UGREEN PD30W 充電器CD272 レビュー|最小クラスでプラグ折り畳み式のコンパクト設計。2千円以下でコスパも◎

評価:4.5

私は普段1ポート20Wクラスの小型の充電器をひとつ持ち歩いています。

ですが、メインのスマホとして使用しているPixel 6は最大21~22W。

まあ、20Wクラスでも十分な速度で急速充電できるのですが、iPad miniも買ったことだし、新たに持ち歩き用の充電器を購入することにしました。

そこで、おぼろげながら浮かんできたんです「30W」という数字が。

購入したのはUGREEN PD30W 充電器CD272という1ポートタイプの急速充電器です。

UGREEN PD30W 充電器CD272

最大30W出力ながら驚くほどのコンパクト設計で、2,000円以下という高コスパ。

この小ささでMacBook AirなどのノートPCを充電できるというのですから驚きです。

ということで、このページでは、UGREEN PD30W 充電器CD272をレビューしたいと思います。

今後の充電器のスタンダードになる30Wクラスの1ポート充電器の中で、今のところ最もおすすめの充電器した。

〇 ここがよかった
  • 今後のスタンダードとなる30W出力
  • プラグ折り畳み式、最小クラスのコンパクトサイズ
  • 1,000円台の超高コスパ
△ ここがイマイチ
  • GaNⅢという謎の規格
  • 使ってるうちにロゴが消えそう
UGREEN
¥1,880 (2022/05/19 04:10:35時点 Amazon調べ-詳細)

UGREEN PD30W 充電器CD272のスペックと外観

UGREEN PD30W 充電器CD272
  1. 1ポート最大30W。MacBook Airも急速充電できる高出力
  2. 最新半導体GaN(窒化ガリウム)採用で高出力なのに超コンパクト
  3. プラグ折り畳み式で持ち運び向き
  4. 2千円以下で買えるコスパのよさ
カラーブラック
サイズ約40×33×32mm(プラグ除く)
重さ約50g
出力5V/3A、9V/3A、12V/2.5A、15V/2A、20V/1.5A(30W Max)
PPS:3.3~11V/2.72A(30W Max)
入力100-240V~ 50-60Hz 800mA Max
メーカーUGREEN
  • UGREEN PD30W 充電器CD272本体
  • 取扱説明書

UGREEN CD272は、最大30WのUSB-C1ポートタイプの急速充電器です。

UGREEN PD30W 充電器CD272 ロゴ面

カラーは今のところブラックのみ。

質感はPC周辺機器とかガジェットでよく見かけるマットブラックをちょっと上質にした感じ。

普段持ち歩いて使ってるAUKEYのOmnia Mini 20W IIに似てるなという印象です。

側面の印字のプリントが手で触ると少し浮いて感じるので、たぶん使っているうちに薄くなっていくんじゃないかと思います。

UGREEN PD30W 充電器CD272 正面

ポート面も同じマットブラック。

ポート位置は下にあるタイプです。

この面の大きさは縦32×横33mmと、かなりの小ささ。

エッジを削りまくってかなり丸みのるデザインになっているので、より小さく感じます。

UGREEN PD30W 充電器CD272 プラグ面

各種認証やスペック表示はプラグ面に配置。

個人的に、使用時には隠れる部分なのでデザイン的にもすっきりしていて好感が持てます。

UGREEN PD30W 充電器CD272のサイズ感

最大30WというとMacBook Airのような一部のノートPCを充電できる出力ですが、この小ささに収まっているのが凄い。

UGREEN PD30W 充電器CD272プラグ展開時
UGREEN PD30W 充電器CD272プラグ折畳み時

このサイズ感なのにプラグは折りたたみ式。

プラグが折りたためないと一緒にバッグに入れた機器を傷付けないか不安になってしまうのですが、そんな心配もなく、かさばらずにバッグに突っ込むことができます。

UGREEN PD30W 充電器CD272の重さ

重さもわずか約50g(実測値は51gでしたが誤差の範囲かと)しかありません。

UGREEN PD30W 充電器CD272電源タップ使用時
UGREEN PD30W 充電器CD272電源タップ使用時(縦挿し)

最小クラスの20W充電器と変わらないサイズ感なので、電源タップで使用する際もすっきりしていますし、隣のコンセントと干渉することもありません。

UGREEN
¥1,880 (2022/05/19 04:10:35時点 Amazon調べ-詳細)

これからのスタンダード、最大30W出力で急速充電

充電出力が上がると、充電速度も速くなります。

最新のiPhone 13 ProやPixel 6 Pro、Galaxy S22といったスマホでは、対応する最大出力はすでに20Wを超え、30Wを超える製品も出始めています。

ハイエンドクラスのスマホの充電器のスタンダードはすでに30Wクラスですが、今後はミドルクラスのスマホでも20W以上の出力で充電できるようになってくるはず。

UGREEN CD272は、そんな今後のスマホのスタンダードとなる、最大30W出力に対応した急速充電器です。

公称どおり30W出力できるか、テスターで確認してみます。

まずは対応するPDO(電力と電流の組み合わせ)を測定してみました。

UGREEN PD30W 充電器CD272の利用可能なPDO
PDO
  • Fix:5V=3.0A
  • Fix:9V=3.0A
  • Fix:12V=2.5A
  • Fix:15V=2.0A
  • Fix:20V=1.5A
  • PPS:3.3-11.0=2.7A

スマホなどのデバイスは、バッテリーの残量などによって出力を切り替えながら充電を行うので、これだけPDOが多いとより効率的に充電することができるようになります。

また、USB-Cにはソースパワールールという、電圧と電流の組み合わせのルールがあるのですが、UGREEN CD272はこのルールもきちんと準拠しています。

電圧と電流のバランスをさらに細かく調整して、より効率的に充電できるPPSにも対応。

PPSは、今のところGalaxyなどの一部スマホにしか対応していませんが、今後対応する機種も増えると思われるので、これもプラスのポイントです。

続いて20V=1.5Aの30W出力をテストしてみました。

UGREEN PD30W 充電器CD272をテスターで30W出力

ちゃんと30Wで出力できることが確認できました。

しばらく30W出力を続けてみましたが、特に問題なく動作しているようです。

ついでに電流を少しずつ上げていったところ、2.0Aほどのところで充電器がシャットダウン。

過電流への安全装置がしっかり働いているということです。

UGREEN PD30W 充電器CD272の使用時の温度

20分ほど12V=2.7Aという、最大出力を少し超えた状態を20分以上続けてみて、充電器本体がどのくらい熱くなるか実験してみたのですが、30℃くらいまで上がったところで変化せず。

手で触ってみても、ちょっとあったかいくらいで、気になるほどの熱は発生しないようです。

また、本体素材も実は、万が一充電器本体が燃えても炎が広がりにくい耐火レベルUL94-V0という等級のPC素材を使用。

高出力・コンパクトであるだけでなく、高い安全性も併せ持った優秀な急速充電器であることが分かります。

UGREEN
¥1,880 (2022/05/19 04:10:35時点 Amazon調べ-詳細)

高出力なのに超コンパクトで持ち運び向き

UGREEN CD272の優れた点のひとつは、最大30Wの高出力でありながら、最小クラスのコンパクトさ。

UGREEN PD30W 充電器CD272とペットボトルのキャップのサイズ比較

ペットボトルのキャップとくらべてもこの大きさしかありません。

プラグも折りたたんで収納することができるので、携帯性も◎。

外出先だと、十分な充電時間がとれなかったりもするので、充電速度は速いほうがいいのですが、出力が上がると、充電器のサイズもそれに比例して大きくなっていきます。

私が普段持ち歩いている、最大20Wでは最小クラスだったAUKEYのOmnia Mini 20W IIと大きさを比べてみました。

UGREEN PD30W 充電器CD272とAUKEY Omnia Mini 20WⅡのサイズ比較(横)
UGREEN PD30W 充電器CD272とAUKEY Omnia Mini 20WⅡのサイズ比較(正面)

20Wから30Wだと、単純に1.5倍の出力UPなのですが、それほど大きな差がありません。

自宅で使用するのはもちろんですが、普段はバッグに入れておいて外出先で使用するという使い方が、最も真価を発揮できるんじゃないかと感じます。

なので、私は持ち歩き用はAUKEYのこの充電器をガジェットポーチに入れていたんですが、UGREEN CD272に入れ替えることにしました。

UGREEN
¥1,880 (2022/05/19 04:10:35時点 Amazon調べ-詳細)

UGREEN PD30W 充電器CD272で色々充電してみた

手持ちのいくつかのデバイスをUGREEN CD272で充電してみました。

UGREEN PD30W 充電器CD272によるiPhone12 Proの充電
iPhone 12 Pro

8.95V×1.26A=11.28W

iPhone 12 Proの電池残量は半分ほどだったので、それほど高出力ではありませんが、問題なく充電できています。

UGREEN PD30W 充電器CD272によるPixel 6の充電
Pixel 6

8.84V×1.26A=11.14W

Pixel 6も電池残量が半分弱くらいの状態で充電したので12W弱の出力で充電されていました。

UGREEN PD30W 充電器CD272によるiPad mini 6の充電
iPad mini 6

14.6W×1.07A=15.62W

スマホよりも大きめのiPad mini 6もしっかり充電されています。

iPad Pro 12.9インチ

14.4W×1.91A=27.50W

30W対応のiPad Pro 12.9インチにも、最大出力に近い値で充電できています。

UGREEN PD30W 充電器CD272によるMagSafe純正充電器の充電
MagSafe充電器

8.96V×0.99A=8.87W

iPhone 12シリーズ以降で使える、MagSafe充電器(Apple製)問題なく使用できているようです。

UGREEN PD30W 充電器CD272によるNothing ear(1)の充電
Nothing ear (1)

4.96V×0.39A=1.93W

充電出力の小さいワイヤレスイヤホン(Nothing ear (1))も試してみましたが、これもしっかり充電できています。

UGREEN
¥1,880 (2022/05/19 04:10:35時点 Amazon調べ-詳細)

UGREEN CD272と他社の30W小型急速充電器の比較

Anker Nano II 30W (PD 充電器 USB-C)【独自技術Anker GaN II採用/PD対応/PSE技術基準適合 】MacBook PD対応 Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマー...MATECH Sonicharge 30W (USB PD対応 USB-C 急速充電器)【世界最小クラス/PPS規格対応/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ】MacBook Windows PC iPad iPhone Galaxy And...
メーカーUGREENBELLEMONDAnkerAnkerMATECH
製品CD272Ultra Mini 30W711 Charger
(Nano II 30W)
Nano II 30WSonicharge 30W
サイズ(mm)約40×33×32約30×30.5×30.5約28×27×32約38×32×30約43×31×31
重さ約50g約35g約34g約47g約50g
プラグ折たたみ×××
価格1,780円1,890円2,990円2,990円2,480円

同じ1ポート30Wクラスの小型急速充電器をピックアップしてみました。

プラグを除いたサイズではAnkerの711 Charger(Nano II 30W)とBELLEMONDのUltra Mini 30Wが圧倒的に小さいです。

ただ、プラグの折りたたみはできません。

プラグを折りたためることまで考えると、MATECHが最小と言えるかもしれません。

UGREEN CD272は、プラグ折りたたみ式の中では最小クラスで、私の調べた範囲では価格も最安でした。

最小クラスでコスパがめちゃくちゃ高いことが分かります。

UGREEN
¥1,880 (2022/05/19 04:10:35時点 Amazon調べ-詳細)

UGREEN PD30W 充電器CD272を使ってみた感想

UGREEN PD30W 充電器CD272イメージ
おすすめ度

評価 :4.5/5。

4.5

〇 ここがよかった
  • 今後のスタンダードとなる30W出力
  • プラグ折り畳み式、最小クラスのコンパクトサイズ
  • 1,000円台の超高コスパ
△ ここがイマイチ
  • GaNⅢという謎の規格
  • 使ってるうちにロゴが消えそう

イマイチだなーと思う点は2つだけ。

ひとつは、UGREENのGaN採用充電器で必ず出てくる「GaN Ⅲ」という謎の規格。

Ankerの謎規格「GaNⅡ」に対抗してるんだと思うんですが、どちらも単純にGaN採用の回路を使用しているだけで、数字に意味はないのでこういう変なアピールはいらないと思っています。

2つ目はロゴの印字が擦れて消えてきそうだなーということ。

前に使ってたAUKEYの充電器のロゴがちょうどこんな印字で、使ってるうちにどんどん薄くなっていったので、これもたぶんだんだん消えていくんだろうと思います。

ちょっと情けない感じになっちゃうので、できれば改善してほしいかも。

どちらもスペックには全く影響ない部分なので、私のただの感想です。

上にも書きましたが、スマホ充電の今後の主流は30Wクラスになるのは間違いありません。

私も1ポート30W出力の充電器が欲しいと思っていたところでしたが、個人的に1ポートタイプの充電器は持ち歩き用なので、コンパクトであることはもちろん、プラグが折りたためることは必須です。

プラグが出っぱなしだと、一緒に入れてる他の機器を傷付けそうだし、持ち歩いてるときに何かの拍子でプラグが曲がっちゃいそうですからね。
(ハードタイプのガジェットポーチに入れればいいんでしょうけど、かさばるから嫌なのです。)

UGREEN PD30W 充電器CD272は、最大30W出力ながら最小クラスのコンパクト設計で、プラグも折りたたみ式。

今後の持ち歩き用に理想的なスペックの充電器だと言えます。

30Wクラスだと、20Wクラスに比べて値段がやや高めで、他の製品の購入は躊躇していたのですが、UGREEN PD30W CD272は他製品と比べて価格も激安。

2千円以下でこのスペックなら、まず間違いなくとりあえずひとつ持っておいて損はない充電器でしょう。

UGREEN
¥1,880 (2022/05/19 04:10:35時点 Amazon調べ-詳細)
Anker 711 Charger (Nano II 30W) レビュー|シリーズ最小。1ポート30Wではありえない小ささ。スマホにもMacBook Airにもおすすめ。 BELLEMOND Ultra Mini 30W レビュー|最小・最軽量クラス。PPS対応。スマホ・タブレットにおすすめ。 Anker 511 Charger (Nano Pro)レビュー|さらに安全になった最小・軽量20W急速充電器。4色のかわいいデザインがiPhone13/iPad miniに最適 DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerレビュー|最小・軽量20Wクラスではデザイン性No.1。 AUKEY Omnia Mini 20W IIレビュー|最小クラス折り畳み式USB-C急速充電器[PA-B1S]は丸くてかわいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。