、近くにあってイヤホンが見つからないときは「サウンドを再生」でイヤホンから音を出して場所を確認。

「通知」をオンにしておけば、Belkin SOUNDFORM Freedomの近くに誰かのiOSが近づくたびにApple Find Myネットワークを通じて自分のiOSに通知が表示されます。

探すアプリでBelkin SOUNDFORM Freedomを探す方法

また、紛失モードを有効にしておけば、万が一イヤホンを紛失したときの連絡先や見つけた人へのメッセージを入力することもできます。

ただし、探せるのはケースのみ

バビ

バビ

イヤホン片っぽ見つからんぞ!

という場面では使えない点に注意です。

Apple Find My全部にいえることですが、他人に持たせて位置情報を追跡できてしまうことは忘れてはいけません。

Belkin SOUNDFORM Freedom レビューまとめ

Belkin SOUNDFORM Freedom使用イメージ

Belkin SOUNDFORM Freedomをレビューしました。

使用してみた感想としてはこんな感じ。

〇 ここがよかった
  • Apple製品以外で初の「Find My」対応
  • 低音が強調された”ドンシャリ”サウンド
  • AirPods Proより優れた点が多い
△ ここがイマイチ
  • 曲によっては音割れすることがある
  • ANCがない
  • 接続がうまくいかないことが多い

「探す」アプリは、家の中でどこに置いたか分からないときに音を鳴らして探せるのは便利だと思います。

機能としては面白いですけど、外出先でなくすことはないと思うので、個人的にはApple Find Myはオフのままで使うことになりそう。

単純にイヤホンとして見れば、低音強めの音質が好みです。

ただ、曲によって音割れというか音の端のジャリジャリが気にることがあるのがちょっと残念。

また、ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能がないのも惜しいなと。

Apple Find Myまで使用して探すほどのイヤホンなら、もう少し値段が高くてもANCを搭載してほしかったです。

それから、私のだけかもしれないんですが、

  • ケースを開けてもBluetooth接続しようとしない
  • Bluetooth接続で検出されない

など、接続トラブルの頻度が高めです。

一度繋がってしまえば音飛びや途切れなどもなく、低音強めのサウンドが快適ではあるんですが、何度かケースを開け閉めしたりするのはちょっと面倒かも。

価格が3分の1で、「探す」アプリも使えて、スペックだけならAirPods Pro超えの部分も多いで、Belkin SOUNDFORM Freedomは、十分AirPods Proの代替イヤホンと言えます。

正直発売から時間の経ったAirPods Proは割高すぎるので、代わりのイヤホンを探している人におすすめです。

https://shikamori-p.com/wp-content/uploads/2019/01/2019-01-21.jpg

満足度 3.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。