[2021年最新]SSDをクローンできるフリーソフトと使い方。無料でSSD交換・データ移行する方法。

3 min 912 views
バビ

バビ

ごきげんよう、外付けSSDは自作派。バビです。

先日、Amazonで新たにNVMe PCIeのM.2 SSDを購入したので、ゲームしないのに普段使用しているゲーミングノートPCのSSDと交換することにしました。

OSの入っているSSDなどのハードディスクを交換するときは、中身のデータをただコピーすればいいわけではありません。

システム情報、ハードディスクのフォルダー構造なども含め、新しいディスクに全く同じ内容のディスクのクローンを作成する必要があります。

といってもそんなに難しいものではなく、新しいSSDをPCに取り付けてソフトで移行元と移行先を選ぶだけ。

なので、今回も同じように購入したSSDを外付けケースにセットしてクローン作成を行おうとしたんですが、クローン作成できるフリーソフトが見つかりません。

以前は無料でクローンできていたはずの有名なフリーソフト

  • EaseUS Todo Backup Free
  • MiniTool Partition Wizard 無料版

のどちらも有料化しないとクローン機能を使うことができなくなりました。

バビ

バビ

マジか!

どうしてもお金をかけたくなかったので、時間をかけて探した結果、無料でクローンできるフリーソフトを発見。

このページではそのソフトでクローンする方法をご紹介します。

クローンできるフリーソフトは「MiniTool ShadowMaker Free」がおすすめ

MiniTool ShadowMaker Free webサイト

たぶん、これまでハードディスクのクローン作成で1番有名だったのが「EaseUS Todo Backup Free」だったんじゃないかと思います。

これ自体は優秀なソフトで、現在も一部機能は無料で使用できますが、クローン作成機能は有料化してしまいました。

で、代わりになるソフトとして見つけたのが「MiniTool ShadowMaker Free」です。

MiniTool ShadowMaker Freeも高度な機能は有料ですが、幸いクローン作成は今のところ無料

バビ

バビ

ただ、同じようにそのうち有料化してしまうような気はします。

クローン作成前にやるべきこと

ソフトのダウンロード前にやっておきべきことは以下の2点です。

  1. 新しいSSDを接続する
  2. 接続した新しいSSDをフォーマットする

①新しいSSDを接続する

スロットが余っていればそこにSSDを挿し込めばいいでしょう。

個人的におすすめなのが内蔵SSDを外付けSSD化するケースです。

Anker PowerExpand M.2 SSD ケース+SSD

こんな感じでSSDをネジでとめてふたをするだけで簡単に外付けドライブの出来上がり。

Anker PowerExpand M.2 SSD ケース

これに新しいSSDを入れてクローンを作成した後でPCに挿し込めば、そのまま使用することができます。

また、今までPCに入っていたSSDをケースに入れ直せば外付けSSDとして再利用することもできるのでおすすめ。

接続した新しいSSDをフォーマットする

新しいSSDは、そのままだと使えないのでフォーマット(初期化)の処理が必要です。

フォーマットのやり方はこちら↓を参照してください。

参考SSDのフォーマットと初期設定

MiniTool ShadowMaker Freeでクローン作成を行う方法

海外のソフトなので表示はすべて英語ですが、操作手順はそんなに難しくありません。

まずは公式サイトからMiniTool ShadowMaker Freeをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを開くと、MiniTool ShadowMaker Freeのインストール画面が開きます。

MiniTool ShadowMaker Freeインストール画面

「今すぐインストール」でインストールを開始してください。

MiniTool ShadowMaker Freeインストール中画面

インストールが完了したら「今すぐ開始」をクリック。

MiniTool ShadowMaker Freeインストール完了画面

MiniTool ShadowMaker Freeの画面が立ち上がります。

MiniTool ShadowMaker Free起動画面

上に並んだアイコンから「Tools」を開きます。

MiniTool ShadowMaker Free Tools

画面が切り替わったら左下にある「Clone Disk」をクリック。

すると、さらにClone Diskの小さな画面が立ち上がります。

MiniTool ShadowMaker Free Clone Disk

左側の「Source(The Source Disk)」がコピー元のディスク(ハードドライブ)で、右側の「Destination(The Target Disk)」が新たに使うコピー先のディスクです。

MiniTool ShadowMaker Freeディスク選択画面

それぞれのディスクのアイコンをクリックしてコピー元とコピー先のディスクを選択します。

バビ

バビ

間違えないように慎重に選びましょう。

MiniTool ShadowMaker Freeディスク選択後、クローン開始画面

ディスクの選択が終わったら最後にもう一度コピー元とコピー先のディスクに間違いがないか確認しましょう。

間違いなければ「OK」をクリックすればクローン作成が始まります。

クローン作成の時間はディスクの容量やPCのスペック等で変わってきます。

私は500GBのうち100GB弱しか使用していないSSDだったので数十分で終了しました。

MiniTool ShadowMaker Freeクローン完了画面

完了すると上のような画面になるので「Yes」を押せばクローンの作成は終了です。

念のためコピー先のディスクにコピー元のデータが移行されているか確認してださい。

PCの電源を落とした後、古いSSDと新しいSSDを交換して、問題なくPCが起動できれば移行作業は完了です。

余ったSSDは余ったスロットに挿してフォーマット後にデータドライブとして使用するもよし、外付けSSDケースで外付けドライブとして使用するのも便利です。

SSDをクローンできるフリーソフト:まとめ

ということで、SSDをクローンできるフリーソフトとその使い方について解説しました。

今回紹介した「MiniTool ShadowMaker Free」も、2021年7月現在のVer.3.6ではクローン作成無料ですが、EaseUS Todo Backup Free同様、どこかのタイミングで有料化することが予想されます。

そのときは別のフリーソフトを探してまた紹介したいと思います。

ないときはソフトを有料化するか、PCなしでクローン作成できる、クローン機能搭載の外付けSSDケースを購入することになるのかも。

バビ

バビ

そのときはそのときよ。

カテゴリー:

2 件のコメント

  1. EaseUS Todo Backup Freeが使えず、昨夜から困ってました。
    バビ論さんに行きつき、早々に解決しました。
    誠にありがとうございました。

    • ジェイク様

      コメントありがとうございます。
      私もSSDの入れ替えでちょっと困っていたのでお役に立ててよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。