Anker PowerPort III 3-Port 65W Podレビュー |MacBook Proも充電できるパワフル&コンパクトのちょうどいい3ポート充電器

評価:4.5

ごきげんよう、充電器ばっかり買っています、バビです。

私は普段、4ポート100WタイプのUSB充電器を使用しているのですが、振り返ってみると、4ポート全部使ったことがほぼありません。

いつも大体2ポートだけで、使ってもせいぜい3ポートまで。

ふと、電源タップのUSB-Cケーブルが1本だけささった充電器を見て思いました。

「なんでこんなでかい充電器使ってるんだろう?」

私がそんな疑念を感じたのと時を同じくして、Ankerから実にちょうどいいUSB充電器が発売されました。

それが「Anker PowerPort III 3-Port 65W」です。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod

最大65W。USB-Cポート×2、USB-A×1の3ポートタイプの充電器です。

最近は当たり前になった次世代半導体GaN採用で、高出力ながら大変コンパクトな設計となっています。

今回はこの、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podをレビューします。

実は同じ時期にUGREENからも「UGREEN GaN X 65W」という、同じく2C1Aで最大65W、GaN採用のコンパクトタイプの充電器が発売されていたので、試しに両方購入して比較しています。

どちらがいいか迷うことも多そうなので、製品購入の参考になれば幸いです。

〇 ここがよかった

  • ノートPCも充電できる最大65Wの高出力
  • 使い勝手のいい3ポート(2C1A)
  • 3ポート65Wクラスでは最小サイズ
  • デザインも◎

△ ここがイマイチ

  • ケーブルによってはコネクタが干渉する

\ 欲しかったモノがお得に買える /
Amazonタイムセールを見る

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのスペック・外観

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod
カラーブラック / ホワイト
サイズ縦:38mm 横:29mm 奥行き:66mm
重さ約130g
プラグ折り畳み
1ポート使用時出力USB-C:5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=3.25A (最大65W)
PPS:3.3V-16.0V=3.25A (最大52W)
USB-A:4.5V=5.0A / 5.0V=4.0A / 5.0V=4.5A / 5.0V=3.0A / 9.0V=2.0A / 12.0V=1.5A (最大22.5W)
2ポート使用時出力USB-C1 + USB-C2:45W+20W (合計最大65W)
USB-C1 + USB-A:40W+22.5W (合計最大62.5W)
USB-C2 + USB-A:12W+12W (合計最大24W)
3ポート使用時出力USB-C1 + USB-C2 + USB-A:40W+12W+12W (合計最大64W)
製品型番A2667N11
メーカーAnker
  1. 最大65WでMacBook ProなどノートPCの充電も可能
  2. 3ポート(2C1A)で3台同時充電できる
  3. GaN(窒化ガリウム)&高効率回路搭載で超コンパクト設計
  • Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod本体
  • 取扱説明書
  • 18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
  • カスタマーサポート

本体カラーはブラックとホワイトの2色。

私はブラックを購入しました。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod側面

最近のAnkerの真っ黒ではな、スモーキーなダークグレイ寄りのおしゃれな色味です。

付属品は取り扱い説明書のみなので、ケーブルは別途用意する必要があります。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod USBポート

USB-C×2、USB-A×1の、いわゆる2C1Aの3ポートタイプです。

最大出力は65W。

これは、MacBook Pro(16インチ、2021)も通常充電できる出力です。

最大65W出力で使用する場合は、100W対応のUSB-Cケーブルを用意しましょう。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod上部

USBポート面は小さめで、奥行きが長くなっているタイプ。

このタイプならコンセントに挿した時に隣の差し込み口に干渉しないため、ワイドタイプよりも使い勝手が良いです。

アウトラインのほどよいカーブとカラーリングが、いかにも「ガジェット」という野暮ったさを消して、Apple製品などともマッチする、洗練された印象のデザインを作り出しています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 認証印字

スペックや各種認証マークはプラグがある面に記載されているため、使用中の見た目もとてもスマートです。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podプラグ側

「ANKER」のロゴは白ではなく、グレーなどの目立たない色だったらデザイン的には100点だったんですが、これでも90点はあげられます。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ感

サイズは38×29×66mmと、2C1Aの65Wクラスでは最小サイズ。

3ポートにもかかわらず、ポケットにも収まってしまいます。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの重さ

重さもわずか127g(実測)なので、バナナ1本よりも軽いです。

コンパクトで軽いのは、シリコンに変わる次世代半導体GaN(窒化ガリウム)採用によるもの。

GaN採用のICチップの回路を独自に効率化した独自技術「Anker GaN II」を採用したため、安全性を保ったままのダウンサイジングを実現しています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podプラグを収納
Anker PowerPort III 3-Port 65W Podプラグを展開

さらに、コンセントプラグも折りたためるので、バッグの中でかさばらず、また、他の機器を傷付けることもありません。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod電源タップを横向きに接続

コンセントに挿すとこんな感じ。

横向きのほうがスマートかもしれません。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podを電源タップに縦向きに接続

スリムなので、縦挿しでも隣のコンセントと干渉しにくいのも嬉しいですね。

最大65WでMacBook ProなどノートPCの充電も可能

次世代半導体GaNを採用しているため、コンパクトな設計ながら、最大65Wの高出力を実現。

3ポート使用時でも、最大40W出力に対応しています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの電力の振り分け

実際に出力されるのか、計測してみました。

1ポート使用時

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod USB-C①使用時の利用可能なPDO
USB-C① / ②のみ
  • Fix:5V=3.0A
  • Fix:9V=3.0A
  • Fix:15V=3.0A
  • Fix:20V=3.25A
  • PPS:3.3-16.0V=3.25A

ほぼ公称スペックどおりです。
(PPSが少し違いますが、PPSはデバイス側からの制御で電圧と電流を細かく調整する技術なので、実害はありません。)

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 最大65W出力

テスターを使用して最大65Wを出力してみました。

ケーブル等で減衰するため、ぴったり65Wにはなりませんが、しっかり最大出力が出せているようです。

最大65Wともなると、MacBook Proをはじめとする、USB-C給電対応のノートPCへ充電することができます。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod過電流テスト

どんどん出力を上げて、3.8A、74Wで負荷をかけてみました。

しばらくこのまま過電流を流してみて、Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod本体がどのくらい熱くなるか試してみたんですが、36.6℃くらいまで上昇した後は、あまり変わりませんでした。

その後、さらに電流を上げていったところ、3.85Aを超えたところで安全装置が働いてシャットダウンされました。

多重保護システムもしっかり機能しているようです。

2ポート使用時

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod USB-C2ポート使用時のPDO
USB-C①+②(USB-C①を計測)
  • Fix:5V=3.0A
  • Fix:9V=3.0A
  • Fix:15V=3.0A
  • Fix:20V=2.25A
  • PPS:3.3-16.0V=3.0A

USB-C①+USB-C②の2ポート使用時のUSB-C①は、公称どおり45W出力。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 2ポート使用時のUSB-C②のPDO
USB-C①+②(USB-C②を計測)
  • Fix:5V=3.0A
  • Fix:9V=2.22A

USB-C②側も公称どおり、最大20W出力です。

3ポート使用時

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 3ポート使用時のUSB-C①の利用可能なPDO
3ポート(USB-C①を計測)
  • Fix:5V=3.0A
  • Fix:9V=3.0A
  • Fix:15V=2.67A
  • Fix:20V=2.00A
  • PPS:3.3-16.0V=2.65A

3ポート使用時のUSB-C①のみ計測してみました。

ここも公称どおりで、最大40W出力に対応しています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 3ポート使用時のケーブルの干渉

ちょっと気になったのですが、2つのUSB-Cポートの距離が近いためか、ケーブルの厚みによっては少し干渉してしまって、若干斜めになってしまいます。

このとき使用したのが100W対応と65W対応のケーブルだったので、厚みがあったのかもしれません。

別のケーブルだと真っ直ぐささっていたので、ケーブルの組み合わせによるんだとは思います。

3ポート(2C1A)で3台同時充電できる

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod の3ポートでの充電

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは、USB-Cポート×2、USB-Aポート×1の2C1A、3ポート構成のUSB充電器です。

スマホとノートPC、スマホとタブレットといった具合に、スマホ+αのデバイス2つ持ちの方は多いと思うのですが、そんな方にこそ最大65W出力の2C1A構成は便利です。

基本的には、USB-C①の45WでノートPCやタブレットへ給電を、USB-C②の20Wでスマホへの急速充電をする使い方がおすすめ。

3つのうち1つはUSB-Aなので、ワイヤレスイヤホンなどの低電流デバイスを充電するのに向いています。

3C1Aの4ポートタイプだと大きさが倍近くなってくるので、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの2C1Aはかなり使い勝手が良いと思います。

複数ポートの充電器だと、1つのデバイスを充電中に、別のポートで充電を開始したとき、一瞬充電が途切れる「瞬断」という現象が起こる製品があります。

出力を切り替えるための安全措置として必要だったりするのですが、瞬断が数回起こる製品もあり、何度も充電のオンオフを繰り返してしまうのでデバイスによくありません。

しばらく日常的に使用してみましたが、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podでは、瞬断も起こることなく、安定して充電することができています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podで色々充電してみた

USB-C①で手持ちのデバイスを色々充電してみました。

まずはiPad Pro 12.9インチ(第5世代)。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodでiPad Pro 12.9インチ(2021年第5世代)を充電

電池残量は40%くらいでしたが、約21Wの出力が出ています。

続いてiPhone 12 Pro。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodでiPhone 12 Proを充電

電池残量10%以下だったのですが、7W程度しか出ていません。

iPhoneは段階的に充電出力が上がっていくので、もしかすると繋いでからの時間が短かったのかもしれません。

最後にGoogle Pixel 6。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodでPixel 6を充電

こちらは20Wに近い出力で急速充電できていました。

GaN(窒化ガリウム)&高効率回路搭載で超コンパクト設計

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは、最大65Wの2C1Aタイプの充電器としてはかなりの小ささです。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podと1ポートUSB充電器のサイズ比較
Anker PowerPort III 3-Port 65W Podと100W4ポート充電器とのサイズ比較

手持ちの1ポート20Wタイプ2個分、100W4ポートタイプの半分くらい。

最近のUSB充電器の多くが、シリコンに変わる次世代半導体GaN(窒化ガリウム)を使用しています。

GaNは、従来のシリコンと比べて電力の変換効率が良いため、熱の発生を抑え、充電器のサイズを小型化することができます。

Ankerは、GaNを使用した電源ICと回路設計を独自技術によってさらに効率化した「Anker GaNⅡ」を開発。

これによって、最大65Wの高出力と安全性を両立しながら、ここまでコンパクトな設計を維持しています。

iPad Proとスマホを同時に急速充電していると、さすがに充電器も発熱してきましたが、熱いとまではいかず、ぬるめのカイロくらいの温かさでした。

UGREEN GaN X 65Wとの比較

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとUGREEN GaN X65W

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podと同時期に発売された、出力もポート数も同じで、見た目も似ている充電器「UGREEN GaN X 65W」と比較してみました。

Anker PowerPort III
3-Port 65W Pod
UGREEN GaN X 65W
Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod (USB PD 充電器 USB-A & USB-C 3ポート)【独自技術Anker GaN II採用 / PD対応 / PPS規格対応 / PSE技術基準適合 / 折りたたみ式プラグ】MacBook PD対応Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応UGREEN 65W USB-C充電器 PD 充電器 2USB-Cポートと1USB-Aポート GaN窒化ガリウム PPS規格対応 急速充電器 折り畳み式 MacBook iPad Pro iPhone Galaxy Android各種 その他U...
サイズ約38×29×66mm約40×31×66mm
重さ約130g約130g
1ポート使用USB-C①②:65W
USB-A:22.5W
USB-C①②:最大65W
USB-A:最大22.5W
2ポート使用USB-C①+USB-C②:45W+20W
USB-C①+USB-A:40W+22.5W
USB-C②+USB-A:12W+12W
USB-C①+USB-C②:45W+20W
USB-C①+USB-A:45W+18W
USB-C②+USB-A:8.5W+8.5W
3ポート使用USB-C①+USB-C②+USB-A:40W+12W+12W USB-C①+(USB-C②+USB-A):45W+(17W)
価格6,990円5,980円

2C1A構成の3ポートタイプで、最大出力65W。

どちらもGaN採用でコンパクトな設計となっています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとUGREEN GaN X65Wのロゴ面

表面素材は、AnkerがUSBポート面に金属を持ってきているのに対して、UGREENは側面がメタル素材となっています。

デザイン的にはどちらも近未来的でスタイリッシュな印象。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとUGREEN GaN X65WのUSBポート面

数字で見るとサイズは大きく変わりませんが、並べてみるとやはりAnkerのほうがはっきりわかるほど小さいですね。

表面のメタル素材はデザイン的な意味だけでなく、放熱板として役割もあると思うのですが、ケーブルと充電器の接合部分は発熱しやすい箇所なので、この面が金属板なのはより理にかなっているような気がします。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとUGREEN GaN X65Wの長さの比較

奥行きもややAnkerが小さめ。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとUGREEN GaN X65Wの横幅の比較

幅もAnkerのほうが小さくなっています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとUGREEN GaN X65Wのプラグ面の比較

どちらもプラグは折りたたみ式です。

大きさはAnkerのほうが小さいのですが、重量はどちらも約130gと同じ重さ。

実測ではAnkerが127gだったのに対して、UGREEN GaN X 65Wは124gほどだったので、サイズの大きいUGREENのほうが軽いという結果でした。

単ポート使用時の出力に違いはないのですが、2ポート、3ポート使用時の出力の振り分けに若干の違いがあります。

UGREENでは、複数ポート使用時のUSB-Aの出力が弱め。

特に3ポート使用時にUSB-C②+USB-Aが合わせて17Wまでしか出力できません。

また、UGREEN GaN X 65Wは、複数ポートを使用すると、1つのデバイスを接続するたびに電力の振り分けをリセットするため、ぷつぷつと充電が中断される「瞬断」が発生します。

しかも、1回だけでなく、複数回充電のオン・オフが起こるので、デバイスへの悪影響が起こる可能性があります。

なので、3ポートを日常的に使用する人にはあまりおすすめしません。

比べるまでもなく、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのほうがおすすめです。

ただ、価格は2千円近く安いので、気にしないという人はUGREEN GaN X 65Wでもいいのかもしれません。

実際、私はUGREENの瞬断が起こる別の4ポート充電器を使用していましたが、特に問題なく使えていました。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podを使った感想

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとUGREEN GaN X65W
おすすめ度

評価 :4.5/5。

4.5

〇 ここがよかった

  • ノートPCも充電できる最大65Wの高出力
  • 使い勝手のいい3ポート(2C1A)
  • 3ポート65Wクラスでは最小サイズ
  • デザインも◎

△ ここがイマイチ

  • ケーブルによってはコネクタが干渉する

やはり、スマホ×2、ワイヤレスイヤホン×1を使用している私の場合、2C1Aの3ポートはとても使い勝手が良いです。

自宅ではiPadも使用するので、3ポート使用時でも最大40Wで急速充電することができるのもありがたい。

ノートPCも充電できる出力ながら、手のひらサイズでコンパクトなため、以前使用していた4ポートタイプに比べて電源タップもすっきりしました。

コンセントも折りたたむことができるため、外出時に携帯するの向いています。

少し前のAnker製品は、いかにもプラスチックといった質感の安っぽい筐体だったのですが、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podはスモーキーなカラーと質感でデザイン性も高く、Appleのような「持って出かけたい」ガジェットに仕上がっていると感じました。

こちらもおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。